おりもの

女性の更年期の悩み・生理や閉経、おりものの臭いについて。

女性特有の悩み。更年期とは何?若年性更年期と何が違うの?

更年期とは?

更年期とは、女性皆さんが迎える、閉経を迎えるためのからだの変化をいいます。閉経する前後約5年を、更年期といい、日本人ではおよそ45~55歳が平均年齢とされています。閉経は、更年期の平均年齢で12ヵ月以上生理がない期間がある場合に診断されます。ほかには、血管運動神経症状、精神神経症状、自律神経症状などがでます。

更年期は、加齢によるホルモンの減少、子宮まわりの環境の変化が影響しています。その他にも、社会的や家庭的な環境の変化も、発症の引き金となることがあります。精神的な症状が多く出ることから、婦人科と一緒に、精神科の治療も必要な場合もあります。

若年性更年期とは?

更年期を40代、50代で迎えるのに対し、更年期の症状が20代後半から30代に渡り発症することを、若年性更年期といいます。プレ更年期ともいいます。生理が止まったり、月経前症候群がひどくなったり、不眠症など、更年期によく似た症状が出ます。

20代30代は、社会に出て仕事に頑張る年代ですよね。頑張るがあまり、ストレスを抱え込んだり、残業で生活が不規則になったりしがちな方も多いのでは。無理なダイエットなどで食生活も不安定になります。それぞれ、過度のストレスが若年性更年期を招く要因になります。

更年期と若年性更年期の共通点とは?

更年期と若年性更年期の共通点は、表れる症状が似ていることと、ホルモンバランスが崩れて、様々な症状がでるプロセスにあります。生理がなくなったり不順になったり、肩こりや頭痛といった体の症状や、倦怠感ややる気がおこらないなど、精神的な症状は、同じように発症します。

甲状腺異常も、同じような症状がでることがありますので、区別する検査を受けることをおすすめします。

更年期と若年性更年期の違いはある?

更年期は閉経によるホルモンバランスが崩れ、発症します。若年性更年期は、早期閉経によるホルモンバランスの崩れ以外にも、自律神経失調症の範囲内の病状の一つ、ということもあります。

加齢でホルモンバランスが崩れる更年期に対し、若年性更年期は不規則な生活習慣でホルモンバランスが崩れる、といった違いがあるといえます。

更年期になると生理の乱れやおりものが臭うって本当?

生理不順になる理由とは?

卵子の種は、胎児の時に約200万個作られ、思春期になると約30万個に減ります。卵子の種を卵子に成長させるため、排卵する卵子の数は生まれた時には、もう、決まっているんですね。

更年期になるにつれ、排卵する卵子は少なくなり、それと同時に排卵するプロセスも、無くなりつつあります。一気に無くなるのではなく、徐々に変化するため、生理不順がおきます。生理周期が30日なら22日に減ったり、逆に長くなったりします。それを繰り返し、いずれ、閉経を迎えます。

女性ホルモンの影響

生理になる仕組みには、ホルモンが関係しています。黄体ホルモンと、卵胞ホルモンです。生理前は卵巣機能をアップするため、卵胞ホルモンを増やして排卵を促します。すると黄体ホルモンが減ります。

更年期になると、逆に卵胞ホルモンが減り、黄体ホルモンが増えることになります。卵子が減るために、卵巣機能を高める指令が減少する、ということがいえます。

更年期のおりもの事情とは?

閉経が近づくと、おりものも減少します。減少すると、乾燥しやすくなり、膣内のバリア機能が低下してしまいます。低下すると、膣内に細菌が感染しやすくなり、加齢が原因の萎縮性膣炎や細菌感染症にかかりやすくなります。おりものが黄色や灰色になったり、生臭い臭いがする場合は、要注意です。

更年期になると閉経が近いの?

卵巣機能が低下してしまう

更年期になると、エストロゲンのプロゲステロンの分泌が減少し、閉経に近づきます。この2つのホルモンの働きにより、排卵がおこり、受精しなかった場合は、血液と一緒に排出される、生理が始まります。この2つのホルモンが減少することで、脳からの指令がなくなると卵巣機能が低下し、排卵も徐々に減少します。12ヶ月生理が来なくなると、閉経となります。個人差はありますが、早い段階で診断される場合もあります。

基礎体温をつける

若い世代で赤ちゃんを欲しい時などに、基礎体温をつけることが多いですが、40代50代で基礎体温をつける方は少ないでしょう。ですが、更年期の閉経を見極めるには、有効な手段です。更年期になると、女性ホルモンが減少することで、基礎体温にも変化があり、閉経のタイミングが分かります。基礎体温をつけるもう一つのメリットは、赤ちゃんができるのを防ぐことができます。では、基礎体温はどのように変化するのでしょうか。

基礎体温は、低温期と高温期に分かれます。黄体ホルモンが活発になると高温期、減少すると低温期になり、低温期から高温期になると排卵期に入ります。このパターンが周期的にきていれば、排卵は正常通り行われています。更年期になると、生理不順となり、高温期と低温期の周期が崩れ、月経が不安定になります。女性ホルモンが1度に減少せず、徐々に減少していくので、グラフがバラバラになることが考えられます。閉経後のパターンは、黄体ホルモンが減少するので高温期がなくなり、低温期がずっと続くようになります。婦人科へ行く時は、基礎体温表を持っていくと、判断材料のひとつになります。更年期に限らず、今の体の状態がわかるので、基礎体温を付けてみましょう。病気の早期発見にも役立ちますよ。

不正出血と生理不順の見分け方

閉経が近づくにつれ、生理周期も変化します。生理周期が24日以内の短い周期を「頻発月経」、生理周期が39日以上と長くなる「稀発月経」があります。一週間以上続く「過長月経」、2日程で終わる「過短月経」といいます。量は、比較的減少することが多いです。このような、生理周期がまばらになることが、生理不順です。

不正出血は、生理周期ではなく、突然出血します。2日ほど続く時もあり、度々出血することもあります。不正出血は、生理不順と間違えやすいため、回数が増えたり、臭いがしたりするなどがあれば、婦人科へ行きましょう。

閉経したと思って油断はしないで!

更年期になり、閉経したと思い、性行為をしたら赤ちゃんができてしまい、堕胎を余儀なくされるケースがあります。閉経したと思っていて、本来は、閉経ではなく生理不順で、卵子がまだ残っていたときに、受精するということです。卵子がある場合は、また、生理が来ることが予想されます。

閉経後は妊娠しませんが、閉経したと勘違いをし、妊娠する確率は低いですが、少なからずあります。ホルモン検査や基礎体温をつけ、からだの状態を知っておくことが大切です。避妊も必ずしましょう。

自分が更年期かどうかを確かめるには?

自律神経の症状があるか確かめる

女性ホルモンが分泌されるプロセスは、脳の視床下部から脳下垂体へ信号が通達し、卵巣へ伝わります。自律神経をコントロールしているのは、視床下部です。血圧血流、心拍や、自律神経が司る内分泌、免疫などをコントロールしています。閉経に伴い、働きが鈍い卵巣に、もっと働かせようと脳は指令を強く出します。ですが、卵巣は働きが鈍いので脳は混乱し、誤作動を起こします。

不定愁訴ともいう症状には、急に汗が出るホットフラッシュや、動悸息切れ、下痢や便秘などの胃腸障害、頭痛、肩こり、のどの違和感、手足の痺れ冷え、高血圧、頻尿、生理不順など体に現れる症状があるか、調べてみるといいでしょう。

精神的症状が出ていないか確かめる

女性ホルモン、エストロゲンの減少により、ホルモンのバランスが崩れると、精神安定剤の役目をするセロトニンの分泌が乱れ、精神的にも現れる症状があります。不安感が強くなったり、イライラしたり、やる気が出ない落ち込みやすい、涙脆くなる、八つ当たりする、眠れないと言ったうつ症状が特徴的です。情緒不安定や、ヒステリックになることも。

更年期でなくても、月経前に現れる、PMS(月経前症候群)というのも、イライラや気分が不安定になる症状があります。年代的に更年期かなと思われたら、周りの家族に伝えておくことをおすすめします。周りのサポートが必要になり、知ってもらうと安心できますよ。

婦人科?精神科?どっち?

このような症状がでると精神科と婦人科、どちらへ行くべきなのか、迷う方も多いでしょう。どちらでも、診療可能です。2つとも受けることもいいでしょう。婦人科ではホルモン検査を、精神科ではカウンセリングをする、特徴別に受けることもおすすめです。カウンセリングは、しっかり話を聞いてくれる所をみつけましょう。

女性の更年期の悩み・生理やおりものの臭いについて。まとめ

いかがでしたでしょうか。更年期と若年性更年期の共通点は、ホルモンバランスの崩れです。違いは、発症する年齢と、周りの環境のストレスの違いです。更年期は、女性だけでなく、男性にも増えています。自律神経的、精神的症状は特に同じで、性欲低下や勃起障害など、男性特有の症状も出ます。

40代50代の方で、常にイライラするや、やる気が出ないと感じる方は、更年期かも知れません。更年期は、更にステップアップする女性になる、という意味もあります。気になる年代になったら、体と向き合うために、ホルモン検査を受けてみましょう。