デリケートゾーン

すっぴんでも赤ちゃん肌になれる!乾燥肌のタイプ別改善方法とは?

乾燥肌とはどんな肌状態を言うの?

あらゆる理由で保湿成分が失われている状態

乾燥肌は、見た目はカサカサ、パリパリとした肌のことです。触ると、粉をふいたような白い皮膚が手に付きます。それは、細胞が壊れた皮膚なのです。酷いと、ヒリヒリ感やかゆみ、赤みを帯びた肌になります。肌の水分が無くなっている状態が乾燥肌です。冬場によくなるイメージですが、夏場でも乾燥することは多々あります。
体内の水分不足、紫外線、スキンケア不足、ストレス、ホルモンバランス、年齢、生活習慣などの理由により乾燥肌になります。
顔は常に外気にさらされ、風に当たり常に水分が蒸発しています。その上紫外線やエアコンで水分は益々蒸発してしまいます。年齢を重ねると水分の吸収が悪くなります。
食事などの改善で体の中のケアと、外からのケアで肌の保水力を養いましょう。野菜からでも水分は取れますから積極的に食べましょう。食物繊維も取れて腸内環境も良好にします。

皮脂が過剰に分泌している時も要注意

皮脂が過剰に分泌している方も多いのではないでしょうか。その皮膚の下の肌は乾燥しているかも…。
肌が乾燥する時の皮膚の状態は、油分と水分のバランスが崩れています。皮脂が過剰に分泌しているということは、油分が優位になっている状態です。
乾燥肌になると、バリア機能が正常に働かず、角質が剥がれてしまうと、肌が防御反応を起こして、肌は皮脂を分泌し、乾燥から肌を守ります。肌が乾燥していればいるほど、皮脂は分泌されるということですね。

皮脂の過剰分泌は乾燥肌の黄色信号の合図だと意識しておくと良いですよ。

ヒリヒリ感やかゆみがある肌ストレスの状態

乾燥するとバリア機能が崩れ、角質が乱れているところへ、保湿材の成分が
ダイレクトに角質層や真皮などの深層部へ侵入すると、ヒリヒリ感やかゆみといった肌ストレスを引きおこします。
化粧品に入っている成分を見て、肌に合わないものがあるか知る必要があります。アルコールが入っているものは刺激が強いので、ノンアルコールのものを選んで使うと低刺激で、肌にも優しいです。合わないものを使いヒリヒリ感などがある時は、すぐ洗い流すか、使用を中止しましょう。

乾燥肌を引き起こす原因は日々の生活習慣と関係している?睡眠不足やエアコンなどから見る乾燥肌になる原因とは

肌の乱れは毎日の食生活が大事

食事のバランスを良くすることは、肌の皮脂バランスを整えることにも効果的です。乾燥肌の原因は水分と油分のバランスがカギ。水分:油分は8:2が理想です。多すぎても少なすぎてもダメなんです。
油っこい食事やコラーゲンたっぷり鍋などを食べると、翌日はプルプル肌になってる!と喜んじゃう!なんて方いますよね。あの肌は、余分な油分が出ている状態です。体の中に吸収しきれなかった油分が外に出てきてしまっているということ。油っこいものの摂りすぎには注意しましょう。
野菜のカリウムや食物繊維、ミネラルも美肌にいいですし、果物のビタミンCは抗酸化作用があり、シミそばかすの予防になります。体の中の栄養を満たして、血液循環を良くして水分代謝をあげ、乾燥肌を防ぎましょう。

睡眠不足のストレスやホルモンバランスの乱れ

睡眠不足は体の大敵です。睡眠不足は体のサイクルを乱します。体のサイクルとは、1日24時間で栄養の吸収や排泄を時間に合わせる体の中のリズムです。

·体内サイクル
朝4時から12時までが「排泄」
12時から20時までが「摂取と消化」
20時から翌4時までが「吸収と利用」

睡眠不足になると、サイクルが正常に行われずリズムが崩れ、ホルモンバランスも影響されます。睡眠中は体の細胞を入れ替えたり、組織を修復するなど体が活発に動いています。朝目覚めてトイレに行くのも、夜に要らない(排泄)ものを生産しているためです。
そのため睡眠の時間に休息をとらないとなると体内のリズムが狂い、肌代謝も悪くなり、ターンオーバーも早めてしまうことで、乾燥肌はもちろんのこと、老化も進んでしまうことでしょう。
目の下のくまは血流が悪くなり、色素沈着のようにみえます。寝不足は、仕事にも支障がきたしますから、疲れを溜めずに、いるものではないこともあります。

エアコンなどで肌の水分蒸発のメカニズムが原因

冷蔵庫に野菜を入れていると、いつの間にか乾燥して、小さくなってる時ありませんか?あれが肌にも起こります。
冬場は冷たい外気で乾燥しますが、夏場は冷たい冷風で乾燥します。長時間、冷気に当たっていると、風によって水分が蒸発して乾燥します。何もしなくても1日、体重1gにつき15mlの水分が減ります。エアコンなどに当たっていると倍増するでしょう。

乾燥肌にもいくつか種類があります

皮脂欠乏症とは

皮脂欠乏症とは、皮脂の分泌が減少することです。乾燥肌の高齢者によくあります。乾燥した皮膚がポロポロ剥がれ、外からの刺激を神経線維が受けやすくなり、かゆみがでます。悪化するとアトピーの要因にもなります。
冬場は空気が乾燥しますから症状は出やすく、暖かくなると収まることもあります。症状が出る場所は全身にでますが、すね、腰周り、背中が特になりやすい場所です。

皮脂欠乏症による乾燥肌の改善方法は?

皮脂欠乏症の治療は、保湿薬やステロイド外用薬で炎症を抑えたりします。飲み薬もありますよ。
入浴は、39~40℃のぬるめの温度で短時間で入りましょう。お湯に長い時間浸るのは、肌の乾燥を悪化させてしまいます。弱酸性の石鹸は、肌に優しいのでおすすめです。よく泡立て、皮膚が傷つかないようゴシゴシせずに洗います。入浴後は、保湿をたっぷり使いましょう。
部屋が乾燥しないように、加湿器で湿度を上げましょう。加湿器がない場合は、洗面器にお湯をはるか、洗濯物を部屋の中に干すと湿度があがります。湿度60%くらいが理想です。
皮膚が乾燥すると、服の繊維がチクチクすることありますよね。アクリル、ナイロンといった化学繊維は、かゆくなったりしますから、乾燥肌には木綿の生地が優しくて、肌触りがいいですよ。

脂性乾燥肌とは

脂性乾燥肌は、特にTゾーンに症状が出ます。皮脂が分泌しているが、カサカサしたり、皮膚がボロボロ剥がれたりします。皮脂で潤いがあるように見えますが、皮脂の下は乾燥していて、脂性乾燥肌といえます。
乾燥しているのに皮脂がテカテカ?そうです。脂性乾燥肌の特徴です。乾燥している肌を、肌を潤そうと体が皮膚を守るため皮脂を分泌します。自然治癒力の防御反応です。
皮脂の役割は、弱酸性になるように肌の表面で調節し、細菌が繁殖するのを防いでいます。皮脂が過剰に分泌してしまうと、毛穴をつまらせたり、ニキビや赤みの原因になります。

脂性乾燥肌の改善方法は?

脂性乾燥肌は、乾燥が原因なので皮脂を落としすぎずに洗顔し、保湿をしっかりするのが大事です。
脂性乾燥肌の改善には、皮脂を落としすぎないのがカギ。
弱酸性や敏感肌用の洗顔料やクレンジングを使い、キメ細かく泡立てることで汚れを浮かしやすくなります。ゴシゴシしないで、素早く洗い、流します。
保水力のある化粧水で、保湿をたっぷりしましょう。油分は食べることも、スキンケアも控えめにすると、テカテカを防ぎます。

アトピー性皮膚炎からの乾燥肌とは

アトピー性皮膚炎の定義はなく、似たような皮膚炎のくくりとして、アトピー性皮膚炎とよんでいます。アトピー性皮膚炎と乾燥肌は密接していると考えます。
アトピー性皮膚炎の特徴は原因で、アレルギー物質のアレルギー反応が引き金となっていることが多くあります。アトピー性皮膚炎は、セラミドという肌のバリア機能の成分が減ってしまい、肌の再生が自らが出来ない状態です。
アレルギーの元となるアレルゲンを持っている乾燥肌の方は、アトピー性皮膚炎になる可能性はありますが、アレルゲンを持っていない乾燥肌の方は、アトピー性皮膚炎になる可能性は低いと考えられます。
乾燥肌と共通することは、乾燥していて、カサカサしている、皮膚がボロボロ落ちる、かゆみが出ることなどがあります。
子供の疾患と言われていましたが、成人アトピーと呼ばれる、大人のアトピーも増えています。また、アトピー性皮膚炎は遺伝性が強く、両親どちらかがアトピーの場合は30%、どちらもアトピーの場合は50%に上がります。

アトピー性皮膚炎からなる乾燥肌の改善方法とは?

免疫力を高めるため、食事を改善し、腸内環境を良好にすること。乾燥肌も栄養不足が関係しています。栄養をバランスよくとりいれましょう。
保湿も大事です。敏感肌用のスキンケアを使用します。敏感肌用の弱酸性が肌に優しいですね。化学物質やアルコールは避け、ノンアルコールのものを選びましょう。乾燥がひどい時は、洗顔料を使わずに、水で洗うだけにしましょう。
水分の蒸発を防ぐことが大切ですから、クリームで蓋をすることをおすすめします。

すっぴんでも赤ちゃんのになれる!乾燥肌のタイプ別改善方法とは?まとめ

いかがでしたでしょうか。一言で乾燥肌と言うと簡単ですが、乾燥肌になりうる環境がたくさんあることがわかりました。乾燥肌は乾燥しっぱなしの肌で脂性乾燥肌は乾燥肌だけど皮脂が過剰に出ている肌の状態ですね。アトピー性皮膚炎はアレルゲンが主な原因で、かゆみや赤みがあります。皮脂欠乏症は、肌の乾燥が進んで皮脂が減少するということで、全ての乾燥肌において、保湿をすることが必要です。乾燥肌の原因を確かめ、自分の肌の状態に合ったスキンケアを使うことで、肌は素直に答えてくれますから、試してみてください。