デリケートゾーン

デリケートゾーン専用石鹸ランキング

この記事はこんな悩みの女性の為の記事です

  • 生理の時のあそこの嫌な臭いが気になる
  • デリケートゾーンの肌かぶれや痒みに悩まされる
  • 膣カンジダになりやすい

そんなデリケートゾーンの悩みを解決するための、普段からできるデリケートゾーンのケアにいてのお話と、デリケートゾーン石鹸の失敗しない選び方をご紹介します。
実際使ってみて分かったデリケートゾーン石鹸のレビューも参考にしてみてください。

目次

デリケートゾーンのケアは根本から解決が必要

デリケートゾーンの悩みと言えば、
生理の時の蒸れが原因の痒み
経血による肌かぶれ

が最も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンの痒みも肌かぶれも
薬局に行くとたくさんの軟膏やケア商品が売っています。

でも、軟膏による対策は一時的なものでしかありません。

デリケートゾーンの悩み解決は、
もっと根本から改善しないと
いつまでたっても軟膏やクリームに頼る事になってしまいます。

デリケートゾーンの悩みを根本から解決するには、
デリケートゾーン専用石鹸を使って、
普段から適した環境に整え、清潔に保つケアが必要になります。

デリケートゾーンを清潔に保つのに、
なぜ、薬局で売っている普通の石鹸ではダメなのか?

デリケートゾーン専用の石鹸と普通の石鹸で何が違うの?

そんな疑問を解決しながら、
正しい知識と正しい対処法を参考にしてみて下さい。

デリケートゾーン石鹸の効果のメカニズム

なぜ、デリケートゾーン石鹸はニオイやかゆみを抑える?

デリケートゾーンの臭いや痒みの要因は、尿のカスの恥垢や汗などが蒸れ、雑菌が増殖し、嫌な臭いを放ちます。

また、デリケートゾーンは、自浄作用があるため、常に弱酸性での環境を保っています。
ですが、疲れが溜まってホルモンバランスが崩れたり、洗いすぎたりして自浄作用が低下し悪玉菌が増えます。

デリケートゾーンの石鹸に含まれる、イソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸ジカリウムは、殺菌成分として配合されています。医薬部外品とされていますので、副作用が少なくて、ちゃんと効果があると認められています。悪玉菌のみに殺菌作用があるので、洗いすぎる心配はありません。

なぜ、デリケートゾーン石鹸は、生理中やオリモノの肌トラブルが軽減する?

デリケートゾーン専用石鹸と普通の市販石鹸の違いのひとつに、
保湿効果があります。

デリケートゾーン専用石鹸は保湿力にすぐれ、
敏感肌の人でも使用できる様に作られています。

生理中のデリケートゾーンは、
普段よりも敏感になっていますよね。

中には、トイレが近くなって、
いつもよりトイレの回数も増えてしまう方もいらっしゃるでしょう。

トイレの回数が多くなれば、お肌への刺激も増えてしまいます。

また、長時間ナプキンを付けたままの状態が続くことで、
肌かぶれや肌の痒みを引き起こすケースも多いのではないでしょうか?

デリケートゾーン専用石鹸の保湿力は、
こういったナプキンやおりものシートによる
生理中の肌かぶれやかゆみに対して効果を発揮します。

デリケートゾーン専用の石鹸は、
赤ちゃんでも使えるくらい、肌に優しく作られています。

生理中のナプキンかぶれや経血による痒みでトラブルを抱えたお肌にも
安心して使用する事ができる様に日々研究が重ねられています。

なぜ、デリケートゾーン石鹸は黒ずみを抑える?

デリケートゾーンの悩みで、黒ずみは1番多いのでは。

デリケートゾーンが黒ずんでいると、友達との温泉旅行や、
彼とのラブラブな夜が思いっきり楽しめないですよね。

男性も女性のアソコが黒ずんいると
「遊んでるな」と疑ってしまう
というアンケート結果もよく見ますね。

黒ずみの解消は、メラニンの生成を抑えること

お肌の乾燥を防ぎ、保湿力を高める事

この2つがとても重要です。

デリケートゾーン専用の石鹸には、メラノサイトから分泌される、
チロシナーゼを分泌させないように、働きかける成分が配合されています。

チロシナーゼの分泌を抑える事で、黒ずみを予防につながります。

もう1つの黒ずみの要因は、ターンオーバーです。
ターンオーバーのサイクルが遅れると、シミや黒ずみが出来やすくなります。

ターンオーバーを良好にするためには、お肌の保湿が欠かせません。

この点においても、保湿成分が配合されたデリケートゾーン専用石鹸と
市販の普通の石鹸を使うのとは大きな違いがあるんです。

デリケートゾーンの黒ずみは、なかなか相談できないもの。
市販の薬局で相談するのも気が引けますが、

正しい知識を持って正しいデリケートゾーン専用のケア用品を選ぶ事で、
デリケートゾーンの悩みは解決できます!

デリケートゾーン石鹸おすすめランキング

イビサソープ|臭いが気になる方だけでなく、脱毛後のアソコの黒ずみが気になる方におすすめ

イビサクリーム 公式

↑  ↑  ↑

クリックすると公式サイトに飛びます!

こんな人におすすめ 臭いが気になる方だけでなく、脱毛後のアソコの黒ずみが気になる方
評価内容 総合評価   :95点
ニオイ対策  :★★★★★
黒ずみ対策  :★★★★★
保湿力    :★★★★★
殺菌力    :★★★★★
コスパ    :★★★★☆
特徴 臭いが気になる方は、イビサソープがおすすめです。
デリケートゾーンの臭いの原因菌の繁殖を抑える働きをし、嫌な臭いを防ぎます。イビサソープシリーズは、累計13万本の売上を達成しており、
唯一返金保証を付けたデリケートゾーン専用石鹸です。イビサソープ最大の特徴は、殺菌力と脱毛サロンが開発した保湿力への拘りです。
VIO脱毛をしたら自分のアソコの黒ずみが気になるという女性にはイビサソープはイチオシの商品です。

脱毛サロンが開発したソープだけあり、敏感な肌質にも、安心して使用できます。
また、イビサソープは無添加で、デリケートゾーンだけでなく、脇、バストトップなど、黒ずみが気になるあらゆるところに使えて、経済的ともいえます!
ネット販売のみになります。

価格 集中ケアコースがお得!約31%オフの4,290円(税込)
お得情報 返金保証
28日間返金保証付き!
容量 140ml(1か月分)
コスパ1日あたり 4,290円(税込)÷30=143円
送料 送料無料
販売元 株式会社ファイブテイルズ
最安値 公式サイトはこちら
レビュー キレイ女子レビューはこちら

KADASON(カダソン)|膣カンジダになりやすい方やカンジダの改善・予防には迷わずコレ!

↑  ↑  ↑

クリックすると公式サイトに飛びます!

こんな人におすすめ 膣カンジダになりやすい方やカンジダの改善・予防には迷わずコレ!KADASON(カダソン)カンジダ中に使えるくらいなので、当然敏感肌の方でも安心して使用できます。専門医監修の品質とリピート率の高さも安心材料。
評価内容 総合評価   :90点
ニオイ対策  :★★★★★
黒ずみ対策  :★★★★☆
保湿力    :★★★★☆
殺菌力    :★★★★★
コスパ    :★★★★★
特徴 専門医が開発監修した膣カンジダ中でも利用できるデリケートゾーン専用石鹸です。イビサソープのように露出は少ない為、始めて知ったという方も多いと思いますが、利用者のリピート率がとても高く、効果満足度の高い商品といえます。仕事のストレスなどが増え、膣カンジダの悩みを抱える女性が増えていますが、利用者の満足度の高さから、キレイ女子部員の中でもKADASON(カダソン)を高く評価しています。もちろん、実際に使用しているメンバーもいます。
価格 3,218円(税込)
お得情報 返金保証は特になし
3本買うと1本プレゼント
容量 250ml
コスパ1日あたり 3,218円(税込)÷30=107円 最安値3本+1本で9655円÷120(4ヶ月)=80円
送料 単品>650円 3本コース送料無料
販売元 販売業者: Ys株式会社
最安値 公式サイトはこちら

アンボーテ|敏感肌の方のデリケートゾーン専用石鹸

↑  ↑  ↑

クリックすると公式サイトに飛びます!

こんな人におすすめ 臭いが気になる方だけでなく、脱毛後のアソコの黒ずみが気になる方
評価内容 総合評価   :90点
ニオイ対策  :★★★★★
黒ずみ対策  :★★★★☆
保湿力    :★★★★★
殺菌力    :★★★★★
コスパ    :★★★★☆
特徴 アンボーテは無添加のデリケートゾーン専用石鹸になります。
敏感肌・乾燥肌といったお肌の弱い方にも安心して使用できる様にオーガニックにこだわり作られているのが特徴です。キレイ女子部でも使用してみましたが、洗い終わりのしっとり感・潤い感はサロンで開発されたイビサソープと変わらない保湿力を感じました。
泡立ちも良くデリケートゾーンを優しく洗える点でも、初めてデリケートゾーン専用ソープを利用する方にも安心しておすすめできるソープです。
モンドセレクション金賞受賞のデリケートゾーン専用石鹸
お値段比較では、送料600円分、イビサソープより高いくらいです。
黒ずみ対策の成分はイビサソープにやや劣る点だけマイナスしました。
価格 定期コースがお得!約42%オフの4,299円(税込)
お得情報 返金保証
返金保証はないがいつでも解約OK
容量 150ml(1か月分)
コスパ1日あたり 4299÷30=143円
送料 600円
販売元 株式会社エイチビーラボ(店名:美SHOP)
公式サイト 公式サイトはこちら
レビュー アンボーテのキレイ女子レビューはこちら

クリアネオパール|全身洗えてデリケートゾーン以外に乳首やワキの黒ずみケアもOK

↑  ↑  ↑

クリックすると公式サイトに飛びます!

こんな人におすすめ デリケートゾーンだけでなく、乳首やワキの黒ずみも気になる方には、全身洗えるボディーソープタイプのクリアネオパールがおすすめ
評価内容 総合評価   :85点
ニオイ対策  :★★★★☆
黒ずみ対策  :★★★★★
保湿力    :★★★★☆
殺菌力    :★★★★☆
コスパ    :★★★★★
特徴 クリアネオパールは全身洗えるボディーソープであること。
そのため、乳首の黒ずみやワキの黒ずみと、デリケートゾーン以外のケアも可能なのが特徴です。保湿力の面では、脱毛サロンが作ったイビサソープやアンボーテの方がしっとり感を感じます。
一番人気の2本定期にすると、一日あたり115円とデリケートゾーン専用石鹸の中でもかなりお安くなります。
価格 2本定期がお得:1本あたり3,440円(税込)
お得情報 返金保証
永久返金保証&1回目から解約OK
容量 1箱180粒(1か月分)
コスパ1日あたり 3,440÷30=115円
送料 2本定期は送料無料 1本定期660円
販売元 株式会社ソーシャルテック
最安値 公式サイトはこちら

コラージュフルフル|強い殺菌力を求めている方に

↑  ↑  ↑

クリックすると公式サイトに飛びます!

こんな人におすすめ 敏感肌の方など肌が弱い方には控えた方が良いかもしれませんが、殺菌力の強い石鹸を探している方は
コラージュフルフル泡石鹸も安くておすすめ。
評価内容 総合評価   :80点
ニオイ対策  :★★★★☆
黒ずみ対策  :★★★★☆
保湿力    :★★★★☆
殺菌力    :★★★★★
コスパ    :★★★★☆
特徴 コラージュフルフルは、薬用抗菌泡石鹸です。泡タイプですから、使い易く、優しく洗うことができます。
コラージュフルフルの特徴は、真菌、カビを洗い流すことにより、デリケートゾーンの独特の臭いが気にならなくなります。ドラッグストアでも販売をしていているようです。ドラッグストアの石鹸にしてはちょっと高めの本体価格2300円(税別)ですが、お試しに使ってみるには、おすすめです。
ボディーソープの場所にはない場合があります。生理用品の棚にあることがありますので、探して見てくださいね。
ただ、公式サイトから購入するとお試しパック10Pプレゼントになるので、公式サイトでの注文がおすすめです。
価格 2484円(税込
お得情報 返金保証はなし
公式サイトから注文でサンプル10パックプレゼント
容量 300ml(1か月分)
コスパ1日あたり 2484(税込)÷30=83円
送料 送料無料
販売元 持田ヘルスケア
最安値 公式サイトはこちら

ジャムウソープ|まずは安い費用でデリケートゾーン専用石鹸を試したい方

↑  ↑  ↑

クリックすると公式サイトに飛びます!

こんな人におすすめ 一番安い価格でデリケートゾーン専用のでジャムウソープを試して見たい方には固形石鹸タイプで人気ジャムウソープのシークレットレディ ジャムウソープがおすすめ
評価内容 総合評価   :80点
ニオイ対策  :★★★★☆
黒ずみ対策  :★★★★☆
保湿力    :★★★★☆
殺菌力    :★★★★☆
コスパ    :★★★★★
特徴 ラブコスメとして人気の、固形タイプのデリケートゾーン専用石鹸です。
販売累計数281万個
ジャムウソープのジャムウとは、インドネシアのハーブになります。
固形タイプなので泡立てる手間と、自然に溶けてしまう点が難点ではありますが、
デリケートゾーンの普段のお手入れにジャムウソープを使い、生理の時だけ保湿効果も高いイビサソープを使い分けるのもコスト的におすすめです。
価格 1,955円(税込)
お得情報 返金保証は特になし
「ホイップ泡立てパフ」プレゼント
容量 1つで約1か月分使用可能
コスパ1日あたり 1,955円(税込)÷30=65円
送料 送料無料
販売元 レディエンス株式会社 店舗名:恋する通販
最安値 公式サイトはこちら

わざわざデリケートゾーン専用石鹸を使うだけの違いがあるのか?

牛乳石鹸は、デリケートゾーンには向かない?

昔から長年販売されている牛乳石鹸ですが、今では種類が豊富にあります。

無添加の敏感肌にも優しいボディーソープがあります。

敏感肌にも優しいボディーソープですが、
デリケートゾーンにもよさそうに思いますよね。

デリケートゾーンの皮膚は、腕や足などに比べ、
顔のまぶたよりもうすいんです。

牛乳石鹸をデリケートゾーンに使用した場合、
ヒリヒリした感じると口コミもよく見かけます。
(個人差はあると思います。)

また、牛乳石鹸は香りもいい香りがしますが、持続性がありません。

デリケートゾーンの石鹸は、皮膚の薄いデリケートゾーンの為に
研究を重ねられて作られています。

粘膜近くまで使え、全身にも使うこともでき、さらに肌に優しい石鹸という点で
牛乳石鹸をはじめとした普通の市販石鹸とは根本的に用途が異なります。

普通の石鹸より値段が高いけど、効果はあるの?

私もはじめは、薬局で安く買えるデリケートゾーンソープで何とかならないかな?
専用石鹸って高いけど、そこまで違いあるのかな?
と思う気持ちがありました。

デリケートゾーン専用石鹸と市販の石鹸の違いを整理してみますね。

デリケートゾーン専用石鹸のメリット

デリケートゾーンの臭い対策
デリケートゾーンの肌かぶれ・痒みなどの肌トラブルの軽減
デリケートゾーンの肌に潤いを与え、黒ずみの発生を抑える

デリケートゾーン専用石鹸のデメリット

普通の市販の石鹸に比べて値段が高い

この値段の差とデリケートゾーン専用石鹸を天秤にかけた時に、
デリケートゾーン石鹸の価値をどう感じますか?

デリケートゾーンの痒みやニオイの悩み、
肌かぶれや黒ずみの悩みは、
正しい知識を持って、正しいケアをする事で解消できます。

デリケートゾーンを普通の石鹸でケアする事のリスクとして
膣内の悪い菌を殺菌しきれない、逆に良い菌まで殺してしまう事が
原因の一旦でもある膣カンジダなどのトラブル

保湿成分が足りないが故に起こる、
肌かぶれやアソコの黒ずみの悪化

気になるニオイや痒みのストレス

こういったトラブルから解放される為にも、
デリケートゾーンのケアは大切だと感じています。

また、専用の石鹸ではない石鹸で洗って、炎症がおき、
病院に通うことになれば、余計な出費となります。

すぐに良くなればいいのですが、長くなることもあるでしょう。

そのような面でも、少し高めのデリケートゾーン専用の石鹸を使うことをおすすめします。

デリケートゾーン専用の石鹸は、使い方をきちんと行えば、
炎症がおきる可能性は低くなり、なによりストレスが大きく減ります。

デリケートゾーンに効果がある成分とは?

デリケートゾーンの悩みには、黒ずみニオイ、かゆみが主な悩みですよね。

それぞれに効果のある成分を悩み別にお伝えします。

黒ずみに効果がある成分

黒ずみには、美白成分が効果的です。
メラニン色素を抑制する働きします。

メラニン色素を抑制する成分としてよく含まれるのは、トラネキサム酸です。

トラネキサム酸は医療の現場で止血剤や風邪などの扁桃腺炎、
咽頭炎の治療薬として使われてきました。

人工的に作成されたアミノ酸の1種です。

トラネキサム酸配合された薬を使用していると、
顔のシミである肝斑が改善されていたことにより、発見されました。

トラネキサム酸が配合されている美白クリームも、販売されています。

このトラネキサム酸と同じような美白効果を持つ、ハイドロキノンがあります。

ハイドロキノンには、副作用があるとされています。

トラネキサム酸は、特に副作用が認められていませんので、
ハイドロキノンより、安心に使うことができます。

臭いを抑える働きをする成分

臭いを抑える働きをする成分は、植物由来の成分が多いです。
ミョウバン、ラベンダー、パンシルなどがあります。

ミョウバンは、ジャムウソープ、ロンタルハーバルジェルソープなどに配合されています。

ミョウバンは、古くからデオドラント効果があるとされています。
ミョウバンが水に溶けると、酸性に変化します。
この酸で、細菌の繁殖を抑えることができます。

抗菌殺菌の作用がデリケートソゾーンの臭いをシャットアウトするんですね。

かゆみを抑える働きをする成分

かゆみは乾燥することで発生することもあります。
肌を潤すことで、かゆみを軽減されます。

肌の保湿力を高める潤い成分は、
ヒアルロン酸やコラーゲンなどがあります。

ワセリンを使ってもいいでしょう。
植物由来の潤い成分なら副作用がなく、安心ですのでおすすめです!

市販の商品ではダメなのかな?

ラクタシード、pHケアを比較

最近は、ドラッグストアでもデリケートゾーンケアの商品が、
多く販売されていることが分かりました。

市販のデリケートゾーン石鹸 ラクタシード

デリケートゾーンでは、かゆみなどの肌トラブルがあるとpH値が変化します。

デリケートゾーンの肌トラブルがあるとpH値のバランスが崩れてしまいます。
そんなpH値に着目しているのが、ラクタシードとpHケアです。

どちらも、デリケートゾーン環境を整えてくれる石鹸です。

ラクタシードの特徴は、天然由来保湿成分である乳清、
ホエイと乳酸が配合されている、デリケートゾーン専用の石鹸です。

ホエイとは、ヨーグルトの上澄みがホエイです。
膣周りの環境のpH値は、pH3.8~4.2です。

ラクタシードはその値に近いpH3.8て作られています。
ラクタシードに配合されている乳酸菌が、細菌の繁殖を抑制します。

市販のデリケートゾーン石鹸 pHケア

pHケアも、デリケートゾーンのpH値を邪魔することなく、
しかも、殺菌効果や潤いを逃さずに洗浄します。

どちらも弱酸性ですが、デリケートゾーンの環境を考えて、
デリケートゾーンのpHバランスを調整しながら、肌トラブルケアができます。

ただ、どちらの商品もデリケートゾーン専用石鹸と比較すると劣る点がどうしてもあります。

市販のデリケートゾーン石鹸の特徴として、
デリケートゾーンのpHに近い石鹸を使用することで、
本来の弱酸性に保ってくれる石鹸という点を重視している商品になります。

薬局のデリケートゾーン石鹸とイビサクリームやアンボーテの違い

デリケートゾーン専用石鹸のイビサクリームやアンボーテと
市販のデリケートゾーン石鹸の一番は、保湿力の違いです。

保湿力が違う事で、肌のかぶれや黒ずみケアといった辺りは
大きく効果に差が出てしまいます。

肌が強く、生理中の肌かぶれがあまりない方や、
黒ずみ対策は気にされない方は、
市販のソープを試してみるのも良いかもしれませんね。

私は、デリケートゾーン専用石鹸には保湿力は大きな違いをもたらす違いだと感じていますので、
肌トラブル、黒ずみを消したい・薄くしたい!という方は、
専用の石鹸を使ってみることをおすすめ致します。

しっかり予防するには、専用の石鹸を使用する

軽度のかゆみや臭いには、市販のものを使用してもいいでしょう。

ですが、黒ずみ、臭い、かゆみをしっかり治したい、予防したい、
という方は、デリケートゾーン専用の石鹸をしようすることをおすすめします。

デリケートゾーン専用のウェットティッシュもありますが、
その場しのぎのアイテムとしては充分なアイテムともいえます。

デリケートゾーンの肌トラブルには、
根本的な改善の為のアプローチが大切だと感じます。

VIO脱毛をした方におすすめなデリケートゾーン石鹸選び方ポイント


VIO脱毛をする女性の傾向として、とてもおしゃれでモテる女性が多いと教えてくれました。
ところが、毛が無くなったことで、今まで気づかなかったアソコの黒ずみが気になりだし、
デリケートゾーンの黒ずみケアをするという女性が多いのだそうです。

日本人はメラニンが溜まりやすく、黒ずみやすい体質なんだそうです。
なので、陰毛に隠れて気づかなかったけれど、
VIO脱毛で毛を処理すると実は黒ずんでいるという事が多いんです。

そんな脱毛後の黒ずみが気になる方には、迷わずイビサクリームがおすすめです。

脱毛後の保湿が大事!

デリケートゾーンの脱毛すると、光脱毛した場合、光脱毛の熱が皮膚に残ってしまうことがあります。皮膚に熱が残ると、水分が取られてしまい乾燥の要因となります。脱毛後は、皮膚自体が弱っているので肌の乾燥を防ぐためにも、保湿を必ずしましょう。
毛にも、尿のカスなどが付着し、臭いがする原因です。脱毛することで、デリケートゾーンケアがしやすくなり、快適にすごせます。カミソリなどで除毛していると、皮膚を痛めてしまうので、脱毛することが、美肌を保つためにもなりますね。

黒ずみが気になるときは?

VIO脱毛後は、肌の黒ずみが目立ちやすくなることがあります。毛はなくなりましたが、生理中やオリモノの臭いや黒ずみもなんとかしたいという方には、イビサソープがおすすめ!生理中でも使えるので、生理のや汗が混じった、生臭いにおいの不快感が和らぎます。保湿効果で肌のターンオーバーを活発にしますので、黒ずみに効果が期待できます。

脱毛前から保湿をすると、なおよし!

VIO脱毛後に限らず、脱毛前にも保湿をしておくといいでしょう。サロンによっては、乾燥していることで脱毛をしてもらえないこともあります。デリケートゾーン専用の石鹸は、保湿にすぐれていて、デリケートゾーンだけでなく、体中に使えるアイテムです。毎日使って、肌に潤いを与えてから脱毛すると、あとの手入れもスムーズになりますよ!きれいに脱毛するためには、デリケートゾーン専用の石鹸は、必需品となりますね。

膣カンジダになりやすい方のおすすめのデリケートゾーン石鹸選び方ポイント

カンジダの治療中でも、敏感肌の方でも使えるKADASON(カダソン)がおすすめ

カダソンは、メディアへの露出が少ないので知らない方も多いのではないでしょうか?

近年、仕事のストレスや寝不足などでホルモンバランスが崩れやすく、
その影響から膣カンジダの悩みをもつ女性が増えています。

カンジダは婦人科に行き治療薬を処方されれば、
比較的早期に解決することも多いのです。

でも、大切なのは、普段からのケアで
なるべく膣カンジダになりにくくする予防が大切になります。

カンジダのあのイヤな痒みは誰でも深いですし、
ヨーグルトの様な、チーズのカスの様な白いものが
膣から出てくるだけで、彼氏に引かれる。

なんて事になってしまったら最悪です。

カダソンは、専門医が開発を監修して、
カンジダ治療中の方でも利用できるほど、
お肌に優しい成分、かつ保湿成分に優れたデリケートゾーン専用石鹸です。

カンジダで悩んでいる方、
繰り返しカンジダにかかってしまう方は、

カダソンで普段からのケアを試してみると良いかもしれません。

デリケートゾーンにニキビやおできが出来やすい方の石鹸選び方ポイント

デリケートゾーンにもニキビができる?

デリケートゾーンにニキビができる理由は、デリケートゾーンの蒸れにあります。下着やナプキンで毛穴が蒸れ、雑菌が繁殖し、ニキビを引き起こします。ニキビができやすい場所は、外陰部で陰毛がある場所です。
蒸れをさっぱりしたいがために、ゴシゴシ洗うと皮膚を傷つけ、雑菌が入るサイクルを作ってしまいます。ゴシゴシ洗うのではなく、きめ細かい泡を泡立て、優しく洗いましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸が使える!

デリケートゾーンのニキビには、軟膏の塗り薬があります。フェミニーナ軟膏、デリケアなどありますね。塗り薬ですので、ニキビやおできに直接塗ります。石鹸では、殺菌作用があるものは、デリケートゾーンのニキビやおできに効果があります。雑菌を洗い流すことにより、綺麗にしてから軟膏を塗ることで、より薬の効果がアップすることでしょう。
デリケートゾーン専用の石鹸を使うことは、必要な菌はそのままで残しておきます。全て流してしまうと、膣の善玉菌が減り、膣環境が乱れ、別の症状が発生しかねません。デリケートゾーンには、専用の石鹸を使う!鉄則です!

デリケートゾーン石鹸のおすすめとしては、ニキビやおできが出来ている状態なので、敏感肌の方でも利用できるように作られている、カダソン、アンボーテ、イビサソープあたりがおすすめになります。

痛みを伴って洗えない程の痛みがある場合は病院へ

デリケートゾーンでも、ニキビは発生しますよね。顔のニキビと同じ、悪化すると毛嚢炎という、膿を持ったニキビになることもあります。膿は、黄色ブドウ球菌ですから、痛みが出ることもあります。引かない場合は、病院へ行きましょう。
尖圭コンジローマは、鶏のとさかのような形をしたイボです。ヒトパピローマウイルスによる、性感染症です。接触することにより感染します。痛みはありません。治療は、レーザーなどで外科的処置をします。
粉瘤は、毛穴があればどこでもできます。皮膚の下の袋に垢や老廃物などが溜まって膨らんできます。ばい菌が入ると膿が生成され、痛みを伴います。おできの真ん中に、黒い点が見えるというのが特徴です。
性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染し、発病します。膣の入り口や外陰部などに小さな水膨れが、密集してできます。悪化すると、赤くただれます。水泡が潰れ、内容物が付いたところに感染する場合があります。38度ほどの高熱や、股関節の痛みなどが同時に発生する場合もあります。抗生物質の投薬や塗り薬を使用し、治療します。
ニキビのようなものに見える病気は、たくさんあります。異変を感じたら、悪化する前に、受診しましょう。

デリケートゾーン石鹸の使い方の注意点

膣の中は洗わないで!

デリケートゾーンは、非常に敏感です。デリケートゾーンの外陰部は、皮膚ですが、膣の中は粘膜です。粘膜は、皮膚よりさらに薄くなっています。膣は、子宮にまで繋がる管です。常に、子宮から分泌される液体で潤っています。せっかく潤っているのに、膣の中まで洗ってしまうと、分泌液を流してしまうことになります。過剰に分泌液を流された膣内は乾燥してしまいます。乾燥すると、デリケートゾーンの皮膚も乾燥し、黒ずみとなる要因です。なので、膣内は洗わないでください。

膣自体は、臭わない

膣自体は、臭いがほとんどありません。臭いの要因は、膣から流れてくる分泌液、オリモノや経血の臭いがほとんどなんです。オリモノや経血が、汗などで蒸れて、時間が経つなどすると臭いを感じます。特に臭いを強く感じたら、何か病気が隠れているかも知れません。膣は自浄作用があるため、少しの細菌なら、影響はありません。ですが、膣内が乾燥すると、自浄作用の効力が低下し、感染しやすくなります。感染予防のためにも、膣内は洗わない方がいいでしょう。

膣内のにおいやおりものケアは膣内洗浄インクリアがおすすめ

インクリアは、乳酸配合の弱酸性ジェルです。
この弱酸性のジェルを膣内に挿入して、デリケートゾーンのにおい・おりものを軽減する目的で使用します。

インクリアの詳細はコチラ

デリケートゾーン石鹸で性病は治療できるのか?

まずは、性病か確かめる

デリケートゾーンのかゆみは、カンジダ膣炎などの細菌感染によるかゆみ、乾燥によるかゆみがあります。なんだか痒いけど眠れないほどではないや、仕事でなかなか病院へ行けない、行くのが恥ずかしいときなどには、家で試せて、匿名でも検査ができる、検査キットがおすすめです。エイズや、梅毒、カンジダ、クラジミア、トリコモナスなどの検査ができます。1検査約4000円程からで、いろんな項目がセットでお得なものもあります。検体到着から約2日で結果が出ます。誰にも知られず、早く知れるのはうれしいですね。

早めの受診をしましょう!

検査キットの結果がマイナスでしたら、ひとまず安心ですが、プラスで判明した場合は、早めに医療機関を受診しましょう。プラスだったからデリケートゾーン専用の石鹸で対処しても、一時的な痒みはとれるでしょうが、根本的な改善にはなりません。細菌感染なら、抗菌剤、抗生物質の服用も必要となるからです。かゆみや炎症がひどくなる前に、また、パートナーに感染させないためにも、デリケートゾーンの治療をしっかり行いましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸は予防となる!

デリケートゾーンの専用の石鹸を使うことで、性病を治すことはできません。しかし、普段から、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことで、カンジダ膣炎などの性病の予防に繋がります。日常の中に、デリケートゾーンのケアを取り入れると、臭いもさわやかになり、女性のステータスもアップしますね。パートナーとのスキンシップもムードたっぷりな時間となるでしょう。

デリケートゾーン石鹸、迷った時はコレ!

現時点で黒ずみも気にしている方はイビサソープ

イビサソープは、脱毛サロンが開発したデリケートゾーン専用の石鹸ですがら、VIO脱毛したあとなら、断然イビサソープです。脱毛後のアフターケアとして、使えるのがイビサソープです。ホルモンバランスが崩れやすい妊娠中でも、生理中でも、かゆみやムズムズが気になったとき、いつでも使えますね。

イビサソープの詳細はこちら

イビサクリーム 公式

膣カンジダ中の方、カンジダになりやすい方、カンジダ予防にはKADASON(カダソン)

専門医が開発を監修して誕生したKADASON(カダソン)
膣カンジダは、生理前や妊娠中などの免疫力が落ちているときになりがちです。
仕事でストレスがたまると、カンジダになってしまうという女性はとても多いです。

繰り返すカンジダでお悩みの方は、KADASON(カダソン)を試してみるのが良いでしょう。

カダソン公式サイトは、下記になります。

お肌が弱く敏感肌の方は迷わずアンボーテ

超敏感肌で、すぐに荒れてしまう、オーガニックにこだわる派には、アンボーテがおすすめ。世界基準で認められていて、全てが天然成分なので、大変良品質な石鹸です。薬品が入っていないので、副作用の心配が全くないのがうれしいですね。彼とのスキンシップに積極的に、アプローチできますよ!

アンボーテの公式サイトはこちら

安い石鹸で、まずはデリケートゾーン専用石鹸を試してみたい方はジャムウソープ

中国の漢方薬のように、インドネシアに古き良き知恵がいっぱいつまったジャムウソープ。美容効果や保湿効果がある植物やハーブをふんだんに使用しています。約68gで約2000円ほどで購入できます。手軽な値段で、お試しするには最適でしょう。

ジャムウソープの詳細はこちら

イビサソープとアンボーテには違いがある?

イビサソープとアンボーテは、保湿効果がバツグンなのと、
赤ちゃんの肌にも使うことが出来てしまうくらい、
肌に優しいデリケートゾーン専用の石鹸です。

イビサソープの特徴は、6種類の潤い成分と5種類のビタミン成分で肌トラブルを改善します。

イソプロピルメチルフェノールが臭いを防いでくれます。

アンボーテ、フェミニーナウォッシュは、
成分の約半分がオーガニックにこだわったデリケートゾーン専用の石鹸です。

世界基準を達成し、認められています。
8種類のオーガニック成分が配合されていて、美容効果もアップします。

モチっとした泡が、しっかり皮膚に密着します。

イビサソープはトラネキサム酸で美白、
アンボーテはオーガニック成分で美容効果をもたらしてくれる、
というような違いがあります。

イビサソープは、28日間の返金保証がありますが、アンボーテにはありません。

ですがどちらも保湿効果が高く、
敏感肌にも使えますし、生理中でも使用出来るのがうれしいですね。

デリケートゾーンを清潔に保つ必要がある理由。清潔にしていない事で引き起こる病気やトラブル

デリケートゾーン臭いがキツイなと思った時に疑わしいアソコの病気は?

デリケートゾーンの臭いを伴うよくある病気は、細菌性膣炎です。

細菌性膣炎は、膣内の細菌バランスが崩れると起こる病気です。

加齢や疲れなどが要因でホルモンバランスが崩れたり、
免疫力が低下してる時には、起こりやすい病気です。

洗いすぎる事が原因で発症するとも言われていますが、
これが市販の普通の石鹸でのデリケートゾーンのケアの副作用でもあるのです。

なぜ、洗いすぎるといけないのか?

それは先ほどもご説明しましたが、
良い菌まで殺してしまう
悪い菌を殺し切れていない

その結果、
良い菌と悪い菌のバランスが崩れてしまうのがいけないのです。

消して、洗う事自体がいけないのではありません。
デリケートゾーン専用の石鹸でのケアが大切になります。

細菌性膣炎の症状としては、生臭い臭いが発生したり、
オリモノの色がグレイになったりかゆみを伴います。

治療は 抗生物質などの投薬治療などがあります。
臭いやおりものの状態に異変を感じたら
早めに産婦人科に相談する事をおすすめします。

デリケートゾーンの痒みが辛い時に疑わしい病気とは?

かゆみを伴う、デリケートゾーンの病気は、腟カンジダ症があります。

腟カンジダ症とは、膣内の常在菌であるカンジダ菌が、
免疫力が低下した時などに増殖する事で炎症が起きます。

長時間のナプキンを使用した時は、要注意です。
膣や膣内、または外陰部まで痒みが及ぶ場合もあります。

腟カンジダ症の痒みのほかの症状は、

  • オリモノの量が増える。
  • 白色、または酒粕やカッテージチーズのようなボロボロしたオリモノが出る
  • 外陰部の赤み

などがあります。

膣カンジダの治療には、腟内洗浄や、抗菌薬などの投薬があります。

腟カンジダのわかりやすい特徴は、痒みの発症です。
痒みが続いたら、婦人科を一度受診しましょう。

膣カンジダの直接的な治療は産婦人科に行くのが一番ですが、
予防という面でデリケートゾーン専用石鹸での普段からのケアはとても有効です。1111

膣カンジダは繰り返し発症するのが悩ましい膣の病気でもありますので、
カンジダにかかってしまった方や、繰り返すカンジダにお悩みの方は、

デリケートゾーン専用石鹸を一度使用してみて、
普段から菌のバランスを正常に保ち清潔な状態を心がけてみてください。

デリケートゾーンの病気のいろいろ

デリケートゾーンの病気には、他にどのようなものがあるのでしょう?

ヘルペス

ヘルペスは、身体中全体で起こるものです。
ヘルペスウイルスが陰部に感染して、起こります。

かゆみの他に、赤みに熱をもつように感じる灼熱感などがあります。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、トリコモナスという原虫が感染する膣炎です。

かゆみの他には、黄色のオリモノや臭いがします。

悪化すると、尿道炎にもなり、早めの対処が必要となります。

陰部を清潔にしていないと、毛じらみといって、
陰毛にシラミがつくこともあります。

毛じらみがつくと、強いかゆみが発生します。

対処法は毛を剃ってしまうかやはり、清潔にすること。
清潔するといっても、ゴシゴシ洗うのではなく、
締め付けがきつい下着をやめたり、ナプキンをこまめに変えたり、
専用の石鹸で洗うなど、デリケートゾーン環境を良くしてあげることです。