デリケートゾーン

デリケートゾーン陰部の黒ずみを消すのは何科を受診?即効性のある美容皮膚科・美容外科クリニックは【湘南美容外科】

目次

あそこのピーリングは危険?お肌の角質除去に使われるケミカルピーリングはデリケートゾーン陰部の黒ずみも消える?施術はしてくれる?

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、表皮に薬品を塗り、古い角質をはがしやすくし、肌のターンオーバーを促す施術法です。1990年頃からケミカルピーリングが流行し始めました。その当時、施術を受けた人からの苦情が相次いだため、2001年に、ケミカルピーリングの治療ガイドラインが制定されました。知識が豊富な専門医のもとで、施術を受けましょう。

ケミカルピーリングの効果は、肌のシミ、くすみ、ニキビ、毛穴の開きなど、お肌の悩み関して多くに対応しています。 ケミカルピーリングは肌に薬剤をつけて皮膚をはがす施術って聞くと、ちょっと怖いですよね。でも、そんな怖くないんですよ。ケミカルピーリングのやり方にはどのようなものがあるのか、またデリケートゾーンに施術ができるのか見ていきましょう。

ケミカルピーリングに使う薬剤の種類

ケミカルピーリングは薬剤を肌に塗布し、古い角質をはがし肌のターンオーバーを早め美肌効果がある美容法です。それぞれに合った薬剤の特徴をお伝えします。

・グリコール酸

グリコール酸の特徴は、水に溶けやすく肌の相性が非常によく、浸透力に優れています。リンゴ酸や、シトラス酸などのフルーツ酸の仲間でサトウキビ、パイナップルなど植物から抽出される薬剤です。ピーリング剤の中でも肌への負担が少ないとされていて、化粧品の材料としても、使われています。グリコール酸は、皮膚の細胞レベルで結合を弱め、皮膚をはがすだけでなく、コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分の生成を促し、肌にハリや弾力を取り戻します。ニキビやニキビ跡紫外線などによる、シミ効果的です。

・サリチル酸

サリチル酸は、水虫の白癬菌やイボウオノメなどの治療薬としても使われている酸です。サリチル酸のピーリングの効果は、シミやニキビ、ニキビ跡、美白、毛穴の黒ずみなど、幅広く使用されています。中でも美白効果に優れていて、アンチエイジングにも効果的です。

・コウジ酸、トリクロロ酢酸

トリクロロ酢酸は、肌の奥深くまで浸透するピーリング剤として使われていますが、肌にリスクがあることが、懸念されていました。そこへ、トリルクロロ酢酸とコウジ酸を配合することにより、肌への負担が軽くなり、より効果がアップしました。コウジ酸は、こうじ菌から抽出された薬剤です抗炎症作用や美白効果があり、紫外線によるシミやたるみ、しわ、妊娠線にも最適です。

・乳酸

グリコール酸で皮膚を除去し、乳酸でニキビ跡を目立たなくするというダブル扱いをすることがあります。乳酸はフルーツ酸の1種で敏感肌の人や、他の薬剤が合わなかった人にオススメです。特に、ニキビ跡の色素沈着やシミなどに、適しています。

では、デリケートゾーンの美白には、どのような成分が適しているのか、見ていきましょう。

デリケートゾーンの美白には、これ。

デリケートゾーンの黒ずみは、長年の間、メラニンの色素沈着が続いているということが多くあります。美容皮膚科や美容外科では、デリケートゾーンのピーリング効果のある薬剤として、ハイドロキノン、レチノイン酸を用います。

ハイドロキノンの美白効果は高く、メラノサイトから分泌される、色素沈着の成分チロシナーゼを、抑制する働きがあります。チロシナーゼを抑制することにより、黒ずみの元を断つということです。市販でも配合されているクリームがありますが、リスクがあるという面からも、医師の診断のもと使用することをおすすめします。

レチノイン酸は、ビタミンA誘導体です。もともと、人の血管の中に、ごくわずかに流れている成分でもありますので、アレルギー反応は少ないでしょう。古い皮膚を剥がし、皮脂をを抑え、コラーゲンとの結び付きをよくしますので、ふっくらとハリのある肌へ導きます。

デリケートゾーン陰部、脇など皮膚の黒ずみに効果のあるレーザー治療とは?インティマレーザーって何?整形や手術と一緒なの?

レーザー治療、メドライトC6とは?

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるレーザー治療には、メドライトC6です。レーザートーニングの中でも比較的弱いパワーのレーザーで、ムラなく均一にメラニンにアプローチし、メラニン色素を破壊します。デリケートゾーンの周りの皮膚に効果的です。

施術時間は、約15分くらいです。料金は、1回15000円~25000円と、治療が受けやすい値段です。保険適用ではないのでご注意ください。痛みは、輪ゴムで弾かれたような、パチンというような痛みがあります。痛みの感じ方には、個人差があります。

インティマレーザーとは?

デリケートゾーンの黒ずみの改善する方法の一つに、インティマレーザーというのがあります。デリケートゾーンの黒ずみを除去する方法には、切除する、なんて方法もあります。切除する方法は、怖くてできない!そんな方に、おすすめは、インティマレーザーです。インティマレーザーは、大陰唇、小陰唇に作用します。

麻酔クリームを塗り、直接、色素沈着した大陰唇、小陰唇にレーザーを照射します。レーザーを当てると、組織が浮き出てきます。組織をガーゼで取りながら、色素が無くなるまであてることができます。すると回数も少なくすみますので、嬉しいですよね。熱さでやけど、なんていうリスクも少ないので、ぜひ、おすすめします。

デリケートゾーン陰部の黒ずみにレーザー治療をして逆に黒ずみにならないの?インティマレーザー後に股が黒ずみにならない為の自宅ケアは何をしたら良い?

インティマレーザー施術後の過ごし方は?

インティマレーザーの施術後、日常生活に支障はありません。ダウンタイムが約1週間ありますので、キツい下着や肌を擦るようなことは避けましょう。施術後、美容皮膚科からも処方されるところもあると思いますが、デリケートゾーンを保護するため保湿を行うことをおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみの要因の一つは、擦れ。擦れると乾燥し、肌のターンオーバーが乱れます。ターンオーバーが乱れると、生成されたメラニンが蓄積され、色素沈着になります。デリケートゾーンには、専用の石鹸やクリームを使うといいでしょう。

・ピュビケア オーガニック
フェミニン スポット クリーム
15mL 1,800円(税抜)

・フェミニン シフォン ソープ
全3種 各220mL 2,100円(税抜) 

どちらもオーガニックで天然由来成分100%と、体に優しく作られています。女性のデリケートゾーンの肌に合うように、弱酸性です。ソープは泡タイプで、ふんわりと柔らかい泡で、撫でるように洗うと、ゴシゴシせずに、汚れや角質を除去します。

・イビサクリーム

毎月1本集中ケアコース 29%オフ

通常価格7000円(税別)→4970円(税別)

イビサクリームは、美白成分配合のデリゾーン専用のクリームです。脱毛サロンが、デリケートゾーンの美白のために開発されました。美白だけでなく、保湿効果も抜群で大人気です。トラネキサム酸、グリチルリチン酸が美白成分で、お肌のコンディションを整える働きをします。

ホルモンバランスを整える

年齢を重ねると、年々ホルモンが減っていき、バランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると、肌の新陳代謝が低下し肌トラブルの原因となります。注目するホルモンは、エストロゲンです、エストロゲンは女性ホルモンで、皮脂のコントロールなどの働きをします。エストロゲンは、閉経後と共に、だんだんと分泌する量が減っていきます。エストロゲンによく似た成分は、大豆に含まれるイソフラボンです。イソフラボンは、美肌効果だけではなく、女性特有の病気にも効果的でおすすめです。

生活習慣を見直すきっかけに!

生活習慣の乱れも、肌トラブルの原因となります。普段の行動や食生活が乱れると、肌のターンオーバーが乱れ、デリケートゾーンの黒ずみも発生してしまいます。締めつけのきつい下着やかゆみなどの擦れ、石鹸でゴシゴシ洗うのもタブーです

食生活では、ビタミンCやビタミンAが有効的です。ビタミンCは、メラニンの生成を抑える働きなどがあります。ビタミンAは美肌効果があり、ハリや潤いを与えてくれる成分です。ビタミンCの多い食べ物は、赤ピーマン、アセロラレモンなどの柑橘類メールなどがあります。ビタミンAは、豚肉、豚肉や鶏肉の肝臓、玉露のお茶、うなぎ、しそやモロヘイヤなどにふくまれています。

施術をきっかけに食べ物だけでなく、運動やストレッチなど、体のストレスも発散することを、心掛けるといいでしょう。ストレスも肌トラブルの要因ですので、楽しいことを見つけることも大事です。

デリケートゾーン陰部の黒ずみにインティマレーザーは脱毛にも効果があるの?

脱毛には効果なし?

インティマレーザーは、陰部の黒ずみに効果はありますが、脱毛に効果がある、というような情報はありません。インティマレーザーは、陰部の黒ずみや膣の筋肉の緩み、尿漏れなど、女性特有の悩み、女性器の形成に特化しているレーザー治療です。

確かに脱毛も陰部の黒ずみに効果があるでしょう。インティマレーザーは、毛が生えているところの黒ずみを除去するのではなく、大陰唇、小陰唇の黒ずみに効果がありますので、脱毛に効果があるとはいえないでしょう。デリケートゾーンの脱毛には、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

医療脱毛のおすすめは?

湘南美容外科では、医療脱毛を推奨しています。医療脱毛は、レーザーの出力技術が高く、時間が短く安全に処理することができます。デリケートゾーンの脱毛コースは6回で5万8000円(税込)。

デリケートゾーンのレーザー脱毛は毛が太いということもあり、痛みを伴うことが多いですが、医療脱毛なので、痛みがある時は麻酔を使うことが可能です。お試しコースもありますので、初めての方でも、安心して受けて頂けるでしょう。

湘南美容外科の脱毛レーザーの種類

アレキサンドライトレーザーは、美容外科やサロンなどで、よく使用されているレーザー機器です。湘南美容外科でも、非常によく使われています。特徴は、レーザーが深部まで行き届き、太い毛でも脱毛が出来るということです。冷却ガスを出す機能が付いていますので、毛が抜ける感覚を麻痺させて、痛みを和らげる働きをします。少しでも、痛みを軽減させるために作られています。色黒の人や、日焼けがひどい人には、過剰にレーザーが反応してしまい、肌を傷つけることがありますので、オススメできません。

ウルトラ美肌脱毛は、即効性はありませんので、3、4回は脱毛する必要があります。徐々に脱毛を実感し、美肌効果が望める脱毛レーザーです。肌が明るくなったり、つるつるになったりする効果があるという口コミが多くあります。こちらも日焼けした人にはオススメできません。

メディオスターNext Proは、レーザー光が黒色に反応する、ということはないレーザー機器です。日焼けや色黒の方も使用できます。痛みや施術後のリスクが低く、鼻毛などの粘膜の毛にも使用できます。バルジという発毛因子に直接アプローチし、毛根から熱破壊をするので、痛みは軽減されます。

【湘南美容外科】で黒ずみを改善するインティマレーザーが受けられる!費用、回数、期間は?

インティマレーザーの費用や回数は?

インティマレーザーの黒ずみ除去が出るきる部位は、大陰唇、小陰唇、乳輪

で1回1部位につき、98000円(税込)です。大陰唇は3回、小陰唇は1回で効果がでてくるでしょう。個人差がありますので、これには限りません。

施術時間は10分~15分で、仕事や子育てなど、忙しい方にも負担なくうけられますね。デリケートゾーンの黒ずみの美白効果には一ヶ月に1回の間隔をあけましょう。ダウンタイムは、1週間ほどで、個人差がありますが、 赤みなどがでることがあります。

アフターケアがしっかり!

湘南美容外科では、デリケートゾーンの施術の場合は、女性スタッフが対応しています。出産経験があるないにもかかわらず、年齢にも伴わず、女性特有の悩みに、しっかりとしたカウンセリングで対応しています。

予約をすると、まずカウンセリングがあります。専門のドクターのカウンセリングの後に、女性のカウンセラーが説明してくれます。男性のドクターには聞けないことを、女性のカウンセラーに聞くことで安心を得られます。安心して手術を受けるためには、とても重要なことだといえます。

術後のアフターケアは無料というのもうれしいですね。しばらく経って、施術箇所が気になりだしたことや、不安になったこと、いつでも相談できます。

インティマレーザーの注意事項は?

インティマレーザーを受ける時の注意は、デリケートゾーンの黒ずみの処置をする場所に、傷跡がある場合はできません。慢性的な痛み、イボやヘルペスなどの感染症がある場合はできません。産後1ヶ月は、デリケートゾーンが敏感になっていて、感染症が起きやすいです。検診で許可が下りてから施術をしましょう。

デリケートゾーン陰部の黒ずみを消すのは何科を受診?即効性のある美容皮膚科・美容外科クリニックは【湘南美容外科】まとめ

いかがでしたでしょうか。デリケートゾーンの黒ずみの悩みは、誰に相談すればいいかと困っている方は、美容皮膚科も選択肢にいれましょう。美容皮膚科は、治療のバリエーションや、治療実績があります。治療代は高いですが、高い効果が望めますのでおすすめです。

膣周りが衰えると、気分も落ち込みがち。自分では、無理と思われる方は、ぜひ、医療機関をご利用くださいね。キレイに仕上げたい方も、おすすめです。