デリケートゾーン

妊娠中に脇や陰部(デリケートゾーン)に安心して使える黒ずみクリームはある?

【デリケートゾーンの黒ずみ】妊娠中の黒ずみを出来るだけ美白薄くしたい場合、ドンキやマツキヨ市販で買える美白商品は使って大丈夫?

臭いも抑えたいなら、東京ラブソープ

東京ラブソープは、デリケートゾーン専用の石鹸として、愛用されている方が沢山います。ラブソープという名前から、彼とのスキンシップを深めるアイテムとしても人気です。東京ラブソープは、カミツレエキスやバイオアンテージなどの成分が配合されています。カミツレエキスは、消炎作用などがあるアロマオイルのカモミールと同じ成分です。カミツレの花、茎、葉全てから抽出されます。黒ずみの要因は、メラニンが生成されて、黒ずんだ角質が蓄積されます。カミツレエキスは、メラニンを生成する伝達物質、エンドセリンの働きを、止めることができます。メラニンの生成を元から止めることで、黒ずみが抑えられます。

バイオアンテージは、アロエなどから抽出された、植物由来の美白成分です。美白効果は、プラセンタと同じくらい高い評価です。アロエは、保水力が高い成分です。アロエから抽出されるバイオアンテージは、保湿効果がバツグンに高いので、コスメなどによく含まれています。効果が高い成分が配合されているので、東京ラブソープの人気が高いのが、よく分かりますね。

かゆみには、コラージュフルフル

コラージュフルフルは、デリケートゾーンの真菌や、細菌に効果があります。デリケートゾーンが痒みがある場合、掻きすぎて摩擦がおき、その摩擦が黒ずみとなります。肌への刺激を軽減してあげるのが、黒ずみの予防や悪化を防ぐことになります。デリケートゾーンには、細菌を防ぐ、自浄作用がありますが、体調が崩れたりして免疫力が低下すると、外部からの細菌が侵入しやすくなったり、デリケートゾーンの環境が悪くなります。

デリケートゾーンのケアをしっかり行うことが出来るコラージュフルフルは、美白効果は特にないですが、臭いを抑える働きがありますので、1度お試しくださいね。

通販なら、イビサクリーム

市販のものでもいいですが、通販のものもおすすめです。市販の美白商品も効果がありますが、通販でおすすめしたいのがイビサクリームです。イビサクリームは、デリケートゾーン専用のの美白クリームで、脱毛サロン会社が作りました。弱酸性で、トラネキサム酸が美白効果をもたらし、グリチルリチン酸ジカリウムが美容効果があります。2つの主成分が、デリケートゾーンの黒ずみにアプローチします。

医薬部外品で、副作用に怖がる必要はありません。植物由来の保湿成分が、しっとりとした肌に導いてくれます。初めての場合は、効果が見られない、肌に合わないなどがあっても28日間なら返金OKだから、安心ですよ。

【デリケートゾーンの黒ずみ】妊娠中の肌の黒ずみにデリケートゾーン専用ソープ、クリームを使うのはけた方が良い?

オーガニックなら使える!h4>

妊娠中もデリケートゾーンの黒ずみや臭いには気をつけたいものですよね。妊娠中デリケートゾーンを洗うとき、専用のソープを使うと良いでしょう。妊娠中は匂いにも敏感になりますのできつい香りのソープは避けた方がいいかもしれません自分が気に入った香りであるならば、使えば気分もリフレッシュされるでしょう。

オーガニックで作られているものは、特別な薬品を使ってないので、妊娠中でも使えます。天然成分の力で、美白効果や保湿効果が期待できます。

ボディソープは、デリケートゾーンには使わない

デリケートゾーン専用のソープとは、シャンプーやボディソープ、歯磨き粉というように、使い分けをする石鹸です。デリケートゾーン用のソープの特徴には、常在菌を流しすぎない、弱酸性、保湿効果ということにあります。ボディーソープでは、界面活性剤が配合されており、デリケートゾーンに使うと皮脂を洗い流しすぎてしまい、乾燥しますので注意しましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸は、全身に使うことができます。ボディソープで乾燥する方は、1度お試しください。デリケートゾーンだけでなく、全身の臭い黒ずみにも効果があると、口コミがありました。

ハイドロキノンとトレチノインは気をつける!

ハイドロキノンやトレチノインといった、デリケートゾーンの美白有効成分として配合されているクリームがあります。これらの成分は、胎児への影響や副作用が懸念されるため、妊娠中は使用を避けた方がいいでしょう。もちろん、授乳中もやめておくことをおすすめします。

病院で処方される美白クリームより、市販で販売されているハイドロキノンやトレチノインの含有量は低いです。非常にきつい薬品のため、肌がデリケートになっている時は、妊娠中以外でも使用を避けるべきでしょう。

【デリケートゾーンの黒ずみ】妊娠中の肌の黒ずみを改善するには何をしたら良い?

デリケートゾーンの摩擦を減らすこと

デリケートゾーンが黒ずんでしまう要因は、ホルモンバランス、乾燥、下着などの締め付け、ナプキンなどによる摩擦、色々あります。妊娠中は、検診でナプキンを使うことが多くなり、摩擦が起きる機会が増えます。湿って痒くなって描いてしまうと、また、摩擦がおきます。摩擦は、表皮が乱れ、乾燥しやすくなり、黒ずみを発生する環境を作ってしまいます。

締め付けると、血流が悪くなり、肌のターンオーバーも影響を受けてしまいます。妊娠中は、ホルモンバランスが乱れ、デリケートゾーンの黒ずみが特に濃くなります。それ以上濃くならないために、ゴシゴシ洗ったり、ティッシュでゴシゴシ拭くなど、摩擦を起こさないようにしましょう。

ジャムウソープを使ってみる

ジャムウソープのジャムウとは、インドネシアの天然ハーブのことをいいます。甘草のエキスや、美白効果が高いカミツレエキスも配合されています。パパイン酵素が入っているものは、角質を剥がしやすくし、抑毛効果もあるソープです。陰毛がゴワゴワしていては、汚れがつきやすくなってしまいます。

気を付けるのは、洗い方です。ゴシゴシ洗うのではありません。しっかり泡立て、デリケートゾーンの黒ずみに、泡を乗せて、3分~5分ほど泡パックして、黒ずみに浸透させます。その後、流します。カサつきが気になるときはは、ニベアやバイオイルなどで保湿することをおすすめします!バイオイルにも美白効果がありますので、ぜひ、お試しください!

食生活に気を配ること

妊娠中でもデリケートゾーンの黒ずみが気になるときは、ビタミンAの美白効果がある食べ物を食べるといいでしょう。妊娠中の鉄分を補うことができるレバー。レバーは、鶏でも牛でも大丈夫です。ちゃんと火を通してから食べてくださいね。レバーには、美白効果があるレチノールという成分があります。ヒアルロン酸を吸着させたり、血流をよくしたりする働きをします。血流をよくすることが、肌のターンオーバーを早め、古い角質は剥がれ、綺麗な角質が作り出されます。

食物繊維やミネラルもバランスよくとることで腸内環境もよくなり、より一層、黒ずみにアプローチしてくれるでしょう。

【デリケートゾーンの黒ずみ】妊娠中の肌の黒ずみを改善するのに気をつけた方が良い成分は

トラネキサム酸

妊娠中でも使用できるイビサクリームにも配合されている、トラネキサム酸。美白成分として配合されているコスメも沢山あります。人口的に作られたアミノ酸の中の1つで、炎症やアレルギーを抑える効果があります。肌荒れなどの湿疹やじんましんなどの治療薬として使われています。美容の分野では、メラニン色素の生成を抑制する働きをし、日焼けなどの炎症を抑える働きがあります。そばかす、肝斑などのシミにも抜群に効果が高いです。

トラネキサム酸は、メラニン色素を生成するときに分泌される、プロスタグランジンなどの伝達分質の働きを止めます。この働きにより、シミへの道を閉ざし、シミなどを予防してくれます。妊娠中で服用する場合はリスクがありますので、主治医に相談する必要があります。しかし、化粧品やクリームでのしようは、安全性が高いとされています。心配な方は、1度相談されてから、使用することをおすすめします。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは抗酸化作用がある成分です。ビタミンCは、酸化しやすい、なおかつ非常に壊れやすく、なかなか取り入れにくい成分です。そんなビタミンCを肌に浸透しやすくしたのが、ビタミンC誘導体です。水溶性ビタミンCがよくビタミンC誘導体として、化粧水などに含まれています。リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどと表記されています。ホスファターゼという酵素の働きにより、ビタミンCに変換され体に浸透し、効力を発揮します。

クリームなどに配合されているビタミンC誘導体は、ビタミンCに油分を結びつかせています。結合させることにより吸収率をアップさせ、効力を長持ちさせる性質があります。新陳代謝をアッさたり、皮脂のコントロールするような働きもあり、乾燥肌にはうれしい成分ですね。

アルブチン

黒ずみは、紫外線や外部からの摩擦などにより肌に刺激を与えられた時、肌を守るため、メラノサイトからチロシナーゼという物質を分泌します。メラニンとチロシナーゼとう酵素が結びつくことにより、シミや黒ずみが発生します。美白成分のアルブチンは、メラノサイトからメラニンと合成する、チロシナーゼを、抑制する働きをします。アルブチンの効果は、メラニン色素が沈着する前に、より高い美白効果が見られます。

出来てしまった黒ずみには、なかなか効果は得られないというような、口コミがありました。ですが、アルブチンとビタミンC誘導体を一緒に使用することで、美白効果が良くなるでしょう。美白効果に潤いを与えることにより、相乗効果が生まれ、美白効果が期待できます。ぜひ、諦めずにやってみて下さい。

妊婦さんのデリケートゾーン悩み。妊娠中に脇や陰部(デリケートゾーン)に安心して使える黒ずみクリームはある?まとめ

いかがでしたでしょうか。妊娠中でも、デリケートゾーンの黒ずみや臭いに悩みますよね。妊婦検診の度に不安になり、病院へ行くのも嫌になりますよね。そんな時に使ってみて欲しいのでが、ドラッグストアにあるデリケートゾーンの専用の石鹸です。天然成分が多いものを選びましょう。ボディソープ売り場にない、という時は、通路側や生理用品の棚を見てみてくださいね。市販は心配という方は、産婦人科の先生に訪ねてみるのもいいでしょう。

デリケートゾーンの悩みを聞にくいかたも多いのではないでしょうか。そんな皆さんに、ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。悩みが少しでも軽減されて、楽しいマタニティライフをお過ごしくださいね。