デリケートゾーン

妊娠中、産前産後の陰部(デリケートゾーン)やバストトップの黒ずみケア方法とは?

妊娠中に陰部や乳首(バストトップ)が黒ずみや毛が濃くなる理由は?

妊娠すると、体に表れる変化

妊娠すると、心や体に様々な変化が表れます。風邪のような微熱やつわりといった吐き気、陰部や乳首の色が黒ずんできたり、肌荒れやシミなど肌にも影響することがあります。特に、黒ずみは、妊娠前より濃くなりますので、薄くなるのか心配する方も多いのでは。妊娠中に濃くなる黒ずみの場所は、特に脇、乳首、お腹周りと陰部の辺りです。

乳首が黒くなるのは、生まれたとき、目が見えにくい赤ちゃんのため。赤ちゃんの吸い付く力に負けないように、皮膚を強くするためということもいわれています。母親になるために、体が反応するんですね。医学的に、妊娠中に黒ずみを濃くするといわれているのが、ホルモンです。では、どのようなホルモンなのか、お伝えしましょう。

プロゲステロンが要因

妊娠すると分泌される重要なホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンです。
エストロゲンは、卵胞ホルモンともいわれ、排卵をコントロールしています。女性特有の丸みを帯びた体型を作ります。妊娠すると、受精卵が着床しやすいように、子宮内膜を増殖する働きをします。美肌効果があるホルモンとしても、有効的です。自律神経、骨、皮膚、脳を活性化することにも重要なホルモンなんですね。
プロゲステロンが分泌されるときは、高温期となり、基礎体温を上げます。プロゲステロンが多く分泌されると、月経前症候群のような、イライラや頭痛、腹痛などの症状が出ます。排卵を促す作用があり、妊娠すると、胎盤から分泌され、出産まで子宮環境を良好に保ちます。

妊娠中のホルモンが原因

妊娠中の悩み、陰部や乳首の黒ずみの原因はホルモンにあります。妊娠中に分泌されるホルモンは、メラノサイトを刺激してしまいます。刺激されたメラノサイトから、メラニン色素を促進することで黒ずみがより濃くなってしまうんですね。
普段から黒ずみになりやすいところから濃くなります。なので、陰部や乳首が黒ずみやすいということになります。でもそれは、外部から母体を守るという意味もあります。元気な赤ちゃんを産むために、自然に備わった、体の防御反応だともいえますね。

【デリケートゾーンの黒ずみ】妊婦になるとお腹やおへそ周りに目立つ黒ずみや真っ直ぐなくろい線正中線って何?

正中線とは、うまれつきにあるもの

お腹が急激に大きくなって表れる、ひび割れたような妊娠線とは違います。正中線は、妊娠してお腹が大きくなり始めると表れる、胃の上部辺りから恥骨辺りまで、縦に伸びた直線のことをいいます。正中線は、生まれながらにみんな男女ともにあります。お腹だけでなく、背中にも頭から仙骨まであります。お腹にいる赤ちゃんはき、細胞分裂をして成長します。細胞分裂を繰り返し、だんだんヒトになりますよね。その細胞分裂の名残が、正中線です。細胞分裂の中でも、1番最初の分裂の名残なんですね。神秘を感じます。
普段は目立ちませんが、妊娠でお腹が大きくなることで皮膚が伸び、目立ちやすくなります。必ず出るわけではなく、個人差がありますが、大体妊娠5か月から、6か月くらいに出る方が多いでしょう。

ホルモンの影響

正中線が目立つのは、ホルモンの影響があります。妊娠すると分泌されるホルモンが、メラニン色素を刺激するとお伝えしましたね。メラニン色素がこくなると、お腹周りの体毛も濃くなりますので、正中線も目立ちます。
出産後は、目立たなくなりますので、安心してください。正中線には、人それぞれありますので、いくつかクチコミを紹介しましょう。

正中線がでてきたときのクチコミ

・妊娠初期は気づかないくらいだったのが、妊娠5か月くらいから茶色の濃い線が浮き始めた。

・最初は薄らだったのが、予定日に近づくにつれ目立つように。とうとうおへそ周りは1cmくらい太い線ができていた。

・臨月が1番濃くなっている。

・臨月になると急激に、おへそから下の線が濃くなりました。

・正中線の出始めはうすかったが、月日が経つごとに、濃くなってきた。長さは変わらなかった。

・正中線の濃さが気になったので、クリームを塗ってましたが、変化なしでした。

正中線は、妊娠後期になればなるほど濃くなり、臨月が1番黒くなるんですね。妊娠線の予防クリームというのがあります。気になる方は一度お試しください。

妊娠中に出来るデリケートゾーンやバストトップの黒ずみと妊娠をしていないときに出来る黒ずみの違いは何?

加齢によるホルモンバランス

妊娠中のホルモン、エストロゲン、プロゲステロンは、無事に出産が終えるまでをサポートしてくれる、大事なホルモンです。妊娠すると、分泌されるホルモンの量から、妊娠中は黒ずみが濃くなるということでしたね。
加齢によるホルモンバランスが要因で、黒ずみの原因です。加齢になると、あらゆる体の新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが遅れます。年齢が高くなると、ターンオーバーは、20代の倍近く遅くなるといっても、過言ではないでしょう。特に閉経後は女性ホルモンが激減しますので、要注意ですね。

下着などの摩擦

妊娠していない時のデリケートゾーンの黒ずみの要因は、よくあるのが摩擦です。下着やパンティーストッキングの締め付けなどで摩擦が起き、表皮が乱れて乾燥します。乾燥した皮膚を守るために、メラノサイトからメラニン色素が促進されます。乾燥すると、ターンオーバーが乱れるため、メラニン色素で黒くなった角質は、入れ替わることができなくなります。蓄積された角質が黒ずみとなるんですね。
トイレットペーパーでの摩擦も注意しましょう。ゴシゴシすると、乾燥の元になります。女性はトイレに行く度にトイレットペーパーを使用しますので、特に優しく拭きましょう。お風呂でもゴシゴシ洗いは厳禁です。

カミソリによる除毛

デリケートゾーンのカミソリによる摩擦も要因の一つです。カミソリは皮膚を痛めてしまい、角質を剥がしてしまいます。乱れた角質から水分が蒸発し、乾燥を引き起こします。デリケートゾーンの毛の処理には、脱毛がオススメです。脱毛するとカミソリを使うことがなくなりますし、脱毛は頻回にすることがないので、皮膚を痛める回数が減る、ということになります。美白クリームを塗りやすくするためにも、脱毛がいいでしょう。
高額ではありますが、脱毛には、レーザー脱毛がおすすめです。脱毛といえば痛そうなイメージですが、痛みが少ないものもありますので、美容皮膚科か皮膚科でお尋ねください。

【デリケートゾーンの黒ずみ】妊娠中に目立つ黒ずみは、赤ちゃんが産まれてから自然に治るの?

ほとんどが自然となくなる

妊娠中の陰部や乳首の黒ずみは、ホルモンバランスが関係していますので、出産後にホルモンバランスが整えられると、ほとんどの黒ずみは自然におさまるでしょう。ホルモンのプロゲステロンは、胎盤から分泌されるホルモンですので、胎盤を後産すると、メラノサイトを刺激するプロゲステロンの分泌は減少します。
乳首は、赤ちゃんがおっぱいを飲む時、吸引される力により刺激を受けます。その刺激を受けますので、乳首の黒ずみが薄くなる時期は、卒乳後になるでしょう。

デリケートゾーンは残りやすい

デリケートゾーンの黒ずみは、産後でも残ることがあります。出産でデリケートゾーンの会陰部が裂けてしまったり、赤ちゃんを産みやすいように、あらかじめ切っておくことがあります。また、産後のオロでナプキンを使用することがあります。骨盤矯正するために、きつい下着をつける方もいらっしゃるでしょう。

傷を処置したり、下着やナプキンの摩擦により、デリケートゾーンの黒ずみはなかなか薄くなりにくいことがあります。妊娠中から、黒ずみ対策のクリームなどで、ケアをしておくことをおすすめします!

妊娠中に黒ずみケアをしよう!

妊娠中から、デリケートゾーンの黒ずみのケアをしておくといいでしょう。デリケートゾーンの黒ずみ対策には、デリケートゾーン専用の石鹸や美白クリームがあります。デリケートゾーンには、市販のボディーソープより、専用のものを使用すると、効果アップ!美白だけでなく、香りも種類がありますので、ぜひ、お試しください。市販のボディーソープでは、皮脂を取りすぎてしまう成分が配合されています。乾燥しやすいのでおすすめはできません。弱酸性で肌に優しいデリケートゾーン石鹸は、デリケートゾーンのために作られたものですので、肌トラブルを起こさず、安心してお使いいただけます。
美白効果がある、ビタミンAやビタミンCの入っている食べ物を食べましょう。アボカドやレモンなどの柑橘類はビタミンC、鉄分豊富なレバーはビタミンAが入っていますのでおすすめします!

妊娠中、産前産後の陰部(デリケートゾーン)やバストトップの黒ずみケア方法とは?まとめ

いかがでしたでしょうか。出産は、最高のデトックスともいわれるくらい、体質が入れ替わることもあります。また、妊娠中の正中線が濃くなれば男の子、薄く出れば女の子が産まれる、というような出産のジンクスもあります。嫌な正中線も、このようなジンクスがあれば楽しめますね。お腹の赤ちゃんに話しかけながら、お腹を美白クリームなどでマッサージしてくださいね。妊娠中の黒ずみは、出産後になると薄くなるということがわかれば、少し安心できるでしょう。妊娠中から美白クリームや保湿などのケアをしておきましょう。

妊娠中は、赤ちゃんの成長とママになる準備をする、期間でもあります。黒ずみによるストレスをためないように、気分よくケアをして、マタニティライフを満喫してくださいね。