デリケートゾーン

【元エステティシャン瞳の美容コラム】デリケートゾーン陰部が黒ずみになる決定的な2つの要因と生活スタイル。

デリケートゾーンあそこの黒ずみ解消のカギはメラニン!陽に当たることのないデリケートゾーンが、メラニンで黒ずみになる理由。メラニンって何?

よく耳にすることがある『メラニン』。なんとなくはわかっていても詳しく知らない人も多いと思います。黒ずみの正体を知ることでお悩み解決の糸口にも繋がります。そのメカニズムを少し説明させていただきますね。

私たちが日中浴びている太陽の光には紫外線が含まれています。この紫外線を皮膚の浴び続けると皮膚の中にある細胞DNAが破壊されたり、皮膚がんの原因になったりします。そのような紫外線からからだを守るために皮膚の中でメラニンが作られるのです。ここまではよく知られている話ですがメラニンは紫外線のみによって作られるものではないんです。普段紫外線を浴びることがないデリケートゾーンが黒ずむのもそれが原因です。実は皮膚に刺激を与えるだけでもメラニンは作られてしまうんです。ムダ毛処理の際、カミソリで皮膚を刺激してしまったり肌が乾燥していて爪で掻きむしったときの刺激でもすべては皮膚を守るためにメラニンがつくられるのです。

肌は皆さんが思っている以上にデリケートなので日ごろから注意して扱ってあげましょうね。

デリケートゾーン陰部の黒ずみになる決定的な2つの要因は下着(パンツ)と自転車って本当?

刺激・摩擦によって黒ずみができることは説明しましたが原因解明の意外な盲点が普段何気なく身に付けている下着なんです。デリケートゾーンの黒ずみケアの為に下着を買い替える女性も少なくありません。いまいち納得出来ないという方も多いと思いますので、いち早く黒ずみを解消するためにもこの機会に是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

すべての下着が原因で黒ずみになるわけではありませんが一番重要なのは体型に合っていないということ。デリケートゾーン付近の肌を擦ったり、締め付けたりと摩擦や刺激を起こしやすく結果メラニンの生成を促してしまいます。

また日常的に利用することが多い自転車も実は原因の一つなんです。

厳密に言うと自転車に乗らなくても黒ずみは出来ます。自転車に乗ることで黒ずみが出来るスピードを早めてしまうということなんです。たまにしか自転車に乗らない人はそんなに気にならないかもしれませんが通勤や通学で日常的に乗る人はどうでしょう。少しでも黒ずみの原因を取り除き人は必見です。摩擦と刺激によって黒ずみができるという話はしてきました。ここまでよく読んで頂いたかたはもうお気づきでしょう。自転車をこぐという行為がまさにデリケートゾーンを刺激し続けるのです。下着に擦れることはもちろんですがサドルにより陰部が常に圧迫されますのでヒップ部分も全体的に黒ずんでしまう可能性もあるんです。

ひどい陰部の黒ずみに。黒ずみにならない為の下着選びとは?

では黒ずみになりにくい下着ってどんなの?

◎サイズが自分に合っている

締め付け=刺激です。特に下着はぴったりとしたものを選びがちですがゆとりを持った着心地の良いものを選びましょう。デザイン重視の下着も一緒です。レースなどの装飾が凝った下着は刺激になりがちです。布地が極端に少ないもの、ヒモ状のものなどVライン・Iラインに食い込むようなものは特に刺激が強いです。絶対にダメというわけではありませんのでそういったデザインの下着は普段使いせずにうまく使いこなしましょう。

理想的なのはデリケートゾーンをソフトに包み込むようなデザインの下着です。最近では女性用のおしゃれなボクサーパンツも出てきていますが黒ずみ対策にはまさにぴったりのデザインだと思います。

◎天然繊維でつくられている

肌にはもちろんですが、特にデリケートな部分に身に付けるものなので柔らかい布がおススメです。肌に優しい柔らかい素材の下着を選びましょう。具体的には

・絹(シルク)

・綿(コットン)

・麻(リネン)

・毛(ウール)などです。

これらの素材は通気性がよく、蒸れてかぶれたりすることも少なく、肌への摩擦・刺激になりにくいんです。

逆に良くない素材は薬品や石油を原料にして出来ている『化学繊維』です。有名なものとしては

・アクリル

・ポリエステル

・ポリウレタン

・ナイロン

・レーヨン  です。

自転車に乗ると陰部の黒ずみはひどくなる?黒ずみにならない為の服装選びと対処法

自転車を乗るときの刺激とサドルによる圧迫で黒ずみが出来ることは説明しましたが自転車で通勤・通学している人は自転車には乗り続けなければなりません。なにもケアせずに黒ずみを加速させるより黒ずみが出来ないよう予防しながら乗りませんか。ではどう対処したら良いのかお話していきたいと思います。

 もっとも有効で簡単なのは『立ちこぎ』です。完全に摩擦をなくすことはできませんがサドルによる刺激・圧迫はかなり減らせます。結構な運動になるのでヒップアップ効果や下半身の引き締め効果も期待できます。いきなり常に立ちこぎというのはなかなか大変ですが少しづつはじめてみてはいかがでしょうか。

 サドルにクッションのような圧迫から保護してくれるものを敷くのも効果的です。小さめのタオルなどでも良いですね。しっかりと対策したい人は競技用のレーシングパンツを履くのもおススメです。ヒップやデリケートゾーンのあたりにパッドが入っていて自転車の刺激を軽減してくれます。

 自転車に乗る前のケアで自宅で簡単にできるものがデリケートゾーンにワセリンを塗っておいて摩擦から肌を保護する方法です。デリケートゾーンの乾燥ケアにもなりますし一石二鳥!これなら手軽に出来ます。

いつもの生活スタイルが原因でデリケートゾーンが黒ずみになる理由。生活習慣と食生活の乱れはお肌のターンオーバーを乱す

肌に直接受ける摩擦や刺激が黒ずみの原因という話をしてきましたがまだ要因はあるんです。黒ずみケアを直接皮膚に働きかけてもなかなか効果が出ない人の為に次は身体の内側の話をさせて頂きます。人の皮膚は常に生まれ変わっているので本来であれば黒ずみが出来ても新しい皮膚が作られ黒ずみが薄くなるはずです。この肌の細胞の生まれ変わり、新陳代謝のことを『ターンオーバー』といいます。皮膚でメラニンが作られても通常はターンオーバーによって古い角質が上に押し出され垢となって剥がれ落ち体外に排出されます。しかし何らかの理由でターンオーバーが乱れてしまうとメラニンが正常に排出されずに体内に残ったり、メラニンが過剰に作られたりしてそれがシミや黒ずみとなって現れることがあるんです。

その理由というのが生活習慣と食生活に大きく関係しているんです。

毎日規則正しく生活するというのは本当に理想的ですが実行するとなるとなかなか難しいですよね。忙しくて睡眠時間が十分でなかったり、ストレスを溜め込んでしまったりという人も多いかもしれませんね。身体的な疲れもそうですが特に精神的な疲れは自覚せずに過ごしてしまっている人も多いようです。この疲労やストレスが溜まってしまうと肌にダメージを与えるだけでなくホルモンバランスまで崩してしまうことがあるんです。ホルモンバランスの乱れはターンオーバーの乱れに繋がります。刺激に弱いデリケートゾーンが真っ先に影響を受けやすいのです。

 また乱れた食生活もターンオーバーを乱します。食べものと肌は密接した関係にあります。私たちの肌は食べ物で作られているといっても過言ではありません。外食が多く野菜不足だったり油ものばかり食べていると肌への栄養も偏ります。肌に良い働きをしてくれる食べ物を積極的に摂ることで身体の内側からターンオーバーを整えることができるのです。

ターンオーバーを乱し黒ずみになるのは偏った食生活が原因?

ホルモンバランスの乱れの原因の一つに食生活の乱れがあげられます。食生活の乱れはターンオーバーの乱れに繋がると説明しましたが毎日の食事は皆さんの肌の新陳代謝に大きな影響を及ぼしているんです。食事の摂り方一つで肌質を向上させたり、肌荒れを解消出来るのですから栄養バランスがとれていない食事は肌へダメージを与えてしまうことがあります。

食生活を一度よく見直し、次の項目をチェックして見てください。多く当てはまる人は出来るところから改善を心がけましょう。

●食事の時間が決まっていない

●朝食を摂らない

●タバコを吸う

●インスタント食品やコンビニで食事を摂ることが多い

●ファーストフードをよく食べる

●甘いものが好き

●あまり水分をとらない

●コーヒーなどのカフェインを一日5杯以上飲む

食べ物や飲み物がに与える影響は想像以上に大きいのです。

ターンオーバーを促進する食べ物としてビタミンを多く含んだものを摂取することをおススメします。

ビタミンは新陳代謝を促進してくれるのです。

・ビタミンの種類

ビタミンA・・・豚肉・のり・かぼちゃなど

ビタミンB群・・・卵・大豆・レバー・かつお・まぐろ・バナナなど

ビタミンC・・・アセロラ・パセリ・青汁・ブロッコリーなど

ビタミンE・・せん茶・アーモンド・たらこ・筋子など

食べ物の栄養は腸から吸収され体中に行き渡ることで健康な肌と身体を作っているのです。

※肌は内臓をうつす鏡といわれるように食べ物と肌は密接した関係にあるんですね。

不規則な生活(昼夜逆転)・ストレスからホルモンバランスが乱れ、黒ずみになる原因になる理由は?

ホルモンバランスの乱れの原因は加齢もありますがそれに加え、代表的なものは不規則な生活とストレスです。不規則な生活とは主に睡眠不足ですが、これには昼夜逆転も含まれます。人は十分な睡眠によりその日のストレスを解消し精神的、肉体的疲労を回復します。肌にとっても同様でターンオーバーは寝ている間に行われます。そしてターンオーバーにおいてもっとも重要な『成長ホルモン』は主に寝ている時間に分泌されているといわれているのです。私たちの肌は寝ている間に生まれ変わっているのです。夜10時~2時くらいがターンオーバーが活発になる『ゴールデンタイム』といわれていますがこの時間に寝るのがどうしても難しいという人は、寝始めの3時間を熟睡できるように寝つきを良くする工夫をするといいそうです。睡眠不足が続くと疲労とストレスが蓄積され肌や身体の不調も起こります。ストレスは肌にダメージを与えるだけでなく、ホルモンバランスの乱れまで引き起こしてしまうのです。結果としてメラニン色素の生成を促し、ターンオーバーの乱れに繋がってしまいます。なるべく決まった時間にしっかり休み、質のよい睡眠をとることでホルモンバランスが整えられストレス解消と美肌効果をもたらしてくれるのです。

加齢により肌や陰部の黒ずみが目立つ理由とは?

黒ずみケアとして『新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促す』という話をしましたがその新陳代謝のついての話をします。

人の細胞は常に生まれ変わっていて古い細胞は垢や便によって体外に排出されます。この皮膚表面の肌の生まれ変わりのことをターンオーバーといいます。だいたい20代で28日周期と言われているので一ヵ月後には皮膚の細胞が新しく生まれ変わっているということですね。子供の肌にシミがなくツルツルで怪我をしてもすぐに治り、跡にも残らないのは成長ホルモンが盛んに分泌され大人に比べて新陳代謝が活発なためです。うらやましい限りですね!!本題ですがこのターンオーバーが加齢とともに年々周期が乱れて30~40代で60日間、60代では90日間かかると言われています。黒ずみはメラノサイトという細胞がつくるメラニンによってつくられます。通常、ターンオーバーによってどんどん上へ上へと押し上げられ垢となって排出されます。生まれ変わりが遅くなるということはメラニンがうまく排出されずに皮膚の中に残り続けるということです。肌が黒く見えるだけでなくうまく排出されない角質が溜まり、ごわついてくすんでしまったり肌トラブルにもつながってしまいます。

肌を美しく柔らかく保つためにもターンオーバーのサイクルがかなり重要になってきます。

デリケートゾーン陰部が黒ずみになる決定的な2つの要因と3つの生活スタイル。まとめ

黒ずみの主な原因、刺激と摩擦。黒ずみを招いてしまう意外な生活習慣、睡眠不足、食生活、ストレス。どれも完全に改善することは難しいですが原因をよく理解する事で解決への近道になります。直接的なケアもとても大切ですが、黒ずみケアの為に毎日の生活習慣や食事のことまで気にしている人はなかなかいないと思います。必死でケアをしていても根本的な原因が別にあっては時間もお金もムダになってしまいます。もちろんお仕事などでどうしても生活リズムを変えられない人もいると思います。うまく工夫して少しずつでも取り入れてもらえたら嬉しいです。

原因をきちんと理解し納得したうえで自分にあった方法を実践してみてはいかがでしょうか。身体の外側はもちろん、加えて内側からのケアも同時に行えば相乗効果は大幅アップが期待出来ます。

そしてこれらは黒ずみだけでなく美しい肌・身体づくりにも効果を発揮してくれること間違いなしです。

バランスのとれた生活環境は健康面においても重要です。見た目だけでなく身体の内側も美しい健康美人を目指したいですね。