デリケートゾーン

デリケートゾーンにできもの。脂肪腫って何?

三女すず
三女すず
ルミ姉、、デリケートゾーンに違和感があって触ってみたら脂肪のカタマリみたいなのが出来てたんだけど!
長女ルミ
長女ルミ
痛みはある?
三女すず
三女すず
痛みはさほど感じない
長女ルミ
長女ルミ
きっと脂肪腫ね。
デリケートゾーンにはできやすいの。
三女すず
三女すず
これ、手術の必要とかあるの?
長女ルミ
長女ルミ
良性腫瘍の事が多く、治療法も手術の必要がないケースが多いわ。
でも、急に大きくなる様な時はすぐに病院に行った方が良いわね。
この記事のテーマ
デリケートゾーンに「脂肪のかたまり」の様なものが出来て、あれ?という経験がある女性は実は多いようです。

今回は、
デリケートゾーンにできやすい脂肪腫の原因
デリケートゾーンに脂肪腫が出来た時の対処法
デリケートゾーンの脂肪腫の治療法

を中心について見て行きましょう。

目次

【粉瘤と似ているような脂肪腫とは?】

脂肪腫とは、肩、頸部、背部、大腿部など、脂肪の存在する部位に発生する良性の腫瘍です。デリケートゾーンに限らず脂肪腫はどこにでも出来ます。脂肪細胞が増殖して出来ます。見た目や触った感じはこぶのようで柔らかく、弾力性があり表面はつるっとしています。色は肌色で、痛みはないです。
脂肪腫とは聞きなれない方も多いでしょう。ほとんどの方がしこりかな?と最初は思いますよね。それゆえに悪性の腫瘍じゃないかと不安になる方もいらっしゃいます。
脂肪腫は良性腫瘍ですが徐々に大きくなり、放置しておくとバレーボール大になることもあるので、良性とはいえ放っておけないです。すぐさま取り除きたい場合、通常は形成外科での手術が可能ですが、場所や脂肪腫の大きさによっては大きな病院や大学病院を受診しなくてはいけない場合もあります。
下の画像を見てみましょう。脂肪腫のでき方のイメージになります。
脂肪腫は皮膚の中に出来るので、見た目はぽっこりとこぶのように見えます。脂肪腫とは細胞が被膜に覆われた状態で皮膚の下に出来ます。表皮、真皮には影響がない為に見た目は肌色です。

この脂肪腫ですが、身体のどこにでも出来るということで、デリケートゾーンにも出来ます。痛みを伴わないので、もし陰部に出来ていたとしたら触らないと気付かないでしょう。
陰部を洗う際に知ることがほとんどだと思いますが、場所が場所だけに「このしこりみたいな塊は何?」と驚き不安を抱く方が多いでしょう。
以下に、陰部に出来るしこりのような出来物をまとめてみました。

  • 粉瘤
  • 毛嚢炎
  • 尖圭コンジローマ
  • バルトリン腺嚢胞
  • バルトリン腺膿瘍
  • 外陰潰瘍
  • 外陰ガン

上記のしこりのような塊の種類を各ページに詳しく書いてありますので、良ければご覧下さい。
デリケートゾーンに出来るしこりのような物は種類が様々です。それぞれ特徴や原因、治療方法も異なります。気にしないでいると、治らないもの、悪化してしまうもの、などもありますので、このしこりみたいなものは何?と気づいたら、まずは婦人科を受診することをおすすめします。デリケートゾーンを診せるのに抵抗があるという方は、婦人科には女性医師が対応してくれる病院やクリニックがあるので、男性が嫌だという方には女性ドクターがいる病院を選びましょう。

【デリケートゾーンに出来た脂肪腫の塊、しこりの原因】

脂肪腫は脂肪が貯まり細胞が増えてできますが、現在詳しい原因は分かっておりません。
脂肪細胞へとなりかけている細胞が毛細血管の周囲に至るところに残り、これが脂肪細胞になりうるのではないかと考えられています。
脂肪腫の80%近くに、何らかの染色体異常がかかわっており、これが影響され遺伝子異常が脂肪細胞が増える原因になっているのではないかと考えられます。
と少し難しいことをお話ししましたが、これまでにお話ししたように、脂肪腫は脂肪の多いところに出来やすいのが特徴です。脂肪の塊なので、太っている方に出来やすいといろいろなサイトで書かれていますが、その情報も確実性がありません。デリケートゾーンに出来る脂肪腫を「外陰脂肪腫」と言いますが、デリケートゾーンは、外部の刺激から守るため皮下脂肪が多い部分なのです。汗腺や分泌腺が多いところにも脂肪腫は出来やすいため、女性ではデリケートゾーンに比較的出来やすい部分になります。

【デリケートゾーンに出来た脂肪腫。外陰脂肪腫とは?】

デリケートゾーンに脂肪腫ができた場合、あそこに違和感を感じ「あれ?」と思い、触るとしこりのようなものが出来ているといった症状があるのですが、これがデリケートゾーンに出来る外陰脂肪腫と良い、良性の脂肪腫が多いです。
よほど大きい脂肪腫でない限り、痛みもかゆみもない無症状のものなので、触る以外あそこに脂肪腫が出来ているなんて気づく人の方が少ないでしょう。
外陰脂肪腫の原因も他の部位に出来る脂肪腫同様原因は詳しくわかっておりません。
ただ言えるのは、外陰脂肪腫は性病ではないということです。
陰部に出来たからもしかしてパートナーから感染したのかな?と不安になる方もいらっしゃると思いますが、外陰脂肪腫は性交渉では移りませんので安心して下さい。

【デリケートゾーンの脂肪腫、治療方法は?】

通常、デリケートゾーン以外の体に出来た脂肪腫は形成外科で日帰り手術をすることが可能です。日帰り手術が出来る大きさの脂肪腫かどうかという確認もありますので、病院でドクターにきちんと診て頂いた方が確実に治療出来ます。脂肪腫で小さいものは自覚症状がないですが、自然になくなることもないので、万一脂肪腫があることで痛みや違和感を感じるときは、医師の診察を受けましょう。小さいからと安心せず、気になるならば診て頂きましょう。

【デリケートゾーンの脂肪腫、何科を受診すれば良いの?】

脂肪腫自体は皮膚科で診ていただくことが可能です。ただよほど大きい脂肪腫は大きな病院か形成外科の受診をおすすめされるでしょう。ただし、デリケートゾーンの場合、部位がデリケートな部分なので女性は婦人科で診察をしてもらったほうが良いでしょう。
総合病院のような大きな病院ですと、紹介状があるかどうか、検査をするのに数か月先、手術をするにも日帰りではなく入院となる場合があります。

【デリケートゾーンの脂肪腫、どんな診察をして脂肪腫とわかるの?】

通常、脂肪腫かどうかを見極めるための診察はエコー検査、CT検査、MRI検査です。一般的に行われる検査はMRI検査と言われております。脂肪腫は脂肪のかたまりなので良性の腫瘍ですが、検査をして悪性腫瘍かどうかも確認されると思います。

【デリケートゾーンの脂肪腫、どんな手術をするの?】

脂肪腫が出来ないように、これ以上大きくならない為の予防方法はありません。気になるならば、除去するしかありません。除去したい場合は、外科的処置が必要です。ほとんど良性なので、見た目の問題だけなので、特に気にならなければ手術をしなくても大丈夫です。大きくなったな?と感じた場合、念のため病院を受診しましょう。手術は大きさや部位によりほとんどが局所麻酔で除去し日帰り手術になります。

デリケートゾーンのできものに悩んでいたみんなに聞いてみました。

デリケートゾーンに大きな「できもの」や「しこり」、「脂肪腫」ができた経験のある方、教えてください。どういう症状で、どう対処し、その後どうなりましたか?アドバイスをお願いします。

デリケートゾーンに出来た動くしこり

デリケートゾーンのちょうど脱毛で言うVラインあたりに直径2センチほどの丸い玉のようなしこりが出来ました。しこりに触ると前後左右にしこりが移動します。気がついたのが中学生の時で、こわくてそのまま放置していました。昨年29歳で出産し、その際に産婦人科の先生に相談しましたが、しこりが移動するようであるなら脂肪腫の可能性が高く、10年以上も前からあり何ともないのであれば、おそらく心配するようなことはないだろうとのことだったので、今もそのままにしています。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

潰して綺麗さっぱりデリケートゾーンケア

デリケートゾーンに脂肪腫みたいな物が突如できていたので、私の場合は思いきり抓って潰しました。

潰したことで膿臭さのある白い液が出てきたので、汁になるまで出しきり簡易的ではありますが、自宅にあった消毒液で処置しました。

そうした結果、数日間は潰したのもあって痛みが少しはあったものの脂肪腫のような物は綺麗になくなりその後も出来なかったです。私の場合痕は残りませんでしたが、最悪ニキビを潰してニキビ痕が残ってしまうのと同様なのであまりおすすめの方法ではありませんが、気になるけど病院まではという方にはおすすめの方法です。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

気にせず放置してると自然に治ってます

昔から年に1、2度出来ます。普段は気づかないのですがトイレで拭いたときに(あれっ?)と違和感を感じで見てみると赤くできものが出来てたりします。デリケートゾーンなので、なんかバイ菌ついたのかな?ぐらいにしか思わないのですが。膿んでると言うよりもしこりに近いです。触ると少し痛みを感じますが、触りさえしなければ特に何も気になることはありません。下手に洗いすぎたり、薬を塗るのも怖いのでそのまま放置しています。大体、三日程度で消えてなくなります。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

40代後半

デリケートゾーンにニキビ?炎症?

私がデリケートゾーンに、異変を感じたのはちょうど二十歳の時でした。

最初はトイレに行って拭くときに、アレ?となんかに当たる感覚?がして痛みや痒さはそのときはなかったので特に気にしてなかったのですが、その日の夜にお風呂に入った時にできものができているのが判明しました。

大きさは5ミリくらいの丸いものです。

わかったときは、ニキビの出来立てのような触ると少し痛みがありました。

産婦人科に行き、塗り薬をもらいました。

毛穴からばい菌が入り炎症しているとこのこでした。

その後も2回くらいできましたが、ここ何年かはできていません。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

20代

重大な病気なこともあるデリケートゾーンの出来物

お風呂で洗っているときにデリケートゾーンにできものがあることに気づきました。太ももの付け根で押すと痛く、ちょうど陰毛の根本だったのでニキビの延長かと思いました。しかし大きさは直径8ミリくらいあったので気になりネットで調べると、性病やがんなどの場合もあるとのことで怖くなり、美容に強い皮膚科へ行き診てもらいました。結果は毛嚢炎という、毛穴に菌が入って炎症を起こした状態だと言われました。デリケートゾーンをカミソリでお手入れしたあとだったので、それが原因ではとのこと。出た軟膏を塗ってるうちに一週間もしないで治りました。デリケートゾーンを診てもらうのはとても勇気がいりますが、重大な病気の場合もあるので病院にかかって安心できて良かったです。今回は評判の良い男性のお医者様に見ていただきましたが、時間の余裕があれば女医さんのいる皮膚科を調べておくと、いざというときに選べて良いと思いました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

40代前半

おおきな、垂れ下がったできものが……

私はデリケートゾーンに大きなできものができました。ぶどうのようになり、皮の塊(神経が通っている)がくっつき挙句ビロンビロンと動き回る状態に……。神経が通っているようで、取ろうとすると痛みがあり切ろうものなら激痛と血がはしります。念入りによく洗い、デリケートゾーン用の軟膏を塗っているのですが、特に効果なし……

自分の他の尽くせる範囲のことは行いましたが、この経験は役に立たず……似た症状の方は病院に行った方がいいかもしれません……

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

50代前半

引っ張られたことが原因の毛嚢炎でした。

お風呂で股を洗っていた時に指に触る違和感を感じて、おそるおそる鏡を使い見てみました。すると、小指の先の半分ほどの大きさのできものが出来ていました。デリケートゾーンなので、とてつもなく不安になり夫に相談したら、まだ新婚だったので、女医さんのいる産婦人科を調べてくれ診察を受けた時、あー、軟膏出しておきますね、産婦人科が初めてなら子宮頚がんの検査もしときましょうと言われ、そのできものが癌なの?と早とちりしてしまいましたが、検査はあくまでもついでで、そのできものはただの毛嚢炎でした。軟膏をお風呂上がりに塗って、下着は綿100%の素材のものを履いていたら1週間ほどで消えてました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代後半

デリケートゾーンの白いプツプツしたできもの

デリケートゾーンにプツプツとした白いできものができて、はじめのうちはかゆかったりしたのでかゆみ止めを塗ったりしていました。そのうち痛みも出てきて「性病かもしれない」とおもって産婦人科に行きましたが、診察をしてもらったら「性病ではない」と言われて、チューブの塗り薬をもらいました。塗り始めてすぐかゆみも痛みもなくなりました。そのあと2.3日後にはプツプツとした白いできものも少なくなりました。1週間もしないうちにできものは全部治りました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

デリケートゾーンに大きなできものができて辛かった経験

デリケートゾーンに大きいできものができたことがあります。普通にしていてにきはびみたいに急に出来たので、なぜ出来たのか理由はよく分かりません。普通に何もしていなくても、すれて若干チクチク痛みその時は辛かったです。ウォシュレットをすることがだいぶ抵抗があるので、ようをたしたあとはいつもウエットティッシュで拭いていました。お家に居る時はなるべくシャワーで洗い流し清潔を保ちました。そうしているうちに約1週間くらいでなくなりました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

20代

デリケートゾーンにできものができたら、勇気を出して婦人科へ

以前お尻にできものができて、痛みもあったので不安になり、病院へ行きました。すると、よくできる浮腫というできものだということで、軟膏をもらいました。薬を塗って数日、症状は完治しました。それから半年もしないうちに、今度はデリケートゾーンに痛みを伴うできものができてしまいました。デリケートゾーンはかなり不安になりましたが、我慢できない痛みではなかったし、以前病院でもらった薬を塗って様子をみると、また数日で完治しました。デリケートゾーンにできものができたら、かなり不安になると思うので、病院に行って診てもらうと、少し気が楽になります。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

デリケートゾーンのニキビのようなできもの

デリケートゾーンにニキビのようなできものが2つできたことがあります。おそらく、脱毛サロンに通っておりデリケートゾーンの脱毛も行っているのですが、そのときに剃った毛が生えかけてきたくらいの頃にものすごく痒くなり、掻きむしってしまったことと、もともとおりものの量が多く、それが毛が少なくなった肌に直接当たって不衛生な状態が続いてしまったことが原因だと思います。そこで、脱毛サロンでいただいていたアクネ菌に効くクリームを患部に塗って、おりものはこまめに拭き取るようにこころがけました。すると、1~2週間ほどでできものは徐々になくなっていきました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

20代

デリケートゾーンに丸いイボのような?

お風呂で入浴中にふとデリケートゾーンを触ってみたらなんだか丸いイボのようなデキモノがいつの間にか出来ていて、少しかゆみがあるような感じで気になって自分で指の腹でおさえて潰してみると白いかたまりのようなのが出てきました。脂肪のかたまりのような感じです。全て出し切りその後は自然に消えてなくなりました。婦人科に行って取り除いてもらえば良かったのですが、費用もかかるので自分で処理しました。後からインターネットで何だったのか検索をしてみると脂肪腫と分かりました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

40代後半

デリケートゾーンの繰り返す出来物と痛み

元々、デリケートゾーンに出来物ができやすいようで、特に小陰唇によく小さなニキビのようなものが出来ます。

オフィスワークなので、ほぼ座って仕事をしているのですが、座っている時に陰部に少し痛みを感じて気になり、帰宅後入浴の際に確認すると小陰唇に出来物ができていました。

大体は小さなもので済むのですが、稀に大きくなり膿ができていることもあります。大きい時はやはりかなりの痛みを伴うのですが、通院するのに抵抗があり、いつも市販の薬を使用して時間の経過とともに治まるのを待つ状態です。

小さなものなら3日程度で治まりますが、大きなものは1週間以上かかることもあります。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代後半

一度治っても再発転移を繰り返す脂肪腫

30歳になる手前頃から気になり始めておりました。

現在もですが、常にできものがある状態です。

痛くも痒くもありませんが、たまに気になって潰してみると、白い脂肪のような物が出てきます。

おそらく私は脂肪腫だと思います。

最初は悪い癌じゃないかと疑いましが、ある時、できものが痛くなったので、お風呂場で触っているとそれが潰れて大量の膿がでました。

その時は焦りましたが、翌日にはできものが無くなり、痛さもほぼ無くなっておりました。

私はデリケートゾーンだけでなく、他の場所にも何箇所か脂肪腫があります。

他の箇所は病院でも見て頂いた事はありますが、体質によるものとの診断でした。

おそらく脂肪腫ができやすい体質なのだと思います。

現在も5ミリ程度の脂肪腫がデリケートゾーンに常に3個くらいある状態です。

1箇所無くなっても、また別の所に出来たりしております。

デリケートゾーンにできものがある方は自己判断せず、場所が場所だけに恥ずかしいとは思いますが、命には変えられないと思い、病院に行って下さい。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

自然治癒力を信じてできものをやっつける

わたしは生理前のおりものが増える時期に、デリケートゾーンにできものができやすいです。

ニキビみたいな芯のある硬いしこりができ、触ったり当たったりすると痛いです。

特に薬もぬらず、強いて言うならばなるべく清潔に保つように、排泄後はウオシュレットを使うように心がけています。

生理が終わるころには芯がでて痛さもやわらぎます。

芯が出てしまうと数日で皮膚の炎症が落ち着きます。

なのでできものが出来ても自然に治るのを信じて待つようにしています。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

病院へ行って潰してもらうか自然消滅を待つかどうしよう…

デリケートゾーンにできものができた事が今までに二回あります。初めて経験した時は最初はかゆみから始まって気になって見てみたら腫れてきて膿が湧いてるからか大きく膨れ上がってきた時は凄く痛みを感じました。市販の薬を塗ってみたら余計に痛くなり寝てるだけでも痛くて泣けてきました。仕事中に座ってるのも痛くてトイレに恐る恐る行ったらちょうどトイレに行ったらその腫れ物から膿が潰れて血が出てきました。トイレで尿をするのも耐えられなかったですし本当に早く病院に行かないとって思いました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

20代

デリケートゾーンの痛みを伴うできものは恥ずかしくても病院に行ってください。

体調が悪く抵抗力が下がっていたり、生理中でデリケートゾーンが不潔になりがちなときに出来ていたように思います。ちょっとした傷などからばい菌が入って炎症して、できものが大きく晴れ上がり痛みを伴います。抗生物質を内部したり、軟膏を塗布することで一旦はよくなりましたが、繰り返しています。

デリケートゾーンだけではなく左右の腋窩にも同様にできものができて痛みがあって皮膚科を受診したところ、粉瘤というもので手術をして皮膚ないに出来てしまったのう胞を取り除いて繰り返したできものは無くなりました。

ですが、なかなかデリケートゾーンは恥ずかしく診てもらってはいません。やはり、羞恥心のほうがかってしまいました。

自分なりの対処では逆に悪化させたしまうこともあるため病院で診てもらうのが一番だと思います。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

40代前半

普段のデリケートゾーントラブル対処法

普段はあまりありませんが、生理中になかなかナプキンやタンポンを取り替える時間が作れず、やむを得ず長時間同じ生理用品を装着しているとデリケートゾーンに全体的に痒みが生じてきます。

あと湿度や温度が高い状態もデリケートゾーンが蒸れやすくなり、痒みや出来物が発生する事がよくあります。

出来物はデリケートゾーンのあらゆる場所に出来ますが、特に尿道に近い場所や毛の多い場所に出来やすいかと思います。

とにかく出来物が出来た時は丁寧にデリケートゾーンを洗います。

あまりに出来物の炎症や痒みが酷い時は、痒み止め等の塗り薬を塗りますが、デリケートゾーンなので逆によっぽどの状態でない時はわざと何も塗らず、とにかく丁寧に洗う事と、下着、生理用品を清潔に保つ事を心がけています。

ある程度はこれで問題なく落ち着いてきますが、それでも状態が良くならない場合は病院で看ていただく事も対処法に入れております。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

デリケートゾーンに初めてのできもの

最初は生理中のナプキンを変える時や座った時になんとなくデリケートゾーンに違和感があったのですが、あまり気にしてなくて原因もわかってなかったのですが、それから2日後ぐらいにお風呂で体を洗っている時にふと痛みを感じ探ってみると大きめのできものがデリケートゾーンに。。痛みよりこんなところにできるのが初めてで怖かったです。怖いけどとりあえず、潰して中の膿と思われるものを出してお風呂を出てすぐ消毒。それから、2日間ぐらいはお風呂あがりに消毒しました。そしたら、1週間ぐらいでいつも通りに戻っていました。最初は怖くて病気なのかと心配してましたが、できものだったらそこまで気にしなくても大丈夫なのかもと思いました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒トラブルの時だけ使う

20代

自分に合わない下着を着けるとどうなるか

22歳から27.8歳の頃まで月に1度は右又は左の鼠径部、パンティーライン、デリケートゾーンにしこりが良くできていました。

下着が擦れるたびに、ピリピリと痛く動くのが大変でした。そのため、下着をズラして着用していました。

あまりにも痛く、1度病院に行きました。

皮膚科にかかりました。

処置としては、切開しました。切開して、中にある膿のような物を出し、ガーゼで保護して帰りました。

次の日に再度受診をし、化膿していないか確認をしました。

先生には、キツめの下着を着用したりすると、デキモノが癖になってしまうと言われました。

それから、何回もデキモノは出来ました。

しかし、通院が面倒だったため、受診はせず、自分で安全ピンで刺して膿を出してみたり、放置をして治るのを待ってみました。

29歳の頃から、補正下着を着用するようになり、股上や股関節周りのカットが体に合った物に変更してから、デキモノが出来る回数が減りました。半年に1回あるかないかです。

それまで、ネットで買った小さめのショーツを履いていましたが、皮膚科の先生に言われた、自分の体に合った下着を選ぶ事が大事だと言うのがわかりました。

自分の体に合う下着を使用してから、トラブルがなくなり、お尻周りの脂肪の変な段差もなくなり、良いことづくしです。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒トラブルの時だけ使う

30代前半

デリケートゾーンがかゆくなったら。

私は、デリケートゾーンがすぐにかぶれてしまうんです。抗生剤を飲んでもかゆくなるし、ナプキンをつけても痒くなるんです。ナプキンの時は、柔らかい部分ではなく、前と後ろにビニール素材のところありますが、それでデリケートゾーンがかぶれてしまうんです。痒いときに触ると脂肪腫みたいなおできができています。それが長いこと続くとしこりみたいにかたくなってきます。いつも同じところで、市販薬を塗っていましたが痒みはぶり返し少しずつ痒い範囲も広がり始めたのです。産婦人科に行き診察してもらいましたが、大丈夫ですよ何にもないですよ、おできもできてないですといわれ、帰りました。しかし、やはり痒くなりかくと小指の爪くらいの大きさのものがあるんです。違う先生に診察をしてもらいましたが、やはり結果はおできはないですねといわれましたが、痒いんです。だから、かいてしまいそこが荒れてしまいしみるんですと言うと、やっとお薬を処方してくれました。そして、そのお薬を一度塗るだけで痒みが治まりました。市販薬でも、合う合わないがあるので、恥ずかしいですが病院で、診察してもらい、処方薬を頂くのが一番だと思います。私は女医さんのいる病院で、女医さんに診ていただけるように、受付でお願いしています。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

40代後半

デリケートゾーンの、痛いできもの

今年の夏、デリケートゾーンがなんだかヒリヒリ痛くて、まず自分で確認すると外陰部にニキビのようなものが。汗もかいていたし、オリモノも多い頃だったので蒸れたのかな?と思い、お湯で洗って刺激が少ないように気を付けていましたがどんどん大きくなって2日後には痛くて座れない程になり急いで婦人科に行きました。

先生は「バイ菌が入っちゃったね~」とだけ言ってゲンタシン軟膏をくれました。ネットで色々調べて不安になっていたのですが「問題無い」と言われて安心しました。

薬を1日3回位塗っていたら、3日程で腫れも痛みも無くなりました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

40代前半

デリケートゾーンのトラブルの対処法

鼠径部に痛みを伴うできものができてしまったときがあります。下着で擦れても痛みを伴うので、薬局でデリケートゾーン用の塗り薬を購入してしばらく使用しました。

できものの原因は、夏場であったため下着の通気性が悪かったのだと思います。

汗をかいたらすぐにシャワーを浴びることや、下着は通気性を考慮したものを選ぶようにすることで治すことができました。あまり人には見せたくない部位なので、病院にまでは行きたくなかったので、自分の症状に合う塗り薬が市販で売られていたので助かりました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

40代前半

痒みに悩んだが、病院に行けず、、

できものができたことがあります。ものすごく痒くて軟膏を塗りました。今はマシです。デリケートゾーンの痒みはすごく辛いけど、周りに相談することが出来ず病院には結局行けませんでした。今はマシだけど、病院に行けば良かったのかなあと思ったり。(行ったほうが良い?) 特に夏に酷く、おりものがあるように思います。

デリケートゾーンの悩みは、とても恥ずかしくて人に言いづらいけど、また今度できものが出来たら今度こそ病院に行こうと考えています。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

20代

すごく痛かったニキビのような脂肪腫

お風呂でデリケートゾーンを洗っていた時に、痛みを感じました。見てみると、デリケートゾーンにニキビのような真ん中に白っぽい芯があるものができていました。すごくビックリしました。ニキビの時は潰していたので、今回も潰してみると中から白い液体と血が少し出ました。激痛でした。この時は名前は知らなかったのですが、ネットで調べたら脂肪腫だと思います。その後は、何度か繰り返し出来ていましたがやはり痛みを我慢して潰していました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

40代前半

デリケートゾーン、突然のできものに困惑!

症状は「できもの」でした。初めは全く気づかなかったのですが、デリケートゾーンを洗っている時に何となく小さいできものがある様な感触が手にありました。その後もできものは消えることはなく、次第に少し大きくなり、更に増えていきました。おかしいと思い産婦人科を受診したところ、「コンジローマ」という性病だと診断されました。

塗り薬を処方されて、使用したらできものはなくなり、治ってから約11年位経ちますが再発はしていません。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

見た目だけではなく、肌にも合った下着選びを

20代半ば、事務職を経験しましたが、椅子に座った際に足の付け根の内側に痛みがあることに気が付きました。

自宅のトイレで確認をしたところ、なんと大きなしこりが!しかし、デリケートゾーンのお手入れをしていなかったため、腫れがあることしかわからず、その日はお風呂に入って就寝しました。

翌日、気になってもう一度確認をしたところ、該当箇所が赤くなり、中心が白っぽくなっていることがわかるほど変色していました。丁度、悪化したにきびの様な見た目でした。

しかしお仕事もあったため、ついに病院にいく事は叶わず、とにかく清潔に保つことだけを気をつけていましたら、数日経ったころに後もなく消えていました。

2ヵ月後、また更にその1ヶ月後に同じ症状が出ましたが、おかげで、そのとき着用していた下着と使用していたナプキンのせいで該当箇所が刺激され、そのような症状が出ていたのだと分かりました。

その下着の着用を止めて以来、同様の症状はでていません。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

20代

アレルギー体質によるデリケートゾーンのできもの

私は生理中にデリケートゾーンにできものがよく出来ます。

元から軽いアレルギー体質で、生理用ナプキンも肌に合う物と合わない物がありました。特に合わないナプキンだとデリケートゾーン全体にぶつぶつが出来たりしました。

今は肌に合うナプキンを使用していますが、体調が悪い時と生理が重なったりすると、デリケートゾーンが痒くなったりできものが出来ます。

その時々によって大きさや数は違うのですが、一度大きなものが出来た時はできもの自体が熱を持っている感じで、今にも破裂しそうな痛さがありました。

私はできものが出来るとお風呂の後にオキシドールで消毒し、オロナイン軟膏を塗って対処しています。

2~3日塗っていると段々腫れが小さくなっていき、1週間もすると完璧に治っています。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

30代前半

脂肪腫とは限らないので異変を感じたら直ぐに医者へ

5年程前、デリケートゾーンに脂肪腫ができました。

最初はそれほど大きくは無く、痛みも無かったので放置していましたが、年々少しずつ大きくなっていくのを見て医者に行ったのが今年です。

医者には脂肪腫なので身体に直接害は無いが、このまま放置しておくとさらに肥大化するので切除をすすめられました。

その1週間後に手術をしました。

内容は脂肪腫がある部分の皮膚を切開して脂肪腫を取り除くというものでした。

手術後、1日入院をして2週間程したら傷口の抜糸をしました。

今のところ再発はありませんが、体質等によって再発しやすい方もいるようです。

肥大化すればするほど傷口も大きくなり、傷跡も大きく残ってしまうので、早めの切除をお勧めします。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒常に使っている

20代

自然消滅!デリケートゾーンのできもの

デリケートゾーンにしこりができたことがあります。手で触った時に1.5cmほどの硬いものがあるのがわかりました。見た目ではしこりがあるのはわからない状態でした。触っても動かず肉の中に脂肪が固まっているような感触でした。ショーツが擦れる部分だったので、摩擦が原因なのではないか思いました。しこりの部分にサージカルテープを貼って擦れるのを防ぎました。毎日触って確認しましたが日に日にしこりは小さくなっていきました。1週間でしこりはなくなりました。

Q:デリケートゾーン専用石鹸は使いますか?⇒使わない

20代

デリケートゾーンにできもの。脂肪腫って何?まとめ

脂肪腫は腫瘍だから、危険、がん、すぐに除去しないと死んでしまうのかな?など、頭の中に不安と恐怖入りまじりとても怖くなると思いますが、まずは落ち着いて下さい。
脂肪腫は良性の腫瘍です。ただ部位によっては目立って嫌だ、ジムで水着を着るときに目立つなど、様々な理由で取り除きたいと思う方もいらっしゃいます。10センチ以上ともなればご近所の病院を受診すると大きな病院に行ってくださいとも言われかねませんが、形成外科で脂肪腫は取り除くことが出来ます。日帰り手術も可能なので、お仕事をされている方も長期のお休みをとれない方も安心して下さい。