スキンケア

敏感肌の改善方法とは?スキンケア編

敏感肌の人が気をつけるべき、クレンジングと洗顔方法は?

敏感肌によいクレンジングはミルクタイプ

クレンジングの種類にはいくつかあります。クレンジングオイルは、油分を与えるようで乾燥肌には一見、よさそうですが、過剰な油分は、皮脂や水分を必要以上に洗い流してしまいます。ふき取りシートは、肌を擦りますよね。すると、肌に圧がかかり、それが、負担になり、肌が荒れてしまいます。

敏感肌のクレンジングには、乳液のような手触りのクレンジングミルクが適しています。ミルクタイプには、低刺激のものが多く、ヒリヒリ感も少ないのが特徴です。肌に乗せても伸びがいいですから、圧の負担も少なくてすみます。肌の上をクルクル撫でるように、指を滑らすように、クリームに馴染ませるとマッサージ効果もあります。

敏感肌のクレンジングで気をつける、ダブルクレンジングとはどんなものかお伝えしましょう。

敏感肌の人はダブルクレンジングはしない方がいい理由

敏感肌の方は、ダブルクレンジング洗顔はおすすめできません。なぜならクレンジングは、メイク汚れや油汚れを落とす時に使います。クレンジングは油分や皮脂を必要以上に剥がしてしまいます。お湯が肌から蒸発する際に、肌の水分も一緒に蒸発してしまいます。肌にはホコリや異物が入らないように、バリア機能があり、敏感肌の方の乾燥の多くはバリア機能が失われがち。また、ターンオーバーという、肌の生まれ変わりのサイクルも乱れます。

クレンジングした後に、また洗顔フォームなどで洗ったら、また皮脂などがとれてしまい、そこから刺激物質が侵入し、赤みや乾燥が益々悪化する場合もあります。もし必要ならば、すぐに保湿をするといいでしょう。

クレンジングの中には、ダブル洗顔不要のものもあります。ダブル洗顔不要とは、洗顔フォームなどにクレンジング成分が配合されといるというものです。敏感肌のかたはこちらをおすすめします。ダブル洗顔不要のものに変えたら、肌荒れやヒリヒリがましになるかもしれません。

洗顔が1回で済みますから、お湯に触れている時間も短くなって、敏感肌には時短で肌に優しいのが特徴です。洗顔後は、すぐに保湿したいですよね。ですが中には、洗顔後も潤いを保ってくれるものもありますから、ゆっくりスキンケアできます。

敏感肌の優しく洗う洗顔方法とは

敏感肌の洗顔のやり方は、メイクをしていないときや朝は、水だけでもいいのです。脂性肌の肌も、実は乾燥している可能性があります。乾燥している肌の防御反応として、油分が出すぎている場合もあります。

洗顔料を使う時は、しっかりきめ細かくなるまで泡立てます。汚れや角質を泡に浮かせて、洗い流します。

ここで気をつけるのは

·ゴシゴシむやみにこすらない

·肌に指はふれない

·しっかり洗い流す

·こすらず優しい抑えながらタオルオフ

·タオルオフしたらすぐ保湿しよう

ゴシゴシすると、角質が取れすぎて肌荒れのもとになりますからやめましょう。それが、敏感肌の洗顔方法です。

敏感肌の人が気をつけるべき、化粧品の選び方

敏感肌の為の化粧水&乳液選び

化粧水の役割は、洗顔後の肌に潤いを与えるものですから、慎重に選びたいものです。敏感肌のためにはノンアルコールや、アルコールフリーとされる化粧水をおすすめします。アルコールとは、防腐剤の働きをし、敏感肌には刺激を感じます。

乳液の役割は、油分や水分の蒸発をふせぎ、皮膚に柔らかさを与えます。保湿成分を肌に密着させ、浸透しやすくしたりします。

化粧水、乳液にどちらにも適している保湿成分のセラミドが配合されているものは、セラミド不足で乾燥した肌を外から補ってくれますから、大変優秀なスキンケアといえます。

敏感肌の為の下地やファンデーション選び

化粧下地やファンデーションは、化粧水や乳液で肌を整えた後、ファンデーションの密着や、肌の色を健康的に綺麗に見せるためにします。紫外線、外気などの乾燥を防ぎます。

敏感肌の為に化粧下地とファンデーションを選ぶポイント

·肌に良くない添加物や成分が入っていない、ミネラルなもの

·紫外線カットのカット指数がたかくないもの

·スーッと伸びがよく、薄づきでもしっかりカバーできるもの

敏感肌に刺激になるような成分は避け、低刺激のミネラル成分配合がいいです。紫外線カット指数が高いとそれだけの肌への負担があります。ファンデーションの厚塗りは、メイク崩れがしやすくなります。薄づきだと、使う分量が少なく、肌にも経済的にも負担が軽くなりますよ。

敏感肌の為のコスメ選び

敏感肌の目の周りの皮膚も、コスメを慎重に選ばないと、かぶれやハレなどの要因になります。肌に合わなくて、腫れてしまい、悩む方もおられると思います。

アイメイクなどの化粧品や、チーク、口紅などには、綺麗に発色するように色がついていますよね。その色は、石炭タール系の原料によって生産される、合成着色剤を使用している化粧品がたくさんあります。発色がいいので使われますが、皮膚への刺激があります。

石炭タール系色素が入っていない、天然色素のみがいいです。天然色素は、食物から色を出しているので安全性が高い色素です。24時間つけていても大丈夫なものは、敏感肌にも優しいコスメで、洗顔だけで落とせますのでおすすめします。

敏感肌の人が気をつけるべき、化粧品の成分とは?

菌の繁殖を抑える防腐剤

何気なく使っている化粧品、ある時いつものように使っていると突然、肌が荒れる時ってありますよね。

化粧品もゴミや微生物が繁殖すると腐ることがあります。それを防ぐために防腐剤を入れます。時には、細菌が増えカビが生えたりすることもあり、その化粧品を肌につけるとどうなるでしょうか。肌荒れの原因や、アレルギーを起こすこともあります。

巷で販売している化粧品は、未開封の状態で3年間、品質を保持しなければならないと法律で定められています。3年間肌に付けても害が出ないように、防腐剤がいれられているんです。

敏感肌に刺激がある防腐剤には、種類がありますから、お伝えします。

敏感肌に刺激を与える防腐剤の成分

·パラベン

化粧品でよく使われている防腐剤です。パラベンで皮膚に疾病が起きてしまう割合は1000人に2、3人とされていますが、0ではないことです。メチル、エチル、プロピル、プチルと4種類あります。メチルが肌への刺激が少ないのでよく使われています。

·安息香酸

主に香料として使われ、樹脂の中の一つです。水に溶けにくく、殺菌作用には弱いが、静菌作用があります。

·フェノキシエタノール

アルコール成分の一つで、玉露の発揮成分で天然成分であり、比較的体に害はないものです。しかし、アトピーの方や、敏感肌のかたは、避けた方がいいでしょう。

敏感肌の刺激を与えるものに合世界面活性剤がありますのでお伝えします。

敏感肌に刺激を与える合成界面活性剤

ラウリル硫酸ナトリウムという、合成界面活性剤は、化粧品の水分と油分を混ぜて作る際の接着剤的な要素で入れられています。ラウリル硫酸ナトリウムは、洗浄力が強く、皮脂が取れすぎてしまいます!

化粧品に入っているものは、粒子が細かく肌に残ってしまうこともあり、肌荒れを誘発します。敏感肌の乾燥をより、悪化させますから、避けましょう。

敏感肌の人におすすめのスキンケアや化粧品

パラベンフリーなどの無添加で低刺激

パラベン、アルコールなどの防腐剤、添加物が入っていない無添加が、敏感肌の肌には低刺激で最適です。皮脂のとりすぎを防ぎ、ターンオーバーを正常に働くように仕向けます。

無添加の化粧品の多くは、天然のものから抽出した成分を使っており、赤みがなくなったなどの声もあります。

無添加など防腐剤フリーの商品は、もちろん防腐剤は入っておりませんが、傷みやすくなりますから、冷蔵庫に入れるなどして、早めに使い切りましょう。

無添加の化粧品はたくさんありますが、ファンケル、無印良品、HABAなどがあります。

リピジュア®(ぽりくおたにうむ-51)配合で低刺激で保水力が高い

世界で注目されている保湿成分リピジュア®は、保湿性能が高く、ヒアルロン酸の約2倍に値します。約2000個の分子が化学結合したもので、医療の分野でも活躍しています。

ヒトの細胞膜に近い構造ですから、ヒトの細胞になじみやすく、肌の奥にも浸透するのも特徴です。抗酸化物質ですから、シミやソバカスを防ぎます。

リピジュア®が配合されている化粧品は、PlusRay(プラスレイ)のフラストレーションローションプラス150mlで6800円で、少し高めですが、天然成分が入っています。お試しもありますから、ぜひ、ためしてみてください。

アスタキチンサン配合は肌がピン!

アスタキチンサンは、カロテノイドと天然の色素の一つで、赤色をしています。特に魚の鮭やタイ、かになどの甲殻類にあり、熱を通すとタンパク質とアスタキチンサンが分離することが、茹でかになどが赤くなる理由で

す。

抗酸化作用があり、紫外線によるシミシワ、ソバカスなどを防ぎます。眼精疲労にも有効とされ、加齢黄斑変性症の予防や白内障の予防にも効果を発揮します。肌にも体にもいいアスタキチンサンは、老化防止になります。

富士フイルムのアスタリフトシリーズがあります。トライアルキットは1000円(税抜)と、お得です。

敏感肌の改善方法とは?スキンケア編まとめ

いかがでしたでしょうか。敏感肌のクレンジングは、ダブルクレンジングではなく、1回でしっかり落とせるものを選ぶのがいいです。タオルを濡らして、レンジで温めると蒸しタオルができます。その蒸しタオルを、暖かさが無くなるまで顔に当てると、美容液などが浸透しやすくなります。

肌につけるものを見直すだけでなく、生活習慣も見直して、自信のあるすっぴんを目指してみてくださいね。