デリケートゾーン

アットコスメの口コミは本当なの?デリケートゾーンあそこの黒ずみ。市販で買える人気の薬はコレ!パート2

デリケートゾーンあそこの黒ずみ。ひじ・ひざザラザラ改善。【クロキュア】は陰部に使って大丈夫?

クロキュアに含まれる成分とは?

クロキュアは、皮膚が摩擦などにより過剰に角化し、ザラザラした角質を改善するクリームタイプの薬剤です。第3類医薬品とされています。クロキュアの特徴は、尿素が最大配合量の20g配合されていることです。配合される尿素はもちろん、おしっこではありません。おしっこに含まれる成分を、化学的に作られたものです。尿素は1828年に、科学者が発見しました。もともと人などの尿の中から発見されましたが、シアン酸アンモニウムの水溶液を加熱することにより、尿素が化学的に生成されることを、科学者が見つけました。

尿素は、肌の水分を外部へ逃がさずに保つ働きがあり、保湿効果があります。保湿効果があるので、ハンドクリームなどに配合されているんですね。尿素は保湿効果だけではありません。その効果を、見ていきましょう。

黒ずみやザラザラに効果が出るメカニズム

人の体質は3ヶ月で入れ替わるように、人の肌も20代では約28日周期で入れ替わっています。人の肌が入れ替わるサイクルを、ターンオーバーといいます。正常な肌の古い角質は、垢となってやがて自然と剥がれ落ちます。肌の乾燥などでターンオーバーが乱れると、サイクルが崩れ、古い角質は剥がれ落ちずに蓄積され、ゴワついたり肌が固くなったりします。

尿素は保湿効果と他にも角質を溶かす作用があります。角質を溶かすというのは、タンパク質を溶解する働きがあるということです。角質はタンパク質の塊であり、皮膚を剥がすことがターンオーバーを活発にさせ、肌を滑らかにし、ざらつきを改善させることにつながります。

デリケートゾーンの黒ずみに使える?

クロキュアは、デリケートゾーンの黒ずみに使用は避けた方がいいでしょう。クロキュアの取扱説明書には、デリケートゾーンへの使用に対して注意書きはないですが、目や粘膜の使用は避けましょうとの事が書いてあります。デリケートゾーンは粘膜と言ってもいいほど皮膚が薄いです。

クロキュアの使用目的として厚くなった皮膚を取り除くというのがあります。薄い粘膜に使用してしまうと、炎症を起こしてしまう可能性があります。また、ヒビやあかぎれなどにも避けるようにと表記していますので、デリケートゾーンには、使わないで、ひじ、膝、脇など他の部位で使用することをおすすめします。

デリケートゾーンあそこの黒ずみ改善。【ドクターシーラボ】で陰部に使えるクリームやジェルはあるの?

デリケートゾーンの黒ずみにぴったり

ドクターシーラボ

薬用ボディ·ピンク 50g 4104円(税込)

定期コース 2·3ヶ月コース3693円(税込)

毎月コース 3283円(税込)

口コミでデリケートゾーンの黒ずみが緩和されたや、少し時間はかかるが、薄くなってきたなどと評判ドクターシーラボの薬用ボディーピンクがあります。ひじ、ひざや脇、または、Vゾーンのくすみを予防するクリームです。薬用美白成分、持続性ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸が、黒ずみ予防に効果的でメラニンの生成を抑え、Vゾーンなどのくすみを防いでくれます。

しっとりしたテクスチャーでピンク色のクリームが可愛らしい商品です。コラーゲンやヒアルロン酸、といった保湿成分も入っています。ピーリングの薬剤としても使用されるリンゴ酸も配合されているので、効果は期待できるでしょう。

薬用ゲルは美白効果で人気

薬用アクアコラーゲンゲル 美白EX

120g 8640円(税込)

2·3ヶ月コース 7776円(税込)

毎月コース 6912円(税込)

薬用ボディ·ピンクと、同じように持続性ビタミンC誘導体が入っています。それに加え、トラネキサム酸という薬用有効成分を一緒に配合することで、美白効果もアップします。医薬部外品で無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリーなので、敏感肌の方にも気にせず使えます。

水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドで潤いを閉じ込め、コエンザイムQ10やピクノジェノールといった整肌成分でアンチエイジング効果も。

ただし、デリケートゾーン専用ではないので、使用の前は必ずパッチテストを行うことを推奨します。

ボディスクラブでクリアに。

ボディスクラブ ゴールドハニー

180g 3456円(税込)

2·3ヶ月コース 3110円(税込)

毎月コース 2764円(税込)

お風呂で使える、ボディスクラブです。保湿効果の高い砂糖由来のスクラブ剤、トウモロコシ由来のスクラブ剤を使っていて、どちらも肌に優しく作用します。マヌカハニー、シアバター、アーモンドオイルの3種類の植物由来の潤い成分が、しっとりとした洗い上がりになります。エラスチン、ヒアルロン酸、セラミド、グリセリン、といった成分で保湿効果も抜群です。

デリケートゾーンの黒ずみに優しく撫でるように洗いあげることで、古い角質を除去します。角質を除去することで、肌のターンオーバーが早くなり、くすみやザラつきに効果があるでしょう。フローラルシトラスの爽やかな香りが、体の気になるニオイをシャットアウト。

デリケートゾーンで使う時に気をつけることは、植物由来の精油を使用していることです。稀にアレルギー反応を起こすことから、使用前にはパッチテストを行いましょう。

デリケートゾーンあそこの黒ずみ改善に美白化粧水。【メラノcc】は陰部に使える?

メラノccとはどんなもの?

メラノccは、美白化粧水、美白ミスト化粧水、マスクと用途に応じて使い分けができるスキンケア商品です。特に、ニキビ、しみ、ソバカスの予防に効果がある、薬用集中対策美容液です。ニキビやニキビあとには、イソプロピルメチルフェノールという殺菌成分、炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。またアルピニアホワイトという、潤い成分で肌を満たし、ニキビでダメージをおった毛穴を、目立たなくしてくれます。

ニキビが治っても、綺麗に治らない時ってありますよね。最悪、跡が残ってしまうことも。メラノccは、そのような時にも効果を発揮します。

メラノccの2つの有効成分

メラノccの特徴、ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体が配合されている事です。肌に浸透しやすいビタミンC誘導体が、血行促進効果があるビタミンEと結びつき、肌の奥深いそうにまで、グングン潤いが行き届き、肌のターンオーバーを早め、くすみを排除します。2つのビタミンがなせる技、といえますね。

メラノccの効果的な使い方は、洗顔後に化粧水、マスク、美容液、乳液、クリームという順番で、シミ対策をしましょう。美容液をピンポイントで集中的に使う時は、最後に使用することをおすすめします。

メラノccは、デリケートゾーンに使っていい?

メラノccは、デリケートゾーン用ではないので、メラノccを使用は避けるのが無難でしょう。口コミでは、使用している方もおられるようですが、なかには敏感肌の方で、ヒリヒリすることもあります。殺菌成分が配合されていて、粘膜に塗ってしまうと、炎症を起こしてしまうかも。レモンエキスやグレープフルーツエキスが、デリケートゾーンに合わないこともありますので、なるべく使用は避けましょう。ヒリヒリする時は、すぐに洗い流しましょう。

そもそも、デリケートゾーンあそこの黒ずみ改善に薬局で買える市販薬は使って平気なの?

デリケートゾーンの黒ずみに市販薬はおすすめできない

薬局で買える市販薬を、デリケートゾーンの黒ずみ改善のために使用するの、なるべく避けた方がいいでしょう。使うなら、デリケートゾーン専用のものをおすすめします。デリケートゾーンの皮膚は、非常に敏感です。市販薬では、デリケートゾーンの黒ずみ対策に到底、及ばないと言っても過言ではありません。

デリケートゾーン専用ではない美白成分が、肌に合わない場合、炎症後色素沈着を、起こすことがあります。より、黒ずみが濃くなるということです。

美白成分と保湿成分が大事

デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、美白成分が入っていないといけません。黒ずみの原因、メラニン色素を抑制するには、美白成分がかかせないのです。トラネキサム酸という成分が、最も美白に効果があります。メラノサイトからの伝達物質を阻止して、メラニンの生成を食い止めます。それだけでなく、紫外線などの刺激により発生するプロスタグランジン、という物質を抑制し、シミ予防に効果的です。

保湿効果も大切です。デリケートゾーンの黒ずみの原因に摩擦があります。下着の摩擦、ナプキンの摩擦、ティッシュで拭く時の摩擦など、摩擦って色々なところで発生していますね。乾燥していると、より摩擦の影響を受けやすくなり、炎症が起き、やがて黒ずみに変化します。摩擦を防ぐには、保湿をしっかりするといいでしょう。

おすすめの美白クリーム

市販されていませんが、トラネキサム酸配合で、保湿効果バツグンの、美白クリームをお伝えします。それは、イビサクリームです。元々、ブラジリアンワックス脱毛サロン向けに販売し、サロン店での販売のみでしたが、通販サイトでも購入可能になりました。

96%の方が使って効果を実感したというイビサクリームは、全身に使え、もちろん、デリケートゾーンにも使えます。使えれば使うほど効果はバツグン!28日以内なら、返金保証があり、安心して購入できます。ぜひ、お試しください。

アットコスメの口コミは本当なの?デリケートゾーンあそこの黒ずみ。市販で買える人気の薬はコレ!パート2まとめ

いかがでしたでしょうか。市販で買える、デリケートゾーンの黒ずみにいいとされる薬剤を紹介しました。市販でのデリケートゾーンに効果があるものは、少ないでしょう。デリケートゾーン専用ではないため、リスクを伴う確率は高いです。 ドクタードクターシーラボは、比較的肌に優しい化粧品です。顔のくすみにお悩みの方は、ぜひ、お試しください!

デリケートゾーンには、専用の薬品を使うことをおすすめします。美白成分ハイドロキノンより、トラネキサム酸の方がリスクは低いでしょう。また医薬部外品は、副作用が比較的低いので安心して使えます。顔より薄いデリケートゾーンの皮膚は、敏感なところだからこそ、ちょっとした刺激でも、受ける影響は非常に大きいものです。取り返しのつかないことにならないように、慎重に薬品を選びましょう。