デリケートゾーン

生理中の臭いが気になるのは私だけ?においの原因と対策について

目次

実は経血のにおいは無臭なの?生理の時の嫌な臭いの原因は雑菌!

生理の経血って何のこと?

膣を経由して排出される血液が経血です。経血には、単に血液だけではありません。生理の仕組みを知ると、よくわかります。

生理は約28~40日周期で毎月やってきます。生理開始後約14日で排卵します。排卵された卵子は、卵管で14日留まります。待機期間中の子宮内膜は、受精卵が着床しやすいようにフカフカのベッドの役割をします。また赤ちゃんを育てるため、たくさんの血液も作られます。しかし、受精しなかった場合、受精したものの着床しなかった場合は、子宮内膜は剥がれ落ち、卵子も一緒に排出されます。作られた血液も新しく入れ替えをするため経血として排出され、次の生理が始まります。経血に含まれているのは、子宮内膜、卵子、オリモノなどの粘膜やカスといったものがあります。生理というのは、単に血液だけではないのですね。

生理の時の臭いの原因は主に経血の酸化と雑菌の繁殖!

生理で排出される経血は、主に、剥がれ落ちた子宮内膜です。ほとんどが子宮内膜と分泌液で、純粋な血液は約10%ほどしかありません。膣から排出された直後の経血はなんと、無臭なんです。ではなぜ、経血が臭うのかというと、経血が空気に触れて酸化するからです。酸化は、空気にふれた直後から始まります。それと同時に雑菌が増え始め、臭いが発生します。雑菌が酵素を作り出すことが臭いの原因なんですね。

雑菌は、乾燥すると臭いは軽減されますが、生理中でナプキンを付けているあいだは、湿度が高いので臭いを放し続けることもいえますね。臭いが周り放される前に、ナプキンを取り換えると良いでしょう。

アポクリン腺の働き

体には汗腺は2種類あり、その1つがアポクリン腺です。アポクリン腺があるのは、ワキ、外陰部、肛門周り、乳輪、外耳道などにありますが、ワキの下に多くあります。もう一つの汗腺のエクリン腺の汗の約99%が水分です。アポクリン腺も汗を出す役割がありますが、タンパク質、脂質、アンモニア、鉄分などが含まれております。分泌する部所が少ないため、動物性タンパク質などを摂取しすぎた汗が、ぎゅっと凝縮されて分泌することが言えるでしょう。ぎゅっと凝縮されているので、臭いがキツくなるということが考えられますね。

アポクリン腺は、臭いを出す役割もありますが、フェロモンを出す役割もあります。人間の進化前には、動物の様に、フェロモンの臭いで縄張り争いなどをしていました。進化により、アポクリン腺を活用することが減っていき、アポクリン腺自体も減少したともいわれています。

肉食中心の食生活

動物性タンパク質や脂質を多く摂取することにより、動脈硬化や血中コレステロールなどが上昇します。いわゆる、血液がドロドロ状態になるということです。摂取した脂質などは、体臭や汗にも影響が出ます。外陰部には、アポクリン腺があり、肉食しすぎると汗と同時に皮脂やタンパク質の分泌が増加します。すると、雑菌が増えやすい状態とともに、臭いがきつくなります。糖質はアンモニアに変化するため、すえたような臭いを発生させます。

生理のにおいは病気でも臭くなる

生理中は匂いの他に、生理痛や腰痛、生理の量が少なかったり多かったりなど、気になることがありますよね。生理痛は痛みがある方、あるけど我慢できる方やもしくは痛みがない方、血液量はこれくらいなどと、個人差がありますので、気にならない方も多いでしょう。しかし、その生理痛や生理量の過少などの症状には病気のサインかもしれません。自覚がなくなかなか気づかない症状もあるようなので、生理で気づける病気があるのか、病例をいくつかお伝えします。

膣の病気

・細菌性膣炎

・カンジダ膣炎

どちらも、デリケートゾーンのバリア機能が低下すると引き起こす病気です。ホルモンバランスや洗いすぎ、疲れなどで常在菌のバランスが崩れ、細菌感染しやすくなり膣炎をおこします。細菌性膣炎がみられたら、カンジダ膣炎も発症していることが多くあります。同時に検査することがよくあります。

かゆみや、オリモノの増加や、臭いの変化(ときに、魚が腐敗した臭い)などの症状がでます。抗生物質、抗菌薬の服用や膣洗浄、塗り薬で対処することもあります。子宮頚管炎まで起こしてしまうと、流産や早産の原因にもなりますので、早めの治療が必要です。

性感染症

・トリコモナス膣炎

男性にも感染することが多い性病です。よくある症状は、オリモノの異常です。トリコモナス原虫という微生物が、膣内や尿道に侵入してしまう病気です。原虫ですが、顕微鏡で見ないと見えないくらいなので微生物の分類になります。性行為のみ感染するのではなく、タオルや下着、お風呂場やトイレなどでも感染する可能性があります。銭湯で感染する、なんてこともいえますね。

症状は、オリモノ臭いや増加、黄色っぽい泡のようなオリモノ、かゆみ、さらに尿道炎が発症が特徴です。トイレに行き、痛みを感じたら、病気を疑いましょう。そのままにしていても、トリコモナスは原虫ですので、抗菌薬を使わないと治りません。再発しやすいので、服用薬でしっかり治しましょう。

・クラミジア

クラミジアは、子宮の入口や膣に感染します。目にも感染することがあります。クラミジアは真正細菌で、性行為やキスなど粘膜に感染します。オリモノが増えるが、他には特に症状が表れないため気づきにくいことも。放っておくと、腹膜炎や子宮頚管炎、子宮内膜炎、卵管炎などを引き起こし、将来の妊娠にも影響を及ぼすことも考えられます。

こちらも再発しやすく、薬に耐久性を持ち、治りが遅くなることもあります。コンドームを着用することと、口からの感染を防ぐことを心がけましょう。

・淋病

男性に多く感染するイメージですが、女性も気をつけないといけない性病の一つです。クラミジアと同じくらい感染者が多い性病です。淋病は淋菌が粘膜に侵入します。「淋病」とは、性器から、雨の様に膿がぽたぽた落ちる様を見て、名付けられました。男性は、尿道のかゆみや黄色の膿が出る症状です。女性は、オリモノの増加、かゆみ、尿道炎や膀胱炎を発症します。クラミジアと同じ様に淋病も自覚症状が少ないため見逃してしまうこともあります。淋菌も細菌ですから、しっかり薬で殺菌をし、再発しないように注意しましょう。

オリモノの他に痛みなどの症状があるときは、早に受診し治療を始めることが大事です。

子宮の病気

・子宮頸がん

子宮の入口に発生する癌です。性交渉により、ヒト乳頭腫ウイルスの感染し発症することにより、性感染症の分類されます。大半が感染しても免疫力で消滅しますが、何度も感染したり、感染が長期化すると少ない確率で、異常を生じ、長い年月を経て子宮頸がんへ病変することがわかっています。

初期の段階では、自覚症状がありません。進行すると下腹部痛、性交時の出血や痛み、不正出血の症状がでてきます。治療は、手術、化学療法、放射線治療があります。ワクチンで予防ができる、病気です。若い方も怖がらずに検診に行きましょう。

・子宮内膜炎

子宮内膜炎は、細菌感染で起こる病気です。子宮内膜に、淋菌、大腸菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、結核菌などが感染し炎症を引き起こします。感染していても生理で剥がれ落ち排出されれば、炎症まで至らないことがあります。しかし、閉経後や出産後などの、生理がないときに感染すると、子宮内膜炎を発症することがあるでしょう。性行為だけでなく、子宮内の様々な検査をする中で感染する場合も、なくはありません。

症状は、下腹部痛や違和感、ドロっとしたオリモノ、不正出血などです。感染した細菌が特定されるまで、時間を要する場合は、効果の幅広い抗生物質を服用しながらの治療になります。ときに、膿を持ち、外科的処置が必要になるまで悪化することも。生理週間がない期間や、閉経後に痛みがあるときは、子宮内膜炎を疑い、受診しましょう。

生理中にデリケートゾーンの臭いが強くなる理由

ストッキング・下着の中が蒸れる

生理中は、生理用ショーツをつける方もいらっしゃるでしょう。ナプキンがズレないように、きつい下着でしっかりガードしておきたいですよね。生理用ショーツの上にスパッツやガードルをはかないと心配で眠れない方も。

しかし、締め付けのある下着は生理中は避けましょう。蒸れるとかぶれの原因になったり、雑菌が増えてしまったり臭いが発生しやすくなります。

ナプキンを取り替える回数が少ない

生理の量にも個人差がありますので、頻繁に変える方や、そうでない方もいますよね。生理開始から3日くらいまでは量が多いこともあり、頻繁に変える方も多いことでしょう。仕事などでなかなか変えられないなんて方は、大きめやしっかり吸収してくれるナプキンを使うことで対処している方も多いのでは。

長時間ナプキンを当てることで、経血が空気に触れる時間も長くなります。空気に触れた経血は酸化し、臭いの元に。そして、夏なんかは特に、汗で蒸れたりしますよね。蒸れは、雑菌も繁殖しやすい状況です。なるべくこまめに変えることがにおいをなるべく抑え、雑菌の繁殖も少なくすみます。

ホルモンバランスの影響

思春期や閉経前後、疲れなどでホルモンバランスが正常ではないことってありますよね。生理中でも、ホルモンバランスの影響はもちろんあります。ワキ、乳首などにアポクリン腺というのがあり、膣周りにもあります。ホルモンバランスが崩れると、アポクリン腺からタンパク質や脂質などの分泌液が出てきます。その分泌液が雑菌の温床となり、臭いが発生します。

アンダーヘアの処理

アンダーヘアは、生理の血が付いて雑菌が増えます。アンダーヘアを脱毛すると血液はつきませんが、ナプキンが直接接触し、かぶれの原因になることも考えられます。アンダーヘアがキャッチしていた横漏れも、脱毛することで流れやすくなるなんてこともあるかもしれません。

生理中のアンダーヘアの処理は、全て脱毛するより、毛量を整えてるだけにしておくのがいいでしょう。ウォシュレットを使い、清潔にしておくのもおすすめです。

  

病気が原因の場合も

生理中の量が増えたり、期間が長かったり、臭いがいつもよりキツいなんてことがある場合は、何かしら病気が隠れていることも。子宮内膜症や子宮筋腫は、発症すると量が増えたり臭いがあったりします。

子宮筋腫の場合は生理期間が10日以上あったり、下腹部痛、発熱、吐き気などがあり、レバーのような塊で出てくることもあります。子宮内膜症も塊がドロっと出て、下腹部痛があります。経血が増えると、雑菌をも増やすことにもなり、臭いがキツく感じます。少しでも変化に気づいたら、痛みを我慢せず、早めに婦人科を受診してください。

食べ物で臭いがきつくなる

食文化が欧米化してきている昨今、動物性タンパク質を多く摂取することが臭いの原因です。脂肪分が多いものは特に要注意です。腸内環境も悪化させ、体臭までもが臭くなってしまいます。チーズなどの乳製品も摂りすぎには気をつけましょう。エネルギーに変換されなかった脂質や糖質は、皮脂となり、汗とともに排出されます。

腸内環境が悪いと、カンジタ菌などが、繁殖しやすくなります。腸内の悪玉菌が増えることにより、膣内の悪玉菌も増えるこになり、臭いが発生します。

生理の終わりかけに嫌な臭い悪化するケースもある

経血量が減ることが原因

生理は、通常なら約1週間続きますが、全て同じ量の経血量がでるわけではありません。経血量が多いときは、常に新しい経血が流れているため臭いは気になりませんが、終わりかけの方が気になる方も少なくはありません。生理の経血量のピークは3日位で、4日目からは量が減り始めます。量が少なくなると、膣内や毛にへばりつきやすくなります。へばりついた経血が酸化し、雑菌が繁殖し臭いが発生することがあります。

ナプキンを変える回数が減る

経血の量が少なくなれば、ナプキンを変える回数も減りますよね。帰る回数が減るということは、経血が付いたナプキンを長時間付けたままということになります。長時間付いた経血には雑菌が増殖しているので、臭いの原因となります。長ければ長いほど臭いがキツくなりますので、経血の量が減っていても、こまめに変えることをおすすめします。肌荒れにもよくないので、頻回に変えましょう。

生理が終わっても、経血が残ってしまう

経血が全くナプキンにつかなくなると、生理周期が終わりです。終わったはずなのに、臭いが残っていることってありますよね。なぜ、匂いが残るのでしょうか。それは、膣の中にまだ、経血が残っているからです。そこに、雑菌が増殖しても流されないため、臭いがキツくなることが考えられます。オリモノなどで、流されれば臭いは薄くなりますが、気になるようなら、ビデを使い、膣洗浄をするといいでしょう。

生理中の気になる臭い対策~デリケートゾーンの臭いケア

清潔を保つ意識!ナプキンは小まめに変えること!

長時間付けたままのナプキンは、雑菌が増殖して、臭いの悪循環を招きます。デリケートになっている膣や、外陰部にも悪影響を及ぼす可能性があります。生理となると、ナプキンを変えるためにトイレに入り、トイレに行く度にナプキンを変えなくてはならないので、めんどくさいと感じている方も多いのでは。ナプキンをこまめに変えることで、臭いは軽減され、肌への接触のストレスも減ることでしょう。

香り付きのナプキンがあります。パッケージも可愛いですので、毎回変えるのが億劫なかたは、ナプキンを変えてみるのもいいかもしれませんね。

酸化しにくいタンポン、通気性の良い布ナプキンを試してみる

ナプキンの匂いがきにきになる方は、タンポンを使用してみてはいかがでしょうか。タンポンは、膣に入れて使用しますので、空気に触れることはありません。空気に触れないので酸化しにくく、あの嫌な臭いは軽減されます。初めてでも使いやすいようにできていますし、種類もたくさんありますので、どれがあうか試してみては。

布ナプキンは、防水の布でカバーするナプキンです。綿の布に経血を吸わせて、防水加工の布が漏れを防止します。従来のナプキンより、擦れもないので使いやすいと人気があります。下着を選ぶように、デザインが豊富で、選ぶのが楽しくなりますよ。まさかこれがナプキン?て思う方もいらっしゃるのでは。普通の下着のような肌触りで、通気性がいいのが特徴で、メリットは、何回も洗って使えるので経済的です。デメリットは、洗わないといけないこと。使用済みの布ナプキンを水かお湯に浸しておいて、そこから洗剤をつけて、もみ洗いします。綺麗になった所で、洗濯機に入れます。この手のもみ洗いが億劫ですよね。ですが、1度使えばやめられないのが布ナプキンです。ぜひ、おすすめしますので、試してみてくださいね。

通気性の良い下着や衣類の着用を心がける

生理中の蒸れなどの不快感を少しでも和らげるため、通気性の良い下着をつけましょう。生理中はそうでなくても、膣環境は蒸れやすく、ずっと湿っているようなもの。キツい下着の締め付けは悪循環を招く元です。経血の漏れが心配なときは、夜用の大きい物を使い、こまめに変えましょう。こまめに変えることが出来れば、臭いも軽減しますので、おすすめします。すると、綿の下着でも快適に生理週間を終えることができるでしょう。

アンダーヘアの処理はとても大切

生理中のアンダーヘアにも困りもの。経血は付くし、ナプキンを付けるとゴワゴワして気持ち悪い、なんて方も多いのでは。脱毛したメリットは手入れがしやすかったり、生理の血が毛に付かなくなっていいですよね。デメリットは、経血を覆うものがないので前より臭いが強くなったり、ナプキンで擦れやすくなったり、漏れやすくなったりなどあります。脱毛するかしないかは好みによります。生理中にアンダーヘアが気になる方は、切って整える程度の処理で抑えておくことをおすすめします。

脱毛するときは、生理直前直後は肌がデリケートなので避けて行いましょう。

やさしく洗う!正しいデリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンの膣内は酸性に保たれていて、膣周りは弱酸性で、細菌の侵入を許しません。大事な子宮を守るため、侵入を阻止しています。ですから、デリケートゾーンには、洗い方を注意しないといけません。どのようなことに注意するといいのかお伝えします。

洗い方は優しく丁寧に

ゴシゴシ洗わないで優しく洗います。ゴシゴシすると、皮膚が擦れ、黒ずみの原因になります。皮膚の摩擦が表皮を刺激し、キメを乱してしまうと乾燥肌になってしまいます。乾燥肌になると、かゆみを引き起こす場合がありますので、ゴシゴシ洗いは避けましょう。

しっかり泡立てて、キメの細かい泡を作ります。その泡をデリケートゾーンにつけて、撫でる程度でやめます。そのまま3分つけて泡パックもできますので、試してみてくださいね。顔もデリケートゾーンも同じですから、優しくを心がけましょう。

  

専用石鹸で洗うのがベター

デリケートゾーンには、デリケートゾーン専用の石鹸を使用することが鉄則です。ボディソープには、界面活性剤などが入っています。皮脂が取れやすいようにと入れられているんですね。様々な薬品が入ったボディソープは、デリケートゾーンの様に、皮膚が薄い場所には、刺激が強すぎます。

天然素材で作られたデリケートゾーン専用の石鹸は、弱酸性で肌にも優しく作られています。デリケートゾーンには、安心して使え、全身にももちろん使用できます。臭いだけでなく、美白効果や保湿効果もバツグンですので、1度使えば手放したくないものになるでしょう。

洗いすぎに注意する

デリケートゾーンの洗いすぎには注意があります。デリケートゾーンの膣や周りには常在菌がいて、細菌を防ぐ働きをしています。洗いすぎにより、常在菌を流しすぎると、常在菌のバランスが崩れ悪玉菌が優位に立ってしまう恐れがあります。悪玉菌が優位になると、細菌が侵入しやすくなったり、肌荒れやかゆみを発生する可能性が高くなります。洗いすぎには、くれぐれも注意し、何回も洗わないようにしましょう。

医療用の膣洗浄剤で自分でできる膣洗浄できる膣ケア

安心して使いたい方におすすめ

【インクリア】

3本セット 1296円(税込)

10本セット 4320円(税込)

年間1200万本以上生産している、人気の商品です。韓国の産後調理院で行われている、産後ケアを元に作られました。無香料の透明なジェルで、乳酸、ヒドロキシエチルセルロース、バラオキシン安息香酸メチル、ヒアルロン酸ナトリウム、グリセリンが配合されています。膣の中には乳酸が菌の侵入を防いでくれています。同じ乳酸ですので、馴染みがよく、トラブルなく膣環境は整えられるでしょう。主に保湿成分ですので安心です。衛生的な使い切りタイプで、使用方法も簡単。丸いホォルムの方を膣に挿入し、プッシュするだけです。スムーズに膣に挿入できますので、ぶきっちょうさんでも怖がらずにできます。

早く生理を終わらせたい方におすすめ

【プチシャワー・セペ】

1本 120ml 300円(税抜)

3本120ml×3 840円(税抜)

6本120ml×6 1200円(税抜)

生理を早く終わらせたいとき、オリモノが気になるとき、産後や病気などで入浴できない時などにおすすめです。29年のロングセラーを誇るプチシャワー・セペ。南アルプス天然水を使った、防腐剤や殺菌成分が入っていない精製水を使用しているので、安心です。膣内にへばりついた経血を洗い流すことにより、早く生理が終わるということなんですね。生理の4日目5日目に使うといいでしょう。ノズルは滑らかな形で、膣の入り口より小さくつくられているので、少し広げるだけでスルッと挿入できます。使い捨てタイプで、しかもポリ袋もついていますから、携帯にも便利です。

あたかいお湯で洗いたい方におすすめ

【クリーンシャワー】

袋入り・箱入り

それぞれ1本入 292円(税込)

箱入り4本入 626円(税込)

形や感触が柔らかいので、初めてでも安心して簡単に使えたと口コミがあります。国内で採取された精製水を使っています。日本女性に適した形のノズルを採用することにより、挿入をスムーズに行うことができるので、初心者にぴったりです。冬場は冷たい精製水も、お風呂などの湯に容器ごと入れて温めることができます。温かいお湯でなら、体がぎゅっとならずに使えてうれしいですよね。袋入りは、持ち運びができますので、外出先や旅行にも持っていけますね。ちゃんと医療機器の承認番号もあります。ビデを使う時は、医療機器の承認番号も確認しましょう。

食生活の見直し!動物性たんぱく質の摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎに注意

食物繊維を摂取する

腸内環境を整えるには、食物繊維を摂りましょう。腸内環境が悪く、便秘を引き起こしてしまうと、溜まった便から毒素を出し、身体中に毒素が回ってしまうこともあります。体臭やにきびなどの肌荒れの原因にもなります。食繊維を摂取し、便秘にならない食生活を心がけましょう。血液循環にも影響がありますから、便秘は早めに解決するのが肝心です。血液サラサラが、生理にも関係するので、心得ておいてくださいね。

お酒の糖質はタブー

ビールなどのアルコールのは中には糖質が含まれています。糖質は、体のしくみによりアンモニアと結びつき、体臭がきつくなります。アポクリン腺から、タンパク質が分泌されると、皮脂が酸化し、酸化臭と変化することがあります。アポクリン腺は、デリケートゾーンの外陰部にも分布されていますので要注意です。肉などの植物性タンパク質を避け、大豆などの豆類を摂取しましょう。きのこ類もビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、たくさん取るといいですよ。

日本酒は、麹から作られているので、お酒を飲むなら、日本酒に変えて見るのもおすすめです。麹は美肌に効果が期待できる成分ですので、積極的に摂りたいものと言えるでしょう。何事も飲み過ぎは禁物です。

フルーツや、発酵食品も積極的に!

フルーツや発酵食品も腸内環境を整える食材として有効です。フルーツには、ビタミンAやビタミンCなどの肌に効果がある成分がたくさん含まれています。

ビタミンAは美肌に効く成分で、レバーやうなぎなどに含まれています。

ビタミンCは、肌の老化を防ぐ働きをします。抗酸化作用がある成分は、臭いの元になる脂質の酸化を防ぎます。

他には、イソフラボン、ビタミンEです。イソフラボンは、大豆に多く含まれていて、女性は特に取っていただきたい成分です。イソフラボンは、皮脂を抑える女性ホルモンと似たような働きをするので、積極的に摂取しましょう。βカロチンのカボチャやほうれん草、ビタミンEが豊富ないちごやバナナも、臭いを防いでくれる食材ですのでおすすめします。

生理中の臭いが気になるのは私だけ?においの原因と対策についてまとめ

生理中は、特にナーバスになりますよね。生理痛に腰痛、頭痛がして不調が出る方もおられます。特に臭いは自分だけでなく、周りに気づかれていないか不安になりますよね。ナプキンをこまめに変えることで、臭いは軽減されます。布ナプキンは、大変優秀に働いてくれますので、使っていただきたいグッズです。ビデも慣れてくれば、最高のアイテムに変わりますよ。毎月のことなので、少しでも気分よく過ごすためには、色々試してみてくださいね。

生理は個人差が強く、これが普通だと思っていて、なかなかわからないものです。生理痛も我慢する必要はありません。その我慢が、将来のあなたを苦しめることにもなりかねません。めんどくさがらず、検診をきちんと受けるようにしておくことが、体を守ることにつながります。日頃のちょっとした痛みや出血などがあるときは、病気のサインを見逃さず必ず受診する、を心得ておきましょう。