体臭悩み解決

ワキガの治し方と臭いの対処法|脇の臭いを消す正しいケア方法とは?

ワキガはケアできる!ワキの臭いの正しい対処法

ワキの臭いを抑える正しい洗い方

ワキガの臭いを抑える正しい洗い方は、しっかり泡立てた石鹸で皮膚を撫でるように優しく洗います。ワキガの臭い対策で一番は原因菌を落とすために、体を綺麗にすること。ワキガで悩んでいる多くの人は、臭いを取ろうとゴシゴシ洗う方が多いのでは。ゴシゴシ洗うと肌が乾燥し、原因菌が繁殖してしまい逆効果です。タオルを使う方は、ナイロンやたわしを避け、天然素材の綿のタオルなどの柔らかいタオルを使いましょう。石鹸カスが付いていると、それが雑菌の餌になり増えてしまいます。石鹸は、全て綺麗に流しましょう。

シャワーだけではちゃんと洗えません。汗を出し老廃物を出すようにするには、湯船につかること。きちんと洗うことが大切ですので、毎日入浴することを心がけ、1日1回は体を洗いましょう。

ワキガのニオイ対策には専用石鹸を使う

ワキガの臭い対策には、原因菌の殺菌効果がある石鹸がおすすめ。ワキガの臭い専用のデオドラントソープは、天然素材製品がたくさんあります。お得に手に入れるなら、断然ネット通販です。

お得コースや返金保証があるなど、サービスが充実しています。

ワキガの専用石鹸には、ワキガの臭いの元になる雑菌に特化して作られています。殺菌効果があるのに、弱酸性で肌に優しい石鹸です。保湿効果もあり、殺菌効果に優れているワキガの専用の石鹸を選びましょう。

重曹石鹸とミョウバン石鹸を使った洗い方とは?

昔から、重曹は膨らまし粉といいますよね。重曹石鹸は弱アルカリ性なので、酸性を中和する働きがあります。この働きにより、胃薬としても使われていました。ミョウバン石鹸は抗菌作用があります。ミョウバン石鹸は弱酸性ですので、肌環境を正常にしてくれるでしょう。

ワキガの臭い対策の重曹石鹸とミョウバン石鹸の役割は、殺菌・抗菌する作用です。ワキガの臭いの雑菌が増えた皮膚は酸性です。酸性になった肌も、アルカリ性になった肌も中和することにより、雑菌を働かなくさせることができるということです。

まず、重曹石鹸で洗います。しっかり泡立てて、洗いすぎないようにさっと洗います。重曹のつぶ粒が、スクラブのように皮脂や角質を取り除いてくれます。次に、ミョウバン石鹸を使います。泡を撫でるようにして洗います。ゴシゴシ洗うと皮膚に負担がかかってしまいます。洗い終わったら、石鹸カスが残らないようにキレイに洗い流しましょう。

弱酸性の石鹸もおすすめの理由

よく売られているボディソープはアルカリ性です。アルカリ性のボディーソープは洗浄力が強いです。弱酸性の角質や皮脂、常在菌などを流し過ぎることがあります。皮膚上の善玉菌と悪玉菌のバランスも悪くなるでしょう。悪玉菌の影響を受けて、ワキガの臭いが増すことになります。

人の皮膚は弱酸性です。皮膚になじみやすい弱酸性の石鹸は、優しく洗います。悪玉菌を流し、善玉菌を優位にすることが、ワキガの臭いを抑えることいえるでしょう。

ミョウバン水を使うワキガ対策

ミョウバン水とは、市販で売られている焼ミョウバンを水に溶かした水溶液です。ミョウバン水は酸性です。ワキガの臭いの原因菌が繁殖するアルカリ性の肌を、弱酸性に傾けて雑菌の繁殖を抑制します。その効果により、消臭効果が期待できます。体臭の対策として、古代ローマから使われてきました。ミョウバン水の原液の作り方は、500mlの空のペットボトルに10gの焼ミョウバンと、水300ml入れてよく降るだけです。すぐに溶けにくいので、一晩ふた晩は冷蔵庫などで保管してください。透明になれば使えます。

ポイントは水道水を使い、使う時は10~20倍に薄めることです。水道水には塩素が含まれていますから、長持ちさせるには適しています。

ワキガの臭い対策には、原液を薄めてスプレー容器に入れて使う方法がおすすめです。入浴後に吹きかけて、しばらく乾くまで待ちます。スプレータイプなら持ち運びができ、臭いが気になる時にワキに吹きかけることができます。ワキガの臭いだけでなく、足の臭いや靴の消臭、ペット用品などあらゆる面で使えます。臭い対策のアイテムとして、大変重宝します。

清潔に脱毛処理する

脇毛があると、ワキガの臭いがする汗が付着します。脇毛についた汗が乾いたとしても、洗わない限り臭いはなくなりません。雑菌が繁殖し、より臭いが強くなります。脇毛を短く切ったり剃ったりするのもいいですが、脱毛するのもおすすめします。

脱毛すると皮膚を綺麗に洗いやすいですし、汗が脇毛にまとわりつくのを防げます。臭いを軽減することにつながりますね。

ワキの汗をこまめにふき取り清潔さを保つ

ワキガの臭いが放つのは、かいた汗の成分を常在菌が分解するときに出ます。汗を出さないようにすれば、臭いが少ないことがいえます。汗を出さないようにするには無理がありますよね。汗を出したらすぐに拭く、となるとどうでしょう。常在菌と汗が出会い分解される前、つまりは臭いが出る前に汗を吹き取ってしまうということです。臭いが出る前なので、放たれる臭いは軽減することが出来るでしょう。

ワキガの臭いを拭いて抑える対策アイテム

・ミョウバン水

・ウェットティッシュ

・ワキガ専用のデオドラント剤

ミョウバン水はコットンなどに含ませてから、汗を拭き取ります。ミョウバン水はサラサラしていますので、このやり方でもおすすめです。こまめに拭き取ることで、汗ジミ予防にもなりますね。

水分補給はこまめに

水分補給は大切なのは、みなさんもご存知ですよね。人は1日に1.5~2リットル、一晩てコップ1杯分の汗をかきます。汗をかくと、身体中の水分が出てしまいます。水分が出てしまうと血液濃度が濃くなったり、塩分の再補給サイクルが上手く作用しなくなります。すると、熱中症やめまいなどを引き起こす原因になります。ワキガの汗では、脂肪酸などの臭い成分が凝縮され、ドロドロの汗が出たり、臭いが増したりすることも。だから、ワキガの臭い対策のみならずとも、水分を補う必要があるんですね。

水分補給は、「喉が乾いた~」と思うころには体がカラカラになっています。その前に補給することが大事です。コップ1杯の水をこまめにとると、効率よく水分補給ができます。水分補給で、サラサラの汗を目指しましょう。

食べ物を見直す

ワキガの臭い対策NGフード

・バターやラードなどの動物性タンパク質

・砂糖類

・インスタントフード

・ニンニクや玉ねぎ、納豆などの臭いが強い食べ物

・唐辛子やクミンなどの香辛料

油っこい食べ物は、消化吸収すると過酸化脂質に変化します。過酸化脂質は皮脂の分泌を活発にさせます。皮脂の分泌量が増加すると、ワキガの臭いも強くさせてしまうということになります。匂いの強い食べ物は、体臭と混ざり臭いが増してしまいます。ワキガの臭いのNGフードの多くは、活性酸素が作る作用があります。体を酸化にすることで皮膚も酸化に傾き、雑菌が繁殖しやすくなります。

ワキガの臭いの対策には、体を中和させてくれるアルカリ性の食べ物を摂りましょう。酸性になった体をアルカリ性で中和することで、ワキガの臭いの汗を抑えたり、雑菌の増殖を抑えます。

ワキガの臭い対策にOKフード

・梅干し

・緑茶

・緑黄色野菜

・海藻類

・酢

・オリーブオイル、ごま油などの植物油

・しょうが

梅干し、緑黄色野菜などはアルカリ性の食べ物です。酸性の体にぴったりです。腸内環境を良好にするには、食物繊維を摂りましょう。緑茶のポリフェノールは抗酸化作用、しょうがには殺菌効果があります。

ヘルシー食材がワキガの臭いを抑えます。バランスよく取り入れましょう。

ストレスを溜めない

ワキガの臭いの原因は汗。ストレスを溜めるとドロドロとした汗をかきます。ストレスの汗は精神性発汗といいます。精神性発汗は手のひらや額など部所が限られています。仕事の疲れや睡眠不足など日常生活に、ストレスを抱えている方は要注意でしょう。ワキガの臭いに対して、周りに気づかれないようにと過剰に気を使いすぎてしまうことも、ストレスの原因になります。ストレスを感じるとより汗の分泌が増え、悪循環をまねくことに。

ワキガの臭いの原因のストレス対策には、ストレスをためないこと。まずは、軽くストレッチをしましょう。深く深呼吸すると気持ちが落ち着きますよ。ワキガの臭いには食事も大切ですが、あまり気を使い過ぎるとストレスになります。たまには好きなものを食べたり、飲んだりしてストレスを発散しましょう。

お酒とたばこが原因にもなる

ワキガの臭いの原因のお酒。特にビールには糖質があります。糖質は体を酸性に傾けてしまいます。皮膚の血行を促進し、発汗を促します。アルコールが代謝されると、アセトアルデヒドや酢酸などの臭い成分が皮膚から発生します。アルコールは少量なら消臭効果が期待できます。あくまでも少量なので気をつけましょう。

タバコでワキガの臭いの原因はニコチンです。ニコチンは交感神経を刺激し、アポクリン腺にも影響を与えます。ニコチンにより、臭いが増すということになります。タバコはビタミンCを破壊する作用もあります。ワキガの臭いを抑えるには、ビタミンCが不可欠なのです。ワキガの臭いを抑える対策にはお酒は控えめに、タバコは厳禁です!

大匙1杯の重層風呂に入る

ワキガの臭い対策には、重曹風呂で肌に抗菌バリアを作る!重曹は水に溶かすとアルカリ性になります。アルカリ性は、雑菌が生きていられなくなります。なぜなら、雑菌が好む酸性を中和するからです。重曹風呂のメリットは、雑菌が減少することでワキガの臭いも減少します。デメリットは乾燥することです。入浴後は保湿することをおすすめします。

汗腺トレーニングで老廃物を体外に出す

普段から汗をかかない方も多いのでは。汗腺が充分に働かないと、体温調節ができなくなります。夏バテの原因にも。急に汗をかいたときの汗は、

ネバネバとしていて臭いもあります。これは悪い汗です。いい汗とは、サラサラしていて臭いもありません。いい汗を出すためには汗腺トレーニングをし、汗腺を開きやすくします。簡単な汗腺トレーニングをお伝えします。

①湯船に約43℃のお湯に手足を入れて、10~15分温めます。短い間に熱い湯にいれることで、汗の循環の準備をします。能動汗腺を増やし、汗をかく機能を高めておくと効果的です。

②先程の湯船にぬるま湯を足して、微温浴します。全身つかり、高温で高まった交感神経を、副交感神経に入れ替えることでリラックス効果があります。

③上がったら水分を全て拭き取ります。拭き取ったらすぐに服をきないで、乾燥させます。汗腺を開くには、脳に「乾燥しているよ」という信号を送ることが必要です。ある程度乾いたら服を着ます。

汗腺を開くには期間が必要ですので、夏前から汗腺トレーニングをするといいでしょう。水分補給も忘れずに!

即効性には制汗グッズでのワキガ対策

スプレータイプ

・8×4スプレー

一時的に臭いを抑えるにはスプレータイプ。スプレータイプでは、みなさん1度は使ったことがある8×4は有名です。β-グリチルレチン酸の殺菌有効成分配合。緑茶成分が臭いを包む込み、消臭する効果を発揮します。パウダータイプは、酸化亜鉛複合パウダーです。束になって肌に密着し、汗に反応すると拡散し消臭します。

・DHC 薬用デオドラント

速攻ミストタイプです。殺菌成分イソプロピルメチルフェノールと、制汗作用のパラフェノールスルホン酸亜鉛の2つの薬用成分配合。緑茶エキス、紅茶エキス、アルニカエキス、エイジツエキス、濃縮オリーブリーフエキスの成分は、美肌効果をもたらします。

クリームタイプ

・DHC薬用デオドラントジェル

ワキに塗り込むジェルタイプです。ひんやりと清涼感が、暑くなった皮膚をクールダウンします。高密着処方で汗や皮脂で流れません。殺菌成分はスプレー1回分より約14倍密着力がある、イソプロピルメチルフェノール。クロルヒドロキシアルミニウムが制汗作用します。パウダー配合ですので、サラサラが持続します。

・デオナチュレ サラサラクリーム

焼ミョウバン、イソプロピルメチルフェノールが有効成分です。焼ミョウバンの抗菌作用と肌の引き締め効果があります。汗を拭き取って薄く伸ばして塗ると、より密着して塗り直す回数が減ります。

ロールオンタイプ

・8×4ロールオン

ワキに塗って使う、速乾ロールオン。外出前に塗っておくと、汗や臭いを抑えてくれます。成分はスプレータイプのパウダー以外は同じです。

・DHC 薬用デオドラントスティック

ワキに直接塗るスティックタイプ。成分はジェルタイプと同じです。塗布したあと6時間後でも、95.5%のデオドラント剤の残存量が確認されています。

・Ban 汗ブロックロールオン

ナノイオン制汗成分、クロルヒドロキシアルミニウム配合。汗ブロックとは、制汗成分が汗が出る前の汗腺を完全ブロック。汗腺に蓋をして、汗の分泌を抑えます。イソプロピルメチルフェノールの殺菌成分が持続します。無香料とせっけんの香りの2種類あります。

制汗シートタイプ

・Ban 爽快さっぱりシート

パウダー入りとノンパウダーがあります。汗、臭い、ベタつきをさっぱりと拭き上げます。パウダー入りは、汗を拭き取った肌をサラサラにしてくれます。ノンパウダーはサラサラリキッド配合で、白残りがないので黒い服でも気になりません。

・Agデオ24クリアシャワーシート

臭いを抑える銀含有アパタイト配合のさらさらパウダーと、ヒアルロン酸パウダーが保湿効果のウェットシートです。通常の3倍の大きさがあるので、しっかり汗を拭き取れます。

ワキガの根本の原因から解決する方法

永久脱毛は効果がある?

ワキガの臭いの原因は、脇毛で汗が蒸れること。蒸れてワキガの原因菌が繁殖しやすい環境になります。永久脱毛することにより、ワキガの臭いはかなり改善されるでしょう。主に、脇毛の脱毛に使われる機械はレーザー脱毛です。レーザー脱毛により、ワキガの臭いが無くなったという口コミが多いです。中には、汗が多くなった、臭いが増したという方がいます。それは脇毛が無くなったことにより、汗の分泌を過剰に感じるからでしょう。

あるいはワキガの臭いではなく、汗の臭いに敏感になるケースもあります。脱毛後多汗症といって、脱毛の刺激により汗の分泌量が多く感じることです。神経的に脇の臭いが気になり、ワキガの臭いが強くなったように感じてしまいます。脱毛後、毛穴に白い塊があれば、それが臭いの元になっている皮脂の可能性があります。脱毛後に、臭いが増した時は、皮膚科に訪ねてみましょう。

ボトックス注射は効果ある?

ワキガの対策として、ボトックス注射は大変有効な治療法です。ボトックス注射は制汗作用があります。ボツリヌス菌といえば、食中毒になるんじゃないかと心配される方もいるでしょう。A型ボツリヌス菌といって、ボツリヌス菌から出る毒素を精製したものを使います。ボツリヌス菌の使用量は国で定められている量を使います。また、菌そのものではないので安心してください。

ボトックス注射の効力は、発汗のある伝達神経をボツリヌス菌の作用により、汗腺の働きを阻害することです。汗が分泌するサクセスを断つことが、汗を抑制することに繋がります。個人差はありますが、一般的には注射後2~3日で効果が現れ、4~9ヵ月程持続します。一時だけ汗を止める効果があります。長期間汗を止めるには、繰り返し行う必要がありますね。保険適用ではない場合は高額になりますので、1クールの夏の間だけ受ける方も多いです。小さい針を指す痛みがありますが、アイスパックで冷やすと軽減されます。夏の間や就職活動するときなど、汗が気になる期間に試してみるといいでしょう。

ワキガの臭い対策に効果的な手術方法は?

・剪除法

剪除法は保険適用です。重度のワキガの方におすすめです。医師がアポクリン腺を直視し、除去していく手術法です。直視して確実に除去することができ、約80~90%除去できるでしょう。ワキガの臭い対策に効果が高いといえますね。デメリットは、3日はシャワーができない、術後の固定や抜糸などでしばらく通院する必要があるなどです。

・クアドラカット法

保険適用ではありません。皮膚を小さく開き、アポクリン腺を取り除きます。カミソリのような刃が付いた機械を使い、吸引しながら外に出します。小さい刃ですので、傷口が小さく目立ちませんし、固定する時間も少なくてすみます

・ミラドライ

切らない治療法で、保険適用ではありません。マイクロ波を用いて、汗腺にアプローチをかけます。汗腺を破壊することで、汗腺の活動を止めます。ほぼ完全に止めることができますので、半永久的に効果があります。傷が残る心配がないので、回復が早いのがメリットです。

ワキガの治し方と臭いの対処法|脇の臭いを消す正しいケア方法とは?まとめ

いかがでしたでしょうか。ワキガの臭いの全般の原因は汗です。ワキガの臭いが強くなるには、原因があります。原因を突き止めることで、対策方法も変わります。その汗はストレスなのか、食べ物なのか、お酒やタバコなのかなどの理由があります。

体だけでなく、衣類についた汗から臭うことも。衣類についた雑菌が原因です。香り付きの柔軟剤よりも、消臭・抗菌効果がある洗剤を使いましょう。

ワキガの臭いの対策を知っていれば、対処することができます。自分の生活習慣を見直してみましょう。