体臭悩み解決

足のにおいの原因とは?靴を脱ぐと足がくさい女性必見!

私の足ってどうして臭い?足が臭くなる原因とは?

足が臭くなるのは汗が原因

足の臭いの原因は、汗をかいたことで靴の中が蒸れることにより雑菌が増えこと。足の裏は汗腺が多く、両足でかく量は1日あたりコップ一杯~一杯半の汗をかきます。寝ている間でも汗をかいているのも、知っている人は少ないでしょう。ワキガの臭いが放つのはアポクリン腺ですが、足裏にはエクリン腺が多く分布しています。エクリン腺はさらさらとした汗を排出し、臭いはほとんどありません。それでも足の裏の汗が臭うのは、雑菌が原因です。

歩く時、足裏には全体重が乗りますよね。体を支える足の裏の角質層は厚くなり、剥がれる量も増えます。剥がれた足の裏の角質は汗と混ざり、雑菌が分解するときのエサとなります。臭い物質が発生することで足が臭くなります。さらに靴の中では高温多湿状態。雑菌が繁殖する絶好の環境です。家の雑菌がついたまま靴を履き、靴の中の蒸れた汗と反応して臭いが出ることも考えられます。

足が臭い!臭い物質のイソ吉草酸とは?

足の裏の臭いはとても独特の臭いがしますよね。靴を脱ぐとプ~ンと臭ってくるあの臭い。あの臭いの成分はイソ吉草酸です。イソ吉草酸は汗が常在菌により分解することで発生する揮発性低級脂肪酸となったもの。納豆やチーズの臭いと同じ臭い成分です。揮発性低級脂肪は、濃度が低い値でも臭いを強く感じる特徴があります。足の臭いが少しでもあると、揮発性のため広範囲に悪臭が広がる可能性もあります。

病気が臭いを放している

足の臭いってみんなも臭ってるのか、心配になりますよね。洗っても洗っても臭いが取れないとき、病気のサインかも。足の臭いがサインとなる病気を紹介します。

・水虫

水虫は感染症です。皮膚糸状菌というカビが発生します。水虫になる菌やカビには臭いはありません。水虫になっからといって、必ず足が臭いとは限りません。足が臭くなる→足が蒸れる→雑菌が繁殖する→水虫菌が繁殖しやすい環境になっていることがいえます。足が臭くなると水虫になる確率が高くなるのです。足が臭くなって痒みが出たり、カサカサしている時は水虫を疑いましょう。痒くなくても白く粉をふいているのも、水虫の可能性があります。

・内臓疾患

内臓疾患を患うと免疫力が低下し、小さい細菌や雑菌の影響を受けてしまいます。内臓疾患の異変の目安として、体臭や足の臭いが強く感じることもあります。足の臭いだけで判断するのは早すぎますが、足の臭いも体のバロメーターの1つとして心得ておきましょう。

足の臭いにバクテリアが繁殖!繁殖するバクテリアに関わる成分とは?

バクテリアってどんなもの?

バクテリアは細菌です。イソ吉草酸もバクテリアにより臭いが発生します。皮膚にはあらゆる所に常在菌が存在しています。 バクテリアの餌は皮脂や汗などを食べています。普段は肌のお掃除をしてくれているありがたいバクテリア様なのです。バクテリアが大好きなのは湿度高めの場所。靴の中の湿度はバクテリアには最高に意心地がよく、汗や角質という餌も豊富。

豊富な餌を食べれば、バクテリアも排泄物を出します。バクテリアが増える、排泄物を出す、また増えるというサイクルがうまれてしまいますね。臭い排泄物のたまり場が靴の中では出来上がってしまう為、足が臭くなることがいえますね。他に臭くなるバクテリアをお伝えします。

メタンチオール

末端に硫黄に結びつく化合物です。腐った玉ねぎの臭いがします。人体から出る臭いニオイの中に、非常に多く存在します。無色の気体という特徴を活かし、ガスに添加することで無臭のガスを感知できるようにしています。メタンチオールの臭い感知度は低く、少しの臭いでも強烈にクサく感じます。ブレビバクテリウム属菌の常在菌が角質を餌として分解する時に、生成する物質がメタンチオールなのです。

プロピオン酸

プロピオニバクテリウム・アクネスはアクネ菌のことを言います。プロピオニバクテリウム属菌の常在菌が足にも存在しています。プロピオニバクテリウム属菌が汗に含まれるアミノ酸を分解する時に、酸っぱい臭いのプロピオン酸を発生させます。短鎖脂肪酸の1つで、腸内フローラに関連しています。腸内フローラによって作られる短鎖脂肪酸のプロピオン酸。活躍は大腸内で、弱酸性に傾けて悪玉菌を抑制する働きがあります。酸性の物質により酸っぱい臭いなんですね。

1時間靴を履くと、靴の中の湿度は100%にまで達するというデータがあります。数値で見ると思ってた以上に、湿度が高いのが驚き!ジメジメしてるんですね。

足が臭くなることに特徴がある?こんな人は要注意!

スーツを着た女性

スーツを着た女性はストッキングを履き、パンプスを履きますよね。ストッキングは足が蒸れやすく、汗を吸収しにくい素材です。それにパンプスは通気性がよくない革製品が主流です。パンプスは男性の革靴より幅が狭く、指の可動域が狭くなっています。指同士がくっついて、より蒸れる原因になります。

ストッキングはまめに履き替えるようにしましょう。消臭ウェットティッシュで足を拭いてから、履くことをおすすめします。パウダー入ならサラサラが持続し、汗を抑えられるでしょう。

緊張しやすい人

緊張した時にダラダラと汗をかく、精神性発汗というのもあります。神経的にストレスを感じたり、汗を気にし過ぎると心は焦り、より汗がダラダラと排出します。このような汗は、ねっとりした黄色っぽい汗をかきます。また、汗を頻繁にかいてしまう多汗症という病気があります。何時何時急にでもバァーと汗をかいてしまいます。

緊張しやすい人は汗の分泌量が増えるので、足の臭いも強くなることがいえます。緊張した時は、深い深呼吸をして心を落ち着かせましょう。

靴を1つしか持ってない人

靴を1つしか持っていない人は、同じ靴を履き続けることですよね。同じ靴を履き続けることで、足の臭いは靴にこびりついてしまいます。もちろん、汗も染み込んでしまいます。その臭いが靴下に染み込み、靴を脱いだときの足の臭いの原因となります。

同じ靴を履かないといけない時は、靴下をこまめに変えましょう。インソールを入れる時は、履いたあとよく乾かしてから使うと臭いを抑えられます。

足が臭い人とそうでない人。その違いとは?

いつもの生活に違いがある

足が臭くなる原因はストレスも関係しています。規則正しい生活が一番いいのですがなかなかそうは行きませんよね。毎日残業でシャワーで済ませていませんか?ファーストフードで簡単に済ませている方、寝不足などは体にストレスを与えています。湯船に浸かることで汗腺が開きやすくなり、汚れもとりやすくなります。体が温まりぐっすり眠ることができます。食事はファーストフードなどの動物性タンパク質を控えて、和食系にしましょう。

生活習慣が足の臭いを作っていると言っても、過言ではありません。食べたものの質や行動が汗にも影響を与えています。自分がやりたいことをすると、心と体のリフレッシュ効果が高まります。運動やショッピング、趣味を広げるなどしてストレスを軽減しましょう。

食べてるものに違いがある

足が臭くなる人は肉食が多い人です。肉食は悪玉コレステロールを増やし、血液をドロドロにします。肉食ばかりで野菜は食べない!なんて方は便秘になりやすいでしょう。便秘になると腸内環境が悪くなります。腸内に滞留した便から毒素が発生し、腸壁を通し、毛細血管から吸収されます。やがて毒素は体中を巡り、皮膚の汗と共に臭いにおいが排出されます。足の裏も汗腺を通し、臭い汗が排出されます。ニンニクや香辛料などの臭いが強い食べたものも注意しましょう。体の中に入っても、臭いが消えずに体中にまとわりつくことがあります。

腸内環境を良好にする食物繊維を摂りましょう。野菜、果物、こんにゃくはお腹のおそうじにぴったり。低脂肪や無糖のヨーグルトで乳酸菌で善玉菌を

育てることも大事ですよ。善玉菌を増やし、足の汗をドロドロからサラサラに変えましょう。

職種が関係している

警察官、自衛隊、看護師、建築関係といった職業は、常に緊張感を持って仕事をしている共通点がありますよね。各車両の運転士も共通しています。緊張感があると汗の分泌量も増えます。警察官や運転士は革靴、自衛隊や建築関係の方は安全靴やしっかりしたブーツ、看護師さんはストッキングにナースシューズを履いています。革靴やブーツは汗で蒸れやすいですよね。ナースシューズも蒸れてしまうのです。看護師さんはストッキングとソックスタイツを重ねばきする方も多いのでは。緊張の連続や夜勤の疲れで、足の裏にはドロドロの汗をかいてしまうことに。また、履き続けることも足の臭さを助長してしまいます。

なかなか靴にまで気を回せない職業では、靴下を小まめに履き替えるといいでしょう。緊張をほぐす、ストレッチをするのも、汗を抑える効果があります。足の臭いを抑えるには、デオドラント効果がある石鹸を使いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。足の臭いの原因は汗による雑菌が増えることです。常に地面に密着している足は、雑菌がウヨウヨいるんですね。仕事で長靴の方や女性は冬のブーツも要注意!脱いだら炭をいれて消臭しておきましょう。新聞紙など紙をいれて湿気を吸い取っておくのもいいですね。出がらしの緑茶の葉も臭いが抑えられるのでおすすめです。

容姿端麗な方でも足が臭いと台無しですよね。足だけでなく体の中、心の中のデトックスが臭い軽減にアプローチします。全身から足の臭いケアをしっかり行って、素足美人を目指しましょう。