デリケートゾーン

陰部の黒ずみを即効で治す。デリケートゾーンの黒ずみ(色素沈着)をホワイトニング出来るって本当?何科を受診すれば良い?

【デリケートゾーンの黒ずみ】デリケートゾーンの専門病院は産婦人科(婦人科)を受診すれば良い?

産婦人科でも診察OK。

デリケートゾーンの悩み、どこに行ったらいいのか、迷うことってありますよね。デリケートゾーンの黒ずみも、産婦人科、婦人科で受診できます。デリケートゾーンの悩みは、性病などの病気が隠れていることがありますので、産婦人科婦人科を受診することをおすすめします。かゆみや赤みなどがある場合は、膣洗浄の処置をしてくれる場合がありますので、1度は受診してみるといいでしょう。ホルモンバランスが崩れの場合、ホルモン療法としてピルが処方されます。

産婦人科の、診察台が嫌な方もおられるでしょう。もちろん、女性の先生もおられますので、行く前に確認をすることをおすすめします。診察台には、腰のあたりからカーテンで仕切りをしているので、恥ずかしくはありません。

デリケートゾーンの黒ずみの要因

デリケートゾーンの黒ずみの要因は、きつい下着やズボンなどで皮膚が圧迫され、皮膚の摩擦がおきること。または、ホルモンバランスの崩れなどがあります。妊娠を経験すると、ホルモンバランスが乱れますので、黒ずみが濃くなりますよ。出産後に、同じ産婦人科で、デリケートゾーンの黒ずみの相談をする方も、おられます。

デリケートゾーンの黒ずみで診察を躊躇する必要はありません。産婦人科婦人科の先生も何100人何1000人という患者さんを、見てきているのです。ということは、何100、何1000という悩みもあり、デリケートの黒ずみで悩んでいるのは、あなた1人ではないということ。

黒ずみよりも、臭いに気をつける

産婦人科で、産科医が気にかけることは、「臭い」です。臭いにも個人差がでてくるもの。自分の臭いには、気づいていない人も少なくはありません。指摘されて気付くことのほうが、多いでしょう。

デリケートゾーンの臭いがする病気に多いのは、カンジダ症です。カンジダ菌は、体中にいる常在菌です。陰部は酸性で、常在菌のバランスを保っています。ストレスや生活環境などにより、免疫力が低下すると、常在菌や雑菌が増殖します。膣内では、特にカンジダ菌が増殖し、カンジダ膣炎をおこします。治療は、錠剤などの投薬治療が行われます。

【デリケートゾーンの黒ずみ】産婦人科と婦人科の違いは?

産婦人科は周産期医療

産婦人科は、周産期医療を中心に、診療しています。赤ちゃんを授かりたいとき、授かった時、出産、産後の母体、新生児の医療です。

1960年代以前は、産婆さんといわれる、いわゆる助産院での出産が確立されていました。もちろん、いまでも助産院で産婆さんとして、妊娠、出産に力を注いでいる方々が、たくさんいらっしゃいます。経済が発展していく中で、医療も発展をなしていき、戦後から病院での出産、というのが確立され、今日の周産期医療が浸透していきました。

いうなれば、婦人科から産婦人科に分かれた、独立したということになります。産婦人科の特徴は、産婦人科医、看護師、助産師、産科内科医といった、チームで妊婦さんの体や心のケアをします。チーム一丸となり、妊娠出産という奇跡をおこせるように、バックアップしているんですね。

婦人科は妊娠以外の診察

産科婦人科を標榜していたら、お産も診察しますが、婦人科のみの場合は、妊婦さんは診察しません。女性特有の子宮周りの病気、生理不順、更年期障害、卵巣卵管などの病気を診察します。

陰部の黒ずみも相談しても大丈夫です。デリケートゾーンの悩みは、どんなことでも、相談にのってくれます。なんで、一人で悩んでたんだろー早く相談すればよかった!と後で思うはず。産婦人科は、待ち時間がありますので、デリケートゾーンの悩みは、婦人科をおすすめします。

治療するなら、まずは塗り薬

婦人科産婦人科で、デリケートゾーンの黒ずみを治療するとなると、塗り薬を使うことが多いでしょう。「ハイドロキノン」「トレチノイン」です。2つとも、美白成分配合のクリームです。ハイドロキノンは、黒ずみの正体であるメラニン色素の生成を抑えます。トレチノインは、肌のターンオーバーを早め、皮膚の入れ代わりを促進させ、メラニン色素で黒くなった角質を、排除させます。即効性が低く、変化がわかるには、約3ヶ月ほどかかります。

ハイドロキノン、トレチノインの詳しいことは、コチラを参考にしてください。

【デリケートゾーンの黒ずみ】デリケートゾーンのトラブルは皮膚科でも診てもらえるの?

皮膚科の診療範囲

皮膚科は、皮膚の表面として、見える範囲の皮膚を治療します。例えば、唇では、見える唇は診察しますが、裏に返した唇の粘膜は診察しません。ニキビができるTゾーンの皮膚は診察しますが、鼻の中の粘膜は診察しません。 耳鼻科の領域ですね。

デリケートゾーンの黒ずみは、皮膚の表面ですので、皮膚科で診療可能です。皮膚科では、皮膚を診察するので膣の中の診察はしません。

産婦人科の、診察台がどうしても恥ずかしいという方や行きづらいと感じた方は、 皮膚科にいきましょう。デリケートの黒ずみには、様々なプロセスがありますので、その黒ずみに対し処置をしてくれます。

美容皮膚科でも対応可能

美容皮膚科でも対応しています。美容皮膚科は、綺麗になりたい悩みのエキスパート。デリケートゾーンの黒ずみに悩んでる方、多いですよね。ホルモンバランスの変化や年齢を重ねると、少なからず黒ずんできます。それが、周りと違うと気になりますよね。美容皮膚科では、塗り薬の他に、レーザー治療やケミカルピーリングなどもあります。

レーザー治療は、美白効果と潤いを与えることもできるので、デリケートゾーンのアンチエイジングができます。ケミカルピーリングは、薬品の角質を溶かすメカニズムを利用し、古い角質を除去します。肌が生まれ変わるターンオーバーのサイクルを早め、美肌効果を促進します。これらは、保険適用ではないこともありますので、試す前に、確かめておきましょう。

決めては、アフターフォロー

皮膚科に行くか、美容皮膚科に行くかは、アフターフォローも確かめておきましょう。皮膚科は、一人の患者に対し、診療時間は約15分が目安です。対し、美容皮膚科は、平均約1時間の完全予約制というところが多いです。デリケートな悩みですから、プライバシーもしっかりしているなら、なおいいでしょう。カウンセリングも、親身になってくれると、安心して治療に専念できます。

敏感な場所だからこそ、医師とじっくり話をして、納得した医療機関を選びたいものです。

【デリケートゾーンの黒ずみ】即効で脇やデリケートゾーンの黒ずみ除去整形する。婦人科形成、デリケートゾーン外来って何をするところ?

デリケートゾーン全般のエキスパート

婦人科形成とは、デリケートゾーンの悩みに寄り添う、美容外科です。女性器の形、色、臭いに至るまで、デリケートゾーンにコンプレックスをもっている方が受診するのが、婦人科形成です。デリケートゾーンには、定義がないこともあり、千差万別です。だからこそ、人と違うと悩むんです。そして、婦人科形成の特徴の一つに、理想のデリケートゾーンに近づけてくれるというのもあります。

・小陰唇が左右非対称

・大小唇、小陰唇の黒ずみ

・膣の筋肉の緩み、乾燥

・尿漏れ

・性交渉に痛みなどの支障がある

・処女膜の再生

などの相談ができます。お風呂に入ってるとき、膣にお湯が入ることはありませんか?心当たりがある方は、膣が緩んでいる可能性があります。そんな時、どのような施術方があるのか、お伝えします。

どんな施術をするの?

今回は、湘南美容外科の婦人科形成による施術例を、例に上げてみましょう。

・小陰唇縮小術

局所麻酔 手術時間約30分

黒ずんだ小陰唇を切除します。大きすぎると、下着に擦れ、色素沈着になります。また、恥あかがたまり、臭いの元になります。左右差をなくし、見た目もキレイになります。抜糸がないので、翌日からシャワーもできます。

・陰核包茎術

局所麻酔 施術時間は約30分で臭いが気になる方や、性交時に痛みがあるという方におすすめです。クリトリスを覆っている皮を切除します。よごれが取りやすくなるため、臭いが軽減します。

・副皮除去術

左右の違いを見ながら、キレイに整えます。小陰唇と大陰唇のあいだにあるヒダです。支障はないですが、なくても問題ありません。

・会陰部贅皮切除術

膣口から肛門までを会陰部です。出産で約半数の人が避けてしまうという部分です出産後避けてしまった部分を縫い合わせますが、綺麗に治るという保証はありません中にはいびつな形のままになってしまう方も多いのですその様な方におすすめの手術方法です

・大陰唇のたるみとり

加齢などにより、大陰唇にたるみが生じます。そのたるみを除去することで、ハリがでて、アンチエイジングこうかあります。

・膣壁形成術

産後の膣の緩みを、解消したい方におすすめ。膣の入口から奥まで引き締めることができますので、性交時の感度もアップします。

体験談のクチコミを紹介。

施術例のほとんどが、局所麻酔ですので、日帰りでできます。体に吸収される医療用の糸を使っていますので、抜糸をする必要はありません。シャワーもすぐにできるのは、嬉しいですね。

体験談のクチコミをみると、

·初めはこんな手術する人がいるのかと思った

·理想のデリケートゾーンにして貰えてよかった

· 体験談をみて、婦人科形成を尋ねた

·一人で悩んでいたが、コンプレックスもなくなり、受けてよかった

など、プラスになるクチコミが多くあります。満足度が高いというのも頷けます。効果がなかったという方も、実際に、おられます。紹介した湘南美容外科では、術後のアフターケアでのフォローがしっかりしていますので安心です。満足度が高いのもわかりますね。

陰部の黒ずみを即効で治す。デリケートゾーンの黒ずみ(色素沈着)をホワイトニング出来るって本当?何科を受診すれば良い?まとめ

いかがでしたでしょうか。デリケートゾーンの黒ずみの悩み相談は、婦人科、産婦人科、皮膚科、いずれも相談することができます。他にも美容皮膚科も診療が可能です。特に美容皮膚科は、女性が綺麗になる事をコンセプトに、しているところが多いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみには、市販で販売されているものを使うこともオススメしますデリケートゾーン専用の石鹸や美白クリームも販売されていますので、かゆみなどの症状がなければ、まず、そちらでお試ししてみてもいいかもしれません。デリケートゾーンの黒ずみは、期間が長いとなかなか改善されにくいので、早めにケアをしましょう。