デリケートゾーン

陰部のニオイもかゆみも気にならなくなった!【アンボーテ フェミニーナウォッシュ】の口コミと効果は?

女性なら、一度は悩んだことのあるデリケートゾーンのニオイ。

原因は、陰部の洗い方にあるってご存知でしたか?(まれにあそこ自体洗いきれていない方で、陰部の垢、つまり恥垢(ちこう)がたまり、ニオイを発生する方もいらっしゃいます。)

市販で売られているボディーソープは、お肌が必要としている油分までおとしてしまい、それを補おうとして過剰に皮脂が分泌され、ニオイの原因になってしまいます。

アンボーテフェミニーナウォッシュは、ボディーソープで洗い過ぎてしまい乾燥したあそこのニオイやかゆみをオーガニックを原料とした天然由来のハーブで、泡立ててやさしく洗うことで保湿し、デリケートゾーンのニオイ、かゆみのトラブルを解決します。

デリケートゾーン専用ソープ、【アンボーテフェミニーナウォッシュ】はパッケージのデザインもとても可愛く、お風呂場に置いておいても違和感ありません。ケアは毎日続けることが大事なので、旦那、彼氏、友達にもバレずに済みます。

ここでは、私たち瞳と希子で【アンボーテフェミニーナウォッシュ】を紹介すると共に、市販のボディソープとの違いを紹介していきたいと思います。

ちょっと長くなってしまいますが読んで頂けたら、これからボディウォッシュを購入するに辺り乾燥させない為に気を付けるべきポイントが分かると思いますので、ぜひ読んで頂けたら嬉しいです。

市販のボディソープを陰部に使わない方が良い理由は?

瞳:デリケートゾーンは市販のボディソープを使わず、シャワーのお湯のみで洗うっていつ知った?デリケートな場所だけど、お湯でしか洗えないって汚いと思わない?

希子:分かる!お湯でしか洗えない方が、よりニオイがしそうな気がして、私ボディソープで洗っちゃってるんだよね。。

瞳:私もボディソープ使っちゃってるんだけど、早く洗い流さないとしみるし、あそこがジンジンして痛くなるんだよね。

希子:一緒一緒!やっぱり痛いし、しみる感覚あるよね。早く洗い流せば良いと思ってたから、とくにトラブルもなかったんだけど乾燥はすごいしている感覚はあって、たまにかゆくなることがあったんだ。アンボーテ使ってみて、やっぱりデリケートゾーン専用の石鹸使った方が良いんだって感じた。使用後のあそこの肌のつっぱり感が全然違うもん。

瞳:でもいまいちアンボーテと市販のボディソープの違いが分からないんだよね。市販のボディソープは何であんなにあそこがしみて痛いんだろう?

希子:私ちょっと調べてみたよ!

市販のボディソープ、石鹸で陰部を洗うとあそこが痛くなる、しみるのは何で?

一番に多いのは、単に洗いすぎが原因です。

「陰部がかゆい、痛い」と婦人科を受診した際、「生理はいつ来ましたか?」「かゆみはいつからですか?」「かゆいと感じたとき、何か思い当たるような原因ってありますか?」と聞かれます。生理はいつきましたか?の問いは婦人科を受診するとだいたい聞かれることなのですが、かゆみがいつからか、かゆみが出る前に何かしたか、ということがこの時とても重要なことになってきます。

この際、「ボディソープ(石鹸)で陰部を洗いました」と言ったとしたら、病院の先生はすぐに「陰部は石鹸を使わず、シャワーのお湯のみで優しく洗いましょう。」というでしょう。

何で石鹸であそこを洗うことを先生は勧めないのかと言うと、

・石鹸(ボディソープ)はアルカリ性で、人の肌は弱酸性と言われています。肌表面は表皮ブドウ球菌という善玉菌に被われており、皮脂、皮膚のカスをエサにして弱酸性の脂肪酸を産み出し、これが皮脂となって肌の表面にうるおいが保たれるようになっています。

弱酸性の肌に、アルカリ性である石鹸を使うことにより、肌が一時的にアルカリ性に傾きます。あそこをボディソープで洗うとつっぱるような乾燥する。というのは、肌がアルカリ性に傾き、皮脂を余分に取り除いてしまっているからなのです。

ニオイや汚れが気になるからと、デリケートゾーンを石鹸でのゴシゴシ洗いをするのは禁物です。デリケートゾーンを洗う際は市販のボディーソープ(石鹸)で洗わずシャワーのお湯のみで洗うというのが、デリケートゾーンを洗うのに十分なんです。

瞳:じゃあさ、お肌の表面が弱酸性なら、ビオレの弱酸性ボディソープならあそこに使っても大丈夫なの?

希子:確かに!ならそこも調べてみるね。

お肌が弱酸性なら、弱酸性のボディソープや石鹸はあそこに使っても大丈夫?

アルカリ性の石鹸であそこを洗うとかゆくなり、しみたり、ニオイがきになる。ということで、弱酸性同士なら、陰部のかゆみやニオイがきにならなくなるんじゃない?という疑問が出てくるわけですが、弱酸性だからと言って薬局で弱酸性ボディソープを購入し、陰部に使う前に知って頂きたいことがあります。

弱酸性ボディソープ(石鹸)のパッケージに「お肌に優しくて安心」「赤ちゃんにも使える」という謳い文句で購入し、いざあそこに使ってみたら。。。「ん?弱酸性なのに何だかお肌がつっぱる。しかも、前使っていた石鹸と変わりが分からない。」という始末。

単純にアルカリ性石鹸と弱酸性石鹸を比べると、確かに弱酸性石鹸の方が汚れを落とす力が弱いのですが、ボディソープなので「汚れを落とす」ということが目的。ですので、弱酸性石鹸の洗浄力を補う為に、界面活性剤が市販の弱酸性ボディソープにはふくまれています。

界面活性剤は簡単に言うと、水だけで油汚れは落とせませんのでそこを界面活性剤という物質を使って油汚れもキレイに落ちるようにしているのです。

なので、弱酸性のボディソープをあそこに使うと洗いすぎてしまい、あそこが乾燥してかゆくなり、下着との摩擦で乾燥から肌を傷つけてしまい、かゆみから痛み、シャワーの刺激も痛く感じてしまいます。

ですので、人の肌は弱酸性だから弱酸性ボディソープならあそこに使っても大丈夫と考え、購入するのは待って欲しいなと思います。

余談になってしまいますが、界面活性剤は一体何者?ということで、調べてみたのですが、化粧品やシャンプーリンス、ボディソープ良く使われる成分で、化粧品の成分表をみてみると「界面活性剤(ラウリル硫酸Na…)や界面活性剤無添加、と書かれているのを見たことがあるとおもいます。

勉強が必要なところがまだまだありますが、分かったことだけ少しお話しようと思います。

界面活性剤とは何?

界面とは表面という意味です。

「界面活性剤」とは、先ほどと同じお話になってしまって申し訳ないのですが、水と油、混ざり合わない物質の間で両方に働きかけ、界面の性質を変え混じり合わせることができるようにする物質です。例として、ヘアケアシャンプーなどに使われる界面活性剤は水だけでは落とせない、ヘアスプレー、ヘアオイル、ワックス、皮脂などを包み込んではがしやすくするのです。

食器洗剤もそうですが、洗い物をした後に手がカッサカサにつっぱりますよね?水では落とせない、お皿についた油汚れを落とす為に界面活性剤が入っているから、汚れもキレイに落ちてお皿はピカピカになるのです。ですが、界面活性剤のおかげで肌は乾燥してしまいます。。成分を見て、合成洗剤となっているものは、界面活性剤が入っています。

よく界面活性剤は毒性か?!などと、紹介していますが、本当に毒だとしたら、あらゆる洗剤、化粧品など日用品全て使えなくなってしまいますし、既に皆さん病院行きになっていますね。界面活性剤は水では落としきれない油汚れを落とすのに必要な成分でもあるので毒性かどうか、界面活性剤について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

界面活性剤不使用!陰部も洗える、デリケートゾーン専用石鹸【アンボーテフェミニーナウォッシュ】の気になる成分は?

本当に長くて申し訳ないのですが、以上から、デリケートゾーンを洗えるボディソープ(石鹸)として好ましいのは、界面活性剤不使用で、同じく刺激物となるアルコールが入っていないアルコールフリーの商品を選べば、陰部も清潔にすることが出来ます。

そこで、デリケートなお悩みを解決する為に人気なのが【アンボーテフェミニーナウォッシュ】です。

陰部を洗うのに、過度に洗浄力を強くした界面活性剤、肌への刺激な心配なアルコールを配合したボディソープは必要ありません。

1.優しい洗浄力

2.優しい泡立ち

3.優しい保湿力

を兼ね備えた、オーガニック認証COSMOS基準をクリアした、日本初のデリケートソープ。配合されている成分の95%以上がオーガニッックで作られているアンボーテは、デリケートゾーンのお悩みを持つ女性の強い味方です。洗うことで保湿し、保湿することでニオイ、かゆみ、黒ずみ対策にもなります。繊細なデリケートゾーンをケアするための、オーガニックの花々のエキスが詰め込まれていて、使う度にバスルームにローズ、シトラスの香りが広がります。

もちろん、界面活性剤不使用、ノンアルコールそして、無着色、無鉱物油、パラベンフリー、旧指定成分無添加、ビタミンC、アレルギーテスト済です。

【アンボーテフェミニーナウォッシュ】の使用感を動画で紹介します。

あそこの動画を実際に出すわけにはいかないので、泡立てネットでアンボーテを泡立てて、泡の具合や使用感、実際の香りなど紹介しています。

【アンボーテフェミニーナウォッシュ】でデリケートゾーンのニオイ、かゆみ、黒ずみケア!効果的な使い方とは?

【アンボーテフェミニーナウォッシュ】のレビューと実際に使用した方々の口コミ、評価

私たちのアンボーテを使ってみた感想、お友達にも使用してもらい効果などの口コミを紹介していきます。

瞳: まず第一にパッケージがかなり可愛い。若い子や年配の女性にもあうデザインで浴室や洗面所において置いても恥ずかしくないですしインテリアとしても飾りたいくらいです。そして大切なポイントが誰もデリケートゾーン用のものだと気づかないということ。実際に本体の裏面にも《全身用洗浄料》と書いてあり、デリケートゾーンに関しては一切書かれていません。家族やパートナーと同居している人には安心です。

オーガニックで成分も肌に優しいけど、肝心の効果はどうなのか。

気になっている箇所はだいたい試してみました。ピンポイントで1、2箇所に使うときは2,3プッシュでもいいと思います。私は耳の裏から足の指まで全身しっかり使いたっかったので4~6プッシュ使いました。フェミニーナウォッシュもデリケートゾーン用にと思い試ししましたが実際使えるとなるとここも、ここもと匂いを発する場所は身体のいたる所にあると気づかされましたので、引き続き使用して悩みを根治できたかまたレビューします。

希子:陰部に直接使用してしみることもないし、泡パックのように数分つけ続けても問題がなかった。特に匂いが気になる生理中も匂いがおさえられ快適に過ごせたて、雑菌がおさえられたのか蒸れからくるかゆみもなくなったよ。あそこに使用するのに、オーガニックだからと言って、花の香りがするのはどうなんだろうと思ったけど、浴室に良い香りがする割には、陰部に使用した後は香りが鼻につくこともなく、洗いあがりのつっぱり感も一回で解消

されたよ。

お友達:デリケートゾーンのケアに関しては家族・恋人・配偶者には使用している事、悩んでいること自体知られたくありません。デリケートゾーン専用ソープと聞いて勝手に石鹸を想像していたので液状というところも驚きでした。液状ってどうなんだろうと思いましたが実際使ってみて泡立ちは石鹸と変わりませんし下手な石鹸よりよく泡立ちます。石鹸のように無駄に溶ける心配もないですし、湿気の多い浴室で外気に触れないのはデリケートゾーンに使う化粧品としても清潔で衛生面で安心できると思いました。私は使用する際に泡立てネットを使いました。なくても効果に影響はなさそうですが泡立てることで肌によりなじんで密着する気がしました。なによりも泡立てたほうがより香りを楽しめると思いました。ネットに出した瞬間、泡立てる前からアロマの香りがしっかりします。アロマ好きな私は毎回かなり癒されます。ラベルにはローズとシトラスと書かれていますがはじめはシトラス・ラベンダーの香りが強く、全体的にはオレンジ・レモンのような柑橘系の香りに感じました。作りこまれた香水のようなわざとらしい香りではなくオーガニックな自然なアロマの香りが気に入ったポイントでもあります。香りだけでなく成分もオーガニックにこだわっているようで赤ちゃんにも使えるということでしたので、夏場の首周りが蒸れて臭う二歳の息子にも使ってあげたいなと思いました。

お友達:日ごろ気になってはいたもののどうしていいかと悩んでいた下着の匂い。もともとおりものが多いほうでシートを使ってまめに交換してみたりいろいろ試しましたがやはり根源の改善にはなりませんでした。フェミニーナウォッシュを使って数日で匂いが薄くなってきたように感じました。もちろん数日で完全にとはいきませんが私には充分嬉しい変化です。調べてみてわかったのは市販の石鹸は洗浄力が強すぎ、洗いすぎにより良い菌まで洗浄してしまい、雑菌が繁殖して匂いのもとになるということ。気にしているからこそ清潔に!というかたは多いと思います。肌や匂いのことを考え、オーガニックで天然由来の成分を使用しているという点で少々高めの金額にも納得出来ました。

お友達:年齢も30代に突入し、女性にもあるという加齢臭がちょうど気になっていたので入浴後も香りがしっかり残り、足や耳など身体からアロマが香るのは幸せ気分でした。保湿の面ではヒザやスネのカサカサが気持ち和らいだかなと思います。乾燥の強い季節にはハンドソープとしても使ってみたいです。匂いをケアしながら保湿までしてくれるところは子育てや仕事に忙しく、時間に余裕がない人にピッタリだと思います。黒ずみに関しては数週間では若干くすみが薄くなったかな、、という程度です。ですがターンオーバーの関係もあり、継続して使えばさらに改善されるかもしれません。しばらくは使い続けまだ様子を見たいと思います。

【アンボーテフェミニーナウォッシュ】を最安値で購入する方法を教えます。

アンボーテお客様窓口にも寄せられる質問、Q&A

Q:お風呂場に置いてもいいですか?

A:お風呂場に置いてご使用頂いても大丈夫です。

ご使用後は、容器や置き場の水気を切り、通気性の良い場所に置くことをおすすめいたします。

Q:赤ちゃんにも使用できますか?

A:赤ちゃんのお肌でも使えるくらい、オーガニックにこだわりました。肌にやさしいボディーソープです。

Q:スポンジや泡立てネットを使っても良いですか?

A:実感して頂くために「泡立てネット」でのご使用をおすすめしております。

もちろん手でもご使用いただけます。

Q:生理中や妊娠中でも使えますか?

A:ご使用いただけます。

特に生理中は雑菌が発生しやすく、ニオイが強く発生すると言われておりますので、やさしくしっかりケアして下さい。

Q:アンボーテフェミニーナウォッシュは、楽天やamazonで購入出来ますか?

A:楽天やamazonでの商品は、使用期限が迫っている商品がほとんどです。

なるべく使用期限が長い新しい商品を提供したいので、公式サイトからの購入をおすすめしています。

Q:アンボーテフェミニーナウォッシュは薬局で購入できますか?

A:残念ながら、薬局では購入できません。通販限定商品となります。

Q:アン ボーテ フェミニーナ ウォッシュは店舗販売していますか?

A:店舗販売しておりません。通販限定商品となります。

Q:アンボーテフェミニーナウォッシュを定期便コースを解約したいのですが

A:お客様窓口の電話とメールにて、受け付けております。