デリケートゾーン

2chの口コミは真実?薬局でデリケートゾーン黒ずみオイル、化粧水、クリームが人気。おすすめ市販薬!パート1

家でできる陰部黒ずみ対策オイル【バイオイル】って何?バイオイルを股に塗る際の注意点

世界で愛される、バイオイル

バイオイルは、世界124ヵ国で販売されている、スキンケアオイルです。2017年9月より小林製薬が、南アフリカにある、ユニオンスイス株式会社と独占販売契約をしました。バイオイルは、治癒した傷跡、ニキビのあと、妊娠線に特化し、保湿効果によって傷周りの皮膚を、ふっくらとさせ、傷跡をキレイに見せる効果があります。小じわを目立たなくする効果もあります。

バイオイルの特徴は、なんと言っても浸透力にあります。4種のエモリエント成分により、肌の深層部に浸透しやすいスキンケアオイルです。真皮層からふっくらさせることで、肌のターンオーバーが促進され、美白効果が期待できます。バイオイルでの、美白効果の口コミでは68%の人が効果があったとされています。陰部の黒ずみ改善に効果があるというバイオイルには、どのような成分があるのでしょうか。

バイオイルの成分とは?

・パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体)

ビタミンA誘導体の種類の中でも、安定性が高い成分です。コラーゲンやエラスチンが生成される働きを助け、しわや肌のハリ、肌のみずみずしさを整えてくれる効果があります。新陳代謝が活発になり、またピーリング効果もみられるため、美肌効果に期待が持てます。毛穴の黒ずみにバックをすると、効果があると口コミで評判です。

・酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)

抗酸化作用があります。抗酸化作用は、ダメージを受けた肌を美肌へと導いてくれる力があります。ダメージを受けた肌を修復し、肌荒れや老化の原因となる過酸化脂質の生成を、阻止します。血行促進効果もありますのでアンチエイジング効果があります。ニキビやニキビ痕にも使うことができるでしょう。

・エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル

バイオイルの一番の特徴である、ピュアセリンオイルのことです。肌の深層部にまで、保湿成分を浸透させることができる、美容成分です。保湿力が高いのはもちろんのこと、ベタつかないというのが嬉しいですね。なんとピュアセリンオイルは、12年の研究のもと開発されました。肌の深層部に保湿剤が行き渡ることで、肌の奥深くからしっとりとハリがある肌に、 導いてくれることでしょう。

・ラベンダーオイル、ローズマリーオイル、トウキンセンカ花エキス、カモミールオイル

ピュアセリンオイルにより、肌に浸透させる成分です。植物由来ですので、肌にやさしい成分です。アロマオイル効果で、気持ちをリラックスさせてくれるでしょう。

トウキンセンカ花エキスは、マリーゴールドから抽出され、消炎作用があり、傷を修復する作用があります。また、殺菌作用もあり、ニキビのアクネ菌の殺菌効果もあります。ラベンダーオイルは、皮膚などの炎症を抑制する働きがありますので、ニキビ肌に最適です。ローズマリーは血行を良好にし、美肌に効果があります。カモミールはリップクリームなどに使用されるほど、消毒や炎症を抑える効果があり、解熱剤の薬として使われることもあります。

バイオイルは、デリケートゾーン専用ではないので、黒ずみの効果は低いでしょう。保湿効果はありますので、デリケートゾーンにも使用は可能です。

バイオイルをデリケートゾーンで使用する時の注意

バイオイルをデリケートゾーンで使用する場合は、真ん中の粘膜部分Iラインを避けて使用します。粘膜部分に使用すると、炎症を起こしますので気をつけましょう。入浴中は、保湿成分を吸収しやすいで有効的です。入浴後、10分以内に保湿をすることをオススメします。入浴後は10分すぎてしまうと、水分が蒸発しやすい状態になりますので、早めの保湿をしましょう。

家でできる陰部黒ずみ対策オイル【ホホバオイル】って何?ホホバオイルを股に塗る際の注意点

ホホバオイルは、保湿効果バツグン!

ツゲの種から圧搾されるホホバオイルは、クレンジングやマッサージオイル、などによく使われています。ホホバオイルは、ワックスエステルが豊富で、ホホバにしか含まれていないワックスエステルは、ホホバワックスとも言われています。ワックスエステルは、人の皮脂にも含まれていますので、ホホバオイルとの肌の相性はぴったりです。

ホホバオイルの一番の効能は、保湿効果。採取されるツゲの木は、砂漠地帯で生育し、砂漠地帯の乾燥を防ぐため、自ら保湿成分を生成し、潤しています。砂漠地帯に耐えられるほどの保湿効果は、非常に高いことがいえますね!

ホホバオイルには、加熱されていないゴールデンホホバオイルと、加熱されているクリアホホバオイルがあります。二つのホホバオイルの特徴をお伝えします。

ホホバオイルの二つの違い

・ゴールデンホホバオイル

ゴールデンホホバオイルは、加熱処理されていない、未精製のものです。ナチュラルオーケストラは、ほぼ100%のオーガニックのものばかり扱っている会社で、ゴールデンホホバオイルもオーガニックです。

ゴールデンホホバオイルには、天然トコフェロール、ビタミンE、A、D、ミネラル、アミノ酸が沢山入っています。トコフェロールやビタミンEは、抗酸化作用があり、シミやソバカス、陰部の黒ずみの原因、メラノサイトから排出される、メラニンを抑制する働きをします。豊富なアミノ酸やミネラルは肌への栄養となり、美肌効果が得られます。抗菌作用があり、ニキビのアクネ菌や黄色ブドウ球菌などを破壊する効力を備わっています。防腐剤がなくても、長期保存ができるのも魅力でしょう。

・クリアホホバオイル

無印良品などで販売されているクリアホホバオイルは、加熱処理されているので無色透明です。ゴールデンホホバオイルより、肌に優しいホホバオイルですが、成分が減ってしまいます。その分、刺激や香りも抑えられています。美白効果が少ないのは、クリアホホバオイルです。

どちらも共通点は、保湿効果と浸透力です。人の皮脂に近いため、浸透しやすく、しっとりします。深層部から潤いが満たされ、ふっくらとハリがある肌へ導いてくれるでしょう。

ホホバオイルを陰部に使用する時の注意

ホホバオイルを陰部に使用する時は、ゴールデンホホバオイルを使うことをおすすめします。ゴールデンホホバオイルはたくさんのアミノ酸などの成分が豊富なことや、抗菌作用が陰部の臭いも抑えてくれる、という利点がありますので、ゴールデンホホバオイルを選びましょう。使い方は、お風呂上がりに陰部の黒ずみが気になるところに、塗るだけです。ホホバオイルは陰部の黒ずみ専用ではございませんので陰部の黒ずみを全て取り去ることはできません。そして、薄くするには、時間がかかります。なぜなら、潤い成分で肌のターンオーバーを早くすることが、黒ずみを薄くするということなのです。あと、個人差もあることをご了承ください。

家でできる陰部黒ずみ対策【ルミキシル】は陰部に使って大丈夫?

ハイドロキノンの17倍の効果

ルミキシルは、アメリカの大学スタンフォード大学の研究チームが開発した、美白効果の高い薬品です。その効果はハイドロキノンの17倍と言われていて、副作用も少ないと評判です。ルミキシルはルミキシルペプチドというタンパク質が、配合されています。ルミキシルペプチドが、メラニンの原因、メラノサイトからの伝達物質チロシナーゼを、阻害する働きに効果を発揮ます。ハイドロキノンはチロシナーゼを抑制する働きが約7%に対し、ルキミシルは約40%と非常に高い水準を表しています。このことから、美白効果は非常に高いことが分かります。

ルミキシルは、シミやそばかすになる前に、芽を摘むことで色素が沈着しないように防いでくれるんです。ですが、色素沈着してしまっているシミやそばかすには、効果が出ないことがあります。

ルミキシルのメリットはある?

・白斑にならない

ハイドロキノンは美白効果が高いですが、細胞毒性があるため部分的に使うと、まだらに白くなってしまう、白斑という副作用があります。ルミキシルはチロシナーゼに集中して反応するため、白斑のリスクがないということです。

・アレルギー反応が低い

ハイドロキノンなどの美白用製品は、皮膚に赤みが出たり、アレルギー反応が強く出たりしますが、ルミキシルは長期間使用しても、刺激やアレルギー反応が低いとされています。

・保湿効果もある

ルミキシルは保湿効果が高く、エモリエント効果により浸透力もアップ!日常の保湿材としても、人役買ってくれますね。

・酸化しにくい

ハイドロキノンは開封すると酸化しやすいので、早めに使い切れなければいけないですが、ルキミシェルは酸化しにくいのでの保管の管理に困らないです。

・敏感肌にも使える

ルミキシルは非毒性なところもあり、敏感肌にも使用できるものです。安全性が認められているので、妊婦さんでも、安心して使えます。心配な方は一度ご相談されると良いでしょう。

ルキミシルを使う注意点はどんなこと?

ルキミシルを陰部で使用する時は、医療機関を受診することをおすすめします。ルミキシルの正規品は、医療機関でしか手に入らないのです。保険適用ではないため、薬代が高くなります。輸入販売でも買うことはできますが、正規品ではないので、自己責任で購入してください。

陰部に塗る時は、粘膜は避けて塗りましょう。粘膜の皮膚は薄く、刺激をうけやすいので、塗らないようにきをつけてください。

デリケートゾーン陰部の黒ずみ対策に、市販薬を使用することで副作用や使用上の注意点はある?

美白効果があるものを選ぶ

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある、トラネキサム酸が配合されているものを選びましょう。黒ずみ始めに塗ると、効果大です。もちろん、今ある黒ずみにも効果は、発揮します。メラノサイトが活発になり、メラニンを排出するのを抑制します。

医薬部外品を選ぶことも大事です。医薬部外品は副作用も少なく、じんわりとした効果で安心で、ちゃんと効力も認められている製品です。

肌荒れを良好にする成分

ビタミンC誘導体やビタミンAが、配合されているものを選びましょう肌の深層部への吸収を良くし、ビタミンAレチノール配合は抗酸化作用があり、紫外線などから肌を守ってくれます。

ビタミンC誘導体の効果を発揮するには、ビタミンAが必要です。ビタミンCを有効的に働かせるため、外部からの侵入を防ぐ役割を、果たします。

保湿効果があるものを選ぶ

保湿効果で有名な成分は、ヒアルロン酸、グリセリン、セラミドなどです。デリケートゾーンでは、なぜ保湿が必要なのかは、保湿をすることで、肌のターンオーバーを整えることが必要だからです。デリケートゾーンの黒ずみの原因は、乾燥による摩擦も要因になります。乾燥を防ぐことには、保湿が大変有効だからです。セラミドは、人の体に元からある成分ですが、乾燥し、皮膚が剥がれてしまうと隙間から蒸発しています。そうすると、乾燥は進んでしまいます。外部からセラミドを補給してあげることで、乾燥を止めましょう。

保湿成分が入っていない市販薬を使う時は、市販薬を使った後に、グリセリンなどで保湿することをおすすめします。

2chの口コミは真実?薬局でデリケートゾーン黒ずみオイル、化粧水、クリームが人気。おすすめ市販薬!パート1のまとめ

いかがでしたでしょうか。お伝えしたものをデリケートゾーンで使用する時は、慎重にすれば使用可能だといえますね。他に、デリケートゾーンてわ使えるキャリアオイルは、ローズヒップオイルがオススメです。値段が高くて酸化しやすいオイルですが、デリケートゾーン専用のクリーム「イビサクリーム」にも配合されています。美容効果があるオイルで、ビタミンCが美肌効果をよりアップさせてくれます。

ホホバオイルなどのキャリアオイルに、甜菜(てんさい)という砂糖を混ぜて、シュガースクラブを作ることができます。つぶつぶが、角質を取りやすくしてくれ、洗い上がりはしっとりします。デリケートゾーンには、優しく撫でるのがコツ。ぜひ、お試しくださいね。