スキンケア

【ニキビゼロ肌を目指す!】にきびが出来る原因を知ってニキビゼロ肌を目指す!

ニキビって何?にきびの意味や仕組み、にきびが出来るメカニズム

毛穴の役割

ニキビができるのは、毛穴です。毛穴がなければ、にきびなんてできないのに!と思う方もおられると思いますが、毛穴はなくてはならない、非常に重要な器官です。

毛穴の役割

·皮膚が呼吸する時の水蒸気を発散する

毛穴から皮脂を出し、皮脂膜を作ることで、皮膚からの水分量を調節します。

·体温調整

赤ちゃんが産まれたとき、毛がたくさんあるのは、体温を失われないためです。寒い時の鳥肌というのは、毛穴の下にある立毛筋という筋肉が、寒さを感じると毛穴を塞ぎ、保温機能を高めます。

·バリア機能

皮脂を分泌し、皮脂膜をはることで、肌の潤いを保ち、ウィルスや細菌から肌を守ります。

·紫外線から肌を守る

毛穴があることで、紫外線が奥深くのに届くのを防いでいます。紫外線は、メラニンを生成しますから、毛穴がなければ、シミだらけの顔になってしまいます。

ニキビができるメカニズムとは?

ニキビができるのは、毛穴には毛の根っこには毛包があり、毛包がある皮膚側に付いている袋が皮脂腺です。皮脂腺から分泌し、皮膚の表面を潤す膜を皮脂膜といいます。特に、おでこ、鼻にかけてニキビが出来やすいですね。俗に言Tゾーンと言わる場所は、毛穴が多くあり、皮脂腺も比例して多いでしょう。
ニキビができるのは、顔にあるアクネ菌という常在菌が、ターンオーバーの乱れなどが原因で繁殖し、毛穴が炎症を起こします。比較的軽い白ニキビ、白ニキビが酸化し黒くなる黒ニキビ、これら2つは、潰しても跡は残りません。赤く腫れる赤ニキビ、赤く腫れた上に黄色の膿を持つ黄色ニキビ、赤ニキビ黄色ニキビは潰すと跡が残りますから、皮膚科へ相談しましょう。

思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビとは、10代に多くできるニキビです。毛穴が増える時期でもあります。成長ホルモンが活発な時期で、皮脂の分泌も過剰になります。皮脂が過剰に分泌すると、アクネ菌も繁殖し、ニキビができやすくなります。ゴシゴシ洗いも乾燥の原因になり、皮脂が分泌しやすくなりますから、洗顔料を使う回数を減らし、水で洗顔してみることをおすすめします。
大人ニキビは、20歳以上の方に多く見られます。仕事などで、不規則な生活習慣や、飲酒喫煙、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどが原因です。主に顎ライン、頬に多くできます。乾燥していて、繰り返しできるのが特徴です。生活習慣を見直し、保湿をたっぷり行いましょう!

ニキビの中身ってどうなってるの?白い塊や芯みたいなのって何なの?

ニキビの皮脂とは?

皮脂が分泌し過ぎは、ニキビの原因になりますが、皮脂の役割は外部からの刺激をガードします。皮脂の主な成分は、トリグリセリドという、中性脂肪です。トリグリセリドが常在菌によって分解されると、脂肪酸が作られ、肌を弱酸性に保つ働きがあります。弱酸性に保つことにより、菌の繁殖を抑ええくれています。
皮脂の役割は他に、皮脂膜で乾燥を防ぎ、潤いを逃さずに肌を柔らかくすることで、シワになりにくく、ハリやモチモチした肌を作り出しています。美肌は皮脂無しでは、作られないのですね。

毛穴を塞ぐ角栓とは?

毛穴を塞ぐ白い塊は、角栓です。角栓は、皮脂の塊です。皮脂は本来、分泌し、皮脂膜を作りますので、表皮を流れていきます。ですが、ストレスや生活習慣が崩れると、ターンオーバーが乱れ、皮脂の分泌が上手くいかなくなります。上手くいかなくなった皮脂は、流れることなく次から次へと蓄積されて、やがて硬い角栓となり、毛穴を塞ぐほど大きくなり、盛り上がってきます。
角栓は、皮脂の塊ですが、その皮脂を餌にする菌が、アクネ菌です。常在菌のアクネ菌を詳しくお伝えしましょう。

ニキビの原因菌、アクネ菌とは?

アクネ菌は、皮脂を餌に繁殖する、顔にいる常在菌です。正式な名前は、プロピオ二バクテリウム·アクネスといいます。1893年にドイツ人の人がニキビの中にいるアクネ菌を発見しました。アクネ菌は、皮脂を吸収すると、「ポルフィリン」という物質を作り出します。その状態で紫外線を浴びるとて作り出す活性酸素は、皮膚や血管を老化させます。紫外線がアクネ菌に当たると、ニキビを増やしてしまうことになります。
アクネ菌には、悪玉菌2つ、善玉菌1つがありまして、善玉菌は肌のphを4.5~6の弱酸性に維持する役割をしています。悪玉菌を殺菌すれば、ニキビを無くすことができますが、全ての菌をなくすことはできません。脂性肌の方は酸性、乾燥肌の人はアルカリ性に傾いてます。洗顔後、
肌はアルカリ性ですから、洗顔後に、弱酸性に戻す洗顔料もあります。ニキビを治すには、アクネ菌が繁殖する環境、皮脂を詰まらせないようにするのが大切。 肌が荒れてる的はお試しください!

ニキビを潰すと出てくる水みたいな汁は何?

カサブタを作ると跡が残る!

カサブタを取ると、傷跡が残ると言いますが、跡が残るのは、傷が真皮層にまで達している場合です。傷が浅いとキレイに治ります。
カサブタは、自己免疫の作用で、傷口から細菌が入らないようにする機能と、肌を再生しようとする機能を兼ね備えています。カサブタを無理に取ろうとすると、まだ、再生していない皮膚の場合は、細菌が侵入し、炎症を起こすこともあります。また、カサブタが出来ると、治りが遅くなります。
カサブタを作ったら、カサブタが自然に剥がれるまで待ちましょう。カサブタが自然に剥がれるは、皮膚が再生しているという、体からのサインです。それまでは、むやみに触らないでおきましょう。

透明な水の成分とは?

ニキビや傷を負った時、血ではない、透明な液体が溢れたことありませんか?あれは、リンパ管にも流れる、リンパ液です。普通は皮膚組織にあります。毛細血管から角質の間にある組織間液へ流れ込ん血漿成分ですが、傷があれば皮膚組織から滲み出てきます。
滲出液は、細胞成長因子という成分が含まれています。細胞成長因子が、傷を治す、自然治癒力を発揮し、痛みを伴わずとも傷を治します。その傷の治し方を湿潤療法といいます。

今注目の湿潤療法とは?

よく傷を治す時にガーゼを当て、外す時にガーゼが傷にひっつき痛い思いをしたことがある方も多いのでは。それは、滲出液が乾燥して、ガーゼにくっつきます。

湿潤療法とは、自分の力で治す治療法です。モイストヒーリングともいいます。傷を乾かすのではなく、潤いを保ちながら、傷を治します。「消毒はしない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」を3原則としています。やり方は、傷口にワセリンなどを塗り、その上からラップするやり方があります。ラップをすることで、乾燥を防ぎ、細胞成長因子を死滅することなく、傷の修復を早めます。
キズパワーパッドがその、湿潤療法に役立つ商品です。水道水で洗い、キズパワーパッドを貼るだけ。ただし、ニキビは、膿がある状態では悪化する場合がありますから、膿を出したあとに使うとよくなったと、口コミがありました。1度試してみてください。

ニキビが出来るのは身体の病気のサインって本当?

便秘の人は要注意!

便秘の人は、吹き出物がよく出る方も多いのでは。便秘は、体に不要なものですよね。酷いと腰も辛いし、臭いが肌から滲み出るなんてこともあります。腸内環境は、免疫を高める器官です。小腸で栄養を吸収し、大腸で水分などを吸収して便として排出されます。
便が溜まると固くなり、便秘になります。すると、腐敗した便から、アンモニアなどの毒素を排出します。小腸が毛細血管から栄養を吸収するように、毒素も、毛細血管から吸収されます。吸収された、毒素は体中に回ります。皮膚の弱い顔にたどり着くと、肌が荒れたり、ターンオーバーが遅くなったりします。

顔には反射区がある

便秘になると、肌が荒れることには、顔の反射区に関係しています。東洋医学に基づいて、「経絡」という、目には見えませんが、体には気、血、水が流れている道があります。

額の中心、鼻の下··小腸の不調など

ほうれい線上··大腸の不調など

顎···········ホルモンバランスの乱れなど

頬骨から下の顎まで···肺の不調など

便秘の方は、口周りに肌が荒れます。足先から、内臓を渡り、顔の反射区までまで経絡で繋がっています。内臓や筋肉の不調も、顔の肌荒れなどの症状となって表れる、ということです。

ニキビなどの肌荒れに効くツボ

ニキビや肌が荒れた時に役立つ、ツボを紹介します。

*百会(ひゃくえ)両耳の1番高い点を頭上の中心へ辿って、合流する地点

·肩こり、めまい、頭痛、自律神経の調整などがあります。高ぶった神経を落ち着かせて、精神を安定させます。

*四白(しはく)···黒目から、指1本分下の頬骨の上の地点

·顔の血流を良くし、たるみ、浮腫を改善します。

*大迎(だいげい)···耳下の顎の先端から前方へ沿った窪みの地点

·顎の歪み、ニキビや吹き出物を改善します。

*印堂(いんどう)···両眉頭からの合わさった中心の地点

·眉間のシワの改善、精神を落ち着かせ、質の良い睡眠に効果的です。

*巨りょう(こりょう)···目の下の盛り上がった頬骨を、下から上に押し上げた地点

·肩こり、目の疲れ、顔の筋肉を和らげる、歯痛にも効果的です。

【ニキビゼロ肌を目指す!】にきびが出来る原因を知ってニキビゼロ肌を目指す!まとめ

いかがでしたでしょうか。ニキビができる毛穴にも、ちゃんと役割があります。私たちには、なくてはならない毛穴。知らなかった方も多いのではないでしょうか。ニキビを作らない環境にするには、毛穴をキレイにし、角栓を作らないようにすること。肌にあったスキンケア、紫外線対策、生活改善の見直しが大切です。

万能ツボと呼ばれる合谷も、頭痛、歯痛などの痛みに効きます。親指と人差し指のVの字の付け根辺りの、人差し指側にあり、ズーンと痛気持ちいいところがツボです。
顔などのツボを押す時は、肌に直角に指を当て、スッと力が入るように押します。痛気持ちいいくらいの力加減が重要です。ニキビを改善するには、自分がやりやすい方法をいろいろ試してみてはいかがでしょうか。綺麗な肌を手に入れましょう。