デリケートゾーン

デリケートゾーン陰部が生まれつき黒ずみ!エステのビタミンC誘導体イオン導入がおすすめ

デリケートゾーン陰部の黒ずみは美白成分ビタミンC誘導体が効くって本当?

一般的に良く知られているビタミンCですがビタミンC誘導体は聞いたことはあっても良く知らないという人も多いかもしれません。サロンにいたときもフェイシャルの美白ケアで頻繁に使用するのがビタミンCでした。ビタミンCは美容で多く用いられるほど美肌効果が高く、若い方から年配のお客様にも好評でした。特にしみ・そばかす・くすみの原因、メラニン色素の生成を抑える働きがあるので黒ずみにも同様の効果が期待できるのです。ですがそのままのビタミンCでは分子が不安定で壊れやすく肌に浸透しにくい為あまり効果がありません。それを肌になんとか浸透させ馴染みやすく改良したものがビタミンC誘導体です。別名プロビタミンとも呼ばれています。
[btn](テキストリンク)[/btn]

ビタミンC誘導体通称プロビタミンは美白効果以外にもこんな効果があります。

・ニキビ
ビタミンC誘導体には抗酸化作用がありニキビの炎症の元、活性酸素を除去してくれます。抗炎症作用ではニキビ跡の赤みの沈静。また皮脂を抑える作用もあるのでニキビを未然に防ぐ予防にもなります。今あるニキビ、ニキビ跡、ニキビ予防とあらゆる面で効果を発揮してくれます。

・たるみ・シワ
シワは通常皮膚(真皮)のコラーゲンの減少によって出来ますがビタミンC誘導体にはコラーゲンの合成を促す作用があるのでシワやたるみ毛穴を食い止める効果があります。今あるシワやたるみは消えることはなかなかありませんがこれ以上の悪化を予防することができるのでビタミンC誘導体配合の化粧品がひとつあると重宝すると思います。

・黒ずみ
肝心の黒ずみに対しての美白効果ですがビタミンC誘導体に改良したことで吸収性はビタミンCの8倍になり、24時間持続するようになりました。メラニン色素の生成を抑える効果があるので黒ずみを予防するのはですが、すでに出来ているメラニン色素の還元作用もあるので今ある黒ずみを薄くする効果もあるのです。なるべく高濃度のものがおススメですがさらに効果を高めたい人はラップなどでパックし密封することで角質を柔らかくすることでビタミンCの浸透を助けてくれます。

ビタミンC誘導体でも「油溶性(脂溶性)ビタミンC」と「水溶性ビタミンCがあるが、その違いとは?

誘導体にはいくつか種類がありブランドなどによって呼び方も変わります。大きく分けて油になじむ「油溶性」と水になじむ「水溶性」があり、それぞれ肌への浸透率が違います。

しっとり感を求めるなら「油溶性(脂溶性)ビタミンC」がおすすめ

・「油溶性(脂溶性)ビタミンC」の特徴は?
人の角質層にある皮脂成分と結合し、肌に浸透しやすくしたものです。
高濃度でも刺激が少ない、持続性がある、保湿性が高い、水溶性ビタミンCよりも、皮脂膜や角質層への吸収率が高いのが特徴です。
オ名前の通りオイルに馴染みやすいので、クリームやジェルタイプのお化粧品に使用されます。
高濃度なのに、肌への刺激が少ない上、ゆっくりと真皮層まで浸透します。メラニン生成を抑制、コラーゲンの生成や新陳代謝を促します。大人ニキビ、エイジングのケア(しみ、しわ、たるみ)に適しているだけでなく、敏感肌や乾燥肌の方にも有効です。

・「油溶性(脂溶性)ビタミンC」の欠点とは?
持続性はあるが、吸収され浸透するまで時間がかかり、人によってはしっとりと感じる人と、べたつきを感じる人もいる。

「水溶性ビタミンC」は思春期ニキビや毛穴の開きを撃退出来る?

・「水溶性ビタミンC」の特徴は?
水溶性ビタミンCは、名前の通りさらっとしたさっぱりの使用感になります。短時間で吸収し、即効性があります。さっぱりということで、ローションタイプの化粧水、美容液などに用いられます。
にきびや毛穴のトラブルに悩む方、皮脂コントロールをしたい時に使用をおすすめします。メラニンの排出と肌のターンオーバーを促進します。

・「水溶性ビタミンC」の欠点とは?
水溶性ビタミンCはさらっとしたさっぱり感のある使用感でありますが、高濃度の水溶性ビタミンC誘導体を使用する時には注意が必要です。高濃度水溶性ビタミンC誘導体は、刺激を感じて乾燥することがあります。そして、紫外線に弱いので外出の際にはうっかり日焼け止めを塗り忘れることがないようきをつけましょう。そして、様々なブランドから水溶性ビタミンC誘導体の化粧品が販売されていますが、同じ水溶性ビタミンCであっても高濃度の場合は冷蔵庫保存しましょう。高濃度は効き目が早い分、品質の劣化が早いです。暖かいところにずっと置いておくと、効果がなくなってしまいます。正しくしっかりと効果を得たい方は日に当たる所を避け出来るだけ冷えたところに保存しておきましょう。水溶性のビタミンC誘導体の入れ物は、ガラス容器で茶色や濃紺、濃い緑など太陽の光を遮る容器の色をしていますね。保存には十分注意しましょう。

ビタミンC誘導体は高価なものしかないの?

早く効果を得たい為に高濃度のビタミンC誘導体を探している方も多いでしょう。
やはり高濃度で浸透率の高いものはエステやクリニックでも使われていて市販のものでもそれなりの値段がします。
薬局でも見かけるオバジはほんの少しの量でも割高ですね。
・オバジC5セラム美容液
これはオバジCセラムシリーズの中でも、ビタミンCの配合が少ない為、刺激が少ない、肌のざらつきが気になる、初めての方向けの一番マイルドな美容液です。
10mlで¥3,000(税抜)で販売されています。

・オバジC20セラム美容液
オバジCセラムシリーズ、一番ビタミンCが配合されている、つまり高濃度な美容液になります。
肌のキメ、ざらつき、シミ、毛穴など全ての肌悩みを持つ方におすすめです。
ただし、初めて使用する場合、刺激を感じる方もいるので、注意して使いましょう。
15mlで¥8,000(税抜)でドラッグストアなどで販売されています。

以上から、ビタミンC誘導体はその人の肌の状態によりとても良い効果を発揮しますが、敏感肌で乾燥肌の方がいきなり高濃度のビタミンCを使用したところ、刺激が強すぎてボロボロの肌2なってしまったという方がエステでもいらっしゃいました。自分の肌に合ったものを見つけるためには、まずは低濃度のものから徐々にランクアップしていくと良いでしょう。
どれを使っても合わない場合は無理に続けないようにしましょう。
また、1日に何度もつけず、お風呂上がりなどの陰部が清潔である場合、刺激も少なくデリケートゾーンにも安心して使えます。

デリケートゾーン陰部の黒ずみ。口コミでニキビケアや毛穴の開きに良い【イオン導入】って何?

イオン導入とはエステやクリニックなど美顔でよく使われる方法で皮膚表面に微弱な電流を流しビタミンCなどの美容液の有効成分をより肌に浸透させやすくする方法です。最近では美容皮膚科などでも行っているようですし、自宅で気軽に使えるイオン導入器も販売されていますね。
美容成分ならなんでも浸透するわけではなくイオン化している成分に対してのみ有効です。分子の大きい成分、肌細胞の隙間より大きい成分は浸透するのが物理的に難しいのです。

イオン導入に使える美容成分とは?

・ビタミンC誘導体(メラニンの生成を抑える・ニキビ肌の改善・コラーゲン促進など)
・プラセンタ(シミ、シワの改善・ターンオーバーの促進・抗酸化作用など)
・トラネキサム酸(メラニンの抑制・しみ、肝斑の予防など
・グリシルグリシン(毛穴の引き締め)
などです。
イオン導入ではビタミンC誘導体など美白系の有効成分がもっとも効果を発揮すると言われています。とにかく肌を明るくしたい、シミ・くすみを薄くしたいというは人にイオン導入はぴったりの方法なんです。美容成分を手で塗ったときに比べ、イオン導入美顔器を使ったときは30~50倍以上も浸透すると言われています。逆をいえばイオン導入器単体では効果はないので自分で行うときはどんな成分が含まれている美容液を使うのかよく選ぶ必要がありますね。

デリケートゾーン陰部の黒ずみにエステでイオン導入を施術してくれるの?

黒ずみを徹底的にさらにケアしたい!!とエステを検討する人も少なくないと思いますが場所が場所だけに直接行っていいものか人に聞くのも恥ずかしい・・とお困り人もいるのではないでしょうか。だいたいのエステサロンは美白ケアといっても顔や首まででデリケートゾーンまでケアしてくれるサロンはなかなかないのが現状です。実際に私が働いていたサロンでも黒ずみのお悩みを相談される方は多かったです。しかし美白効果のあるマッサージクリームや化粧水を身体に塗布することはあってもデリケートゾーン専用のケアは行っていませんでした。黒ずみをサロンで直接ケアしたい人は美容皮膚科や美容外科の医療機関やデリケートゾーン専門エステ、医療とエステの両方の特徴をもったメディカルエステなどから探すことをおススメします。

 エステのコース内容はサロンによって様々です。イオン導入でビタミンC誘導体を浸透させるホワイとニングやピーリングという肌表面のメラニンがたまっている角質を減らしつつ肌のターンオーバーを促す方法、機械を使い皮膚に光を当て皮膚の活性化を促す方法などがあります。医療機関ではレーザーを使用したライトニングや自宅用のケアとして高い美白効果で知られている『ハイドロキノン』などが塗り薬として処方されるようです。通う頻度は個人差があり黒ずみの状態にもよりますが数回~数十回、数ヶ月通うことになります。合計費用も数万円~数十万円と高額です。
そして専門サロンに通ったからといって黒ずみがすぐに薄くなるわけではありません。そういったサロンでも陰部に直接ケアするのではなく陰部周辺のV、I、Oラインに施術を行うことがほとんどです。陰部の粘膜や皮膚は非常にデリケートで傷つきやすく基本的には施術を行えません。自分がケアしたい黒ずみはどういった場所でどの程度の範囲なのかをきちんと見極めてエステサロンと医療機関を使い分けることが重要になってきますね。

デリケートゾーン陰部の黒ずみにエステサロンの光脱毛は効果がある?

昔は脱毛サロンに通うのが恥ずかしいというイメージがありましたが最近ではCMや広告で大々的に扱われ、女性が脱毛サロンに通うのもエチケットのひとつになってきたように思います。その脱毛サロンがデリケートゾーンの黒ずみ改善にも効果があることは皆さんご存知でしょうか。一時期は黒い肌や黒ずみには光をあてられないといった話がありました。光を使った脱毛は黒色に反応して光の熱を集中させるので黒ずみ部分に光を当てると熱が毛に集中せずに十分な脱毛効果が得られない場合があり、また黒ずみの肌部分に光が反応してしまい熱によって痛みが出たり思わぬ肌トラブルを起こしてしまうこともあります。その為、黒ずみの状態によっては脱毛を断られる場合もあったのです。
しかし脱毛方法も日々進化しています。脱毛効果はもちろんですが脱毛しつつ美白効果まで期待できる方法があるのです。有名なのがIPL脱毛です。『インテルス・パルス・ライト』という特殊なフラッシュで脱毛するのですがそのフラッシュには肌の細胞を活性化する効果があるのです。脱毛しながら肌の肌理を整え、毛穴を引き締め、ターンオーバーを促してくれるので色素沈着なども改善し美肌効果は抜群なんです。エステサロンでもフォトフェイシャルやリフトアップにも使われるほどでそのうえ低刺激で肌に優しいのも特徴です。IPL脱毛以外にもコラーゲンの光を生成する光を当てるサロンなど美肌効果のある光を使用しているサロンはたくさんあります。最近では高熱の光を使わない脱毛、黒ずみに反応しない脱毛を採用しているサロンやクリニックがあるので脱毛効果を落とさずに安心してデリケートゾーンを脱毛することが出来ます。肌トラブルが心配な人は同じ脱毛サロンでもどういった機器でどのような方法で行っているのかなど調べてからいいくことはとても大切だと思います。

生まれつきデリケートゾーン陰部の黒ずみが気になる!なくすにはビタミンC誘導体のイオン導入がおすすめ。まとめ

色々紹介しましたが、やはり早めに解決したい方はサロンでのイオン導入を是非試してみて頂きたいですね。デリケートゾーンの黒ずみは皮膚疾患ではなく外部刺激から身を守る防衛本能、つまり自然現象なので一般の皮膚科などではなく美肌を目的としたエステや美容皮膚科をお勧めします。
デリケートゾーンということもあり施術する度に見せなくてはならないので女性の肌の悩みをよく理解してくれている専門機関のほうが安心感も違ってくると思います。施術内容はイオン導入以外もありますりますがイオン導入やケミカルピーリングは費用がそこまで高額ではないため始めやすいです。逆に費用はかかりますが最短で治したい人はレーザー治療をお勧めされることもあるようです。もちろん自宅でケアする方法もたくさんありますのでデリケートゾーンを人に見せたくない!低コストでケアしたい!!という人も安心してください。今はデリケートゾーンに特化した専用の美白クリームや美容液、ソープまであるのでこころ心強いですね。女性の肌の悩みはつきませんが
デリケートゾーンの悩みを人には言えず抱え込んでいる女性も少なくないと思います。これを機に少しでも美肌に近づくお手伝いができたら幸いです。