デリケートゾーン

女性のデリケートゾーンのにおいチェック!おりものの量が多い、匂いが気になる。おりものの異常とは?

デリケートゾーンが臭いのは病気なの?病院に行くべきか知っておきたい、おりものの色とにおいの関係性は?

正常なおりものとは?

正常なおりものとは、生理周期によって分泌量や性質が変わったりします。おりものにも、生理のように周期的に変化をするのを知ってる方も少ないのでは。生理周期の排卵期には、受精を助ける役割をするため、おりものの分泌量は増えます。月経が終わり、卵子が作られる卵胞期には、ホルモンが入れ替わるので、おりものの分泌量が減少します。10代の初潮が始まる思春期から始まり、思春期は生理周期が安定しないので量も少ないことが多いです。20代30代では女性ホルモンが活発に分泌することから、おりものの量も最も増える時期です。40代50代では、女性ホルモンが落ち着き、閉経が近づくにつれおりものも減っていきます。おりものって生理より分かりづらいですよね。

正常なおりものの色は、白や半透明の乳白色です。特に臭いはないですが、膣内が乳酸菌で守られていることから、量が多い時や個人差がありますが、酸っぱい臭いがするときがあります。酸っぱい臭いは異常ではないので、ご安心を。

オリモノの色から見る、病気が疑われるおりものとは?

正常のおりものは白や乳白色です。おりものは、自浄作用がありますので、異常があると色を変え、病気のシグナルをだすことがあります。病気により、色が変わりますのでお伝えします。

・白

白色や乳白色は正常なおりものですが、白色のおりものでも、ねっとりしたものボソボソしたものがあると、感染症の疑いがあります。白いボソボソしたカッテージチーズのようなおりものが出るカンジダ膣炎。膣の中の皮膚がただれる子宮頚部びらん、

細菌感染などが上部にまで及び発症しる頸管炎、卵管炎があります。感染症や婦人病の初期症状に出ることが多いです。

・ピンク

ピンク色のおりものは、おりもの日が混じることで起こります。鮮血が混じってピンクに見えます。萎縮性膣炎では、更年期以降になると、膣内が乾燥するので傷付きやすいです。着床出血は、妊娠超初期のおりものに、血が混じることがあります。子宮頸管ポリープや子宮頸がんの疑いもあります。

・緑色

緑色のおりものは、細菌感染などにより炎症し、おりものに膿が混ざって排出されます。淋病は、淋菌による感染症で、膿を生じます。性行為により、感染率がアップします。

・黄色

黄色のおりものは、細菌などに感染して排出されることがあります。

クラミジアの1種の真菌に感染するクラミジア感染症、淋病でも黄色のおりものがでます。黄色味が強い泡状のおりものは、トリコモナス膣炎でしょう。

・灰色

灰色のおりものは、細菌性膣炎で、病原微生物ではない菌、大腸菌やブドウ球菌などによる感染し、発症します。膣の自浄作用の低下により、感染率が高くなります。

・茶色

出血した血が混じって排出されるおりものです。子宮の奥の方で出血し、排出されるまでに酸化することで、茶色に見えます。子宮筋腫の疑いがあります。子宮体がんは、更年期以降に発症しやすい病気です。

オリモノのにおいからみる、病気が疑われるおりものとは?

おりものの臭いには、酸っぱいやイカ臭い、魚のような生臭い臭いがすることがあります。臭い匂いが全て、病気に繋がるのでしょうか。では、病気がかくれているのか、匂い別で症例をお伝えします。

・酸っぱい

酸っぱい臭いがするおりものは異常ではないことが良くあります。膣内は、乳酸菌が細菌感染などから守る働きをしています。おりものにも含まれて分泌されるため、ホルモンバランスが崩れや生理前などで、おりものが増加したときに、酸っぱい臭いがするということがあります。

特に酸っぱい臭いがする場合は、クラミジア感染症の可能性があります。炎症が起きた場合、酸を強くすることで、膣を守ることが言えるでしょう。

・玉ねぎ

玉ねぎのようなツンとした臭いは、すそわきがの疑いがあります。すそわきがとは、ワキガのアポクリン腺が、デリケートゾーンにも多数存在するという体質です。アポクリン腺は、アンモニアや代謝しきれなかった脂肪酸などが混ざった皮脂を、分泌しています。その皮脂と常在菌が混ざると、鼻につく臭いとなります。

・チーズ、ヨーグルト

おりものがほんのりチーズやヨーグルトのような臭いがするのは、異常ではないことが多いです。かなり強いチーズの臭いがしたら、カンジダ膣炎の疑いがあります。悪玉菌が強い臭いを放ちます。

・イカ臭い、魚臭い

イカ臭いときは、精液が膣内に残っている可能性があります。魚臭いは、炎症や体調不良などで、膣の中の菌バランスが崩れている状態です。カンジダ膣炎、細菌性膣炎、淋病を疑いましょう。悪玉菌が優位になり、生臭いにおいを放ちます。

・納豆

おりものが納豆の臭いがする場合、おりものではなくデリケートゾーンが臭う場合があります。納豆やニンニクなどの臭いが強い食材は、体臭を臭くする働きをすることがあります。ホルモンバランスが崩れたり、デリケートゾーンが蒸れたり、というようなことが重なると、デリケートゾーンのアポクリン腺から納豆のような臭いが発生するということがいえます。

デリケートゾーンが臭い。おりものシートがかかせない!おりものの量が多いのは病気なの?

生理周期で量が増える

正常なおりものでも、生理周期で量が増えます。生理の直前直後は量が増えることが多いです。生理前の排卵期は、受精しやすいように、潤滑油の役割をするためおりものが分泌しやすいです。生理後の卵胞期は、卵子を作るため一時は増えますが、徐々に減っていきます。

おりものには、精子が空気に触れると早く息絶えてしまわないように長生きさせる働きと、スムーズに受精が行うことに手助けをする働きがあります。子孫を残す遺伝子が、このような仕組みを作っているんですね。

妊娠していると、増えることがある

妊娠すると、ホルモンバランス崩れ、おりものが増えることがあります。黄体ホルモンが増えますので、おりものの分泌量が普段より多く感じられるでしょう。その時の体調や体質により、ネバネバしたり、サラッとしたり、酸っぱい臭いがあるなど、様々な口コミがあります。

妊娠すると、生理は止まりますよね。止まると、腟内が細菌から守るため、自浄作用がより強くなり、おりものが増えることが考えられます。おりものが増え、生理が来ない時は、妊娠を疑いましょう。

病気の可能性がある

おりものが増えたら、病気の可能性があります。おりものは、膣内を掃除してくれる役割をしますよね。細菌などが感染し、それを排除しようとおりものが増える、ということです。色や臭いがつくことで、体がシグナルを出し、異変を教えてくれるのでしょう。感染症は、性行為や旅行などで共同の風呂や浴室などにいったことなど、心当たりがあれば判断しやすいですよね。しかし、性行為がなかったり、更年期でおりものが減少したりなどがある場合、婦人病の多くは感染症ではないため、見過ごされてしまい、進行することが多いです。おりものが増えたら、1度受診しましょう。

おりものの異常で考えられる病気とは?

子宮頸管炎

子宮頸管炎とは、子宮の一番外にある、子宮口から膣までの子宮頸管に炎症が起きる病気です。病原微生物による炎症が主な理由で、大腸菌やブドウ球菌、淋菌やクラミジアなどが原因となります。淋菌やクラミジアといった、無症状の感染症に気付かず進行し、感染範囲を上位に広げていきます。

初期ではおりものの増加があり、不正出血、下腹部痛などの症状があります。また子宮頸管びらんがあると、そこから感染し、子宮頸管炎の引き金になります。性行為の後に出血することがあれば、子宮頸管びらんを疑い、早めに受診しましょう。

子宮筋腫

子宮筋腫は、成人女性4~5人に1人という割合でおこる病気です。子宮筋腫は良性のコブなので、転移することはありません。子宮内膜にできるため、着床しにくいことから、不妊症の原因の一つとされています。子宮の壁にある筋層内の「筋層内筋腫」、子宮の外側に突き出る形の「漿幕下筋腫」、子宮粘膜下にて子宮内腔にできる「粘膜下筋腫」があります。一番症状があるのは、粘膜下筋腫です。

粘膜下筋腫は、おりものの増加、月経過多、下腹部痛、貧血、腰痛、不正出血などの症状があります。おりものは、サラサラとした水のようで、大量に排出されます。生理が重いと感じる方は、要注意でしょう。

子宮頸がん

臭いが強いおりものが出る病気では、子宮頸ガンです。初期では症状がでないですが、進行すると、不正出血や臭いおりもの、腹痛、腰痛などがあります。子宮頸がんは、子宮頚部にがんができます。子宮頸がんにヒトパピローマウイルスが感染する感染症です。性行為で感染しやすく、消滅しやすいのが特徴です。しかし、持続して感染することで、がん化する率が高くなります。30~50代に多い病気でしたが、性行為の低年齢化により20~30代にも患者が増加傾向にあります。

感染症であるかことから、子宮頸がんワクチンやコンドームの使用が、感染を未然に防ぐ有効な手段です。性交経験があるなら年に1度は、検診を受けましょう。

子宮体がん

子宮体がんは、子宮本体の中にできるガンです。肉汁のようなおりものが出たり、下腹部痛、不正出血があります。初期症状の多くは、不正出血があります。50代60代の更年期では生理不順になりやすいため、見過ごしてしまい、発見が遅れるケースがよくあります。生理不順と不正出血の違いをよく知っておきましょう。

40代から子宮検診を受けているから安心!というわけではありません。子宮検診は、子宮頸管までの検診となり、子宮体部まではおよびません。不正出血があるときは、子宮体がん検診を受けたい時は、条件が別になります。子宮体がんの検診も併せて受ける必要があります。早めの発見が大切ですので、心得ておきましょう。

女性のデリケートゾーンのにおいチェック!おりものの量が多い、匂いが気になる。おりものの異常とは?まとめ

いかがでしたでしょうか。おりものの異常は、からだの異常を知らせてくれるものです。普段から、自分の生理周期、おりもの周期を把握しておきましょう。色は、白、黄色、黄緑、灰色、茶色、ピンクがあります。おりものは白だけではないのがよくわかりましたね。しかし、いきなり緑色のおりものがでたら、びっくりしますよね。どうしちゃったの私!なんてならないように、おりものの異常で病気が分かれば、慌てないで行動できるでしょう。

おりものだけでなく、不正出血や腹痛など、普段のからだのシグナルを見落とさないようにすることが大事。からだの未来を守るため、1日1回、体と向き合い、早期発見早期治療を心がけましょう。