デリケートゾーン

【男性の性器カンジダ症とは?】男のカンジダ、原因と症状、治療方法は?

男のカンジダ、どこでうつる?男でもカンジダ症になるの?

カンジダは、誰にでもいる常在菌です。カンジダ菌という真菌でカビの一種です。
男でもカンジダ症になるかというと、男性でもなりますし、パートナーと性行為に及べば相手の方がカンジダ症の場合、カンジダ菌がうつります。
ここでは、男性の性器カンジダ症の原因や症状、治療方法について説明していきたいと思います。

男のカンジダ症になる原因とは?

カンジダ症はSTD(性感染症)ではない、と言われています。性器カンジダ症という言い方もするので、性感染症と思いがちですが、パートナーからうつる確率は5%~10%と、ごくわずかと言われています。この為、カンジダを説明しているほとんどのサイトでもカンジダ症は誰でも持っている常在菌で性行為ではほぼうつらないと言われているんですね。たとえ、性器カンジダ症を発症している人との性交渉に及んでも、それが原因でパートナーがカンジダ症を発症することはほとんどありません。

では、男性がカンジダ菌を保持している場合、どんなことが原因でカンジダ症になるのでしょうか。
男性の場合、ほとんどの方が発症することはありません。
ただし、症状が出る場合は、包茎の方、糖尿病、ステロイド剤を内服中の方が多くみられるようです。

男のカンジダ症。どんな症状?

男性はカンジダ菌を持っていても、自覚症状がなく女性の様にかゆみやおりものなどそういった症状が出てくることはほとんどないと言われています。では、自覚症状がある男性の場合は実際にどんな症状として現れてくるのでしょうか。

男のカンジダ症で自覚症状がある場合はどんな症状なの?

・男性のカンジダ症は亀頭や包皮にかゆみや違和感があり、赤い発疹や白い垢が出るといった症状が出ます。症状を放置するとかゆみが強くなり、二次感染を起こすと、包皮から膿が出る、陰茎(いんけい)が腫れるといった症状が出ることもあります。

・排尿痛がある方もいます。
カンジダ症では、まれに尿道炎を起こして排尿痛を感じる人もいます。尿道口の中は湿気がたまりやすい場所なので、カンジダ菌が繁殖しやすい環境です。性器を清潔に保つことが大事です。

男性の性器カンジダ症は、特に包茎の方、糖尿病、ステロイド剤を内服中に多く見られているようです。
包茎の状態は皮がかぶっている状態なので、皮の中が高温多湿のため、カスもたまりやすいです。
たいていの場合、軟膏やお薬で治りますが再発を繰り返すようなら包茎手術をおすすめします。

男のカンジダ症。カンジダ菌を持っているか検査する場合、どんな検査方法があるの?

検査方法としては、2つあります。

一つは、病院・医療機関へ
泌尿器科、性病科に行きましょう。

二つ目は、検査キットです。
検査キットは、自宅にいながら自分で採取して郵送で検査機関に送ります。
プライバシーが守られるので、顔も見られずにすみます。忙しいけど、検査はしたいという方におすすめです。
検査キットは陰茎表皮擦過物検査と言って、培養検査になります。
入浴前に清潔な手で行います。綿棒で陰茎全体(特に皮膚の重なっているところや冠状溝)のところをぬぐうようにとり、そのまま付属の入れ物(袋)にすぐにしまいます。それを送り返せば検査結果が後日自宅に届きます。

男のカンジダ症を発症した場合、どんな治療方法がある?

治療方法は2つあります。ですがその前に自宅で気を付けることが出来ます。
カンジダ菌を持っている場合、性器カンジダ症にならない為に、性器を清潔にしようと刺激のある石鹸(普段使っているボディソープ)を使うことはやめましょう。男性用デリケートゾーン専用ソープもあるのでおすすめですよ。男性でも女性でも、通気性の良い下着をつけると良いですね。
では、カンジダ症になった場合の治し方について説明します。

病院を受診し、軟膏を処方してもらう

治療薬には膣剤や抗真菌剤の軟膏、クリームを使用し、1日1〜2回患部に塗布することで症状の改善をします。

市販薬を使う

男性のカンジダ症に効く市販薬については、病院に行かなくても自宅で治療できるので良いですよね。

男のカンジダ症。パートナーがいる方はどうしたら良い?

パートナーがいる方は、その方と一緒に検査を受けた方が良いでしょう。
男性の場合は、泌尿器科、性病科へ。女性の場合は、婦人科、性病科へ行くと良いでしょう。女性と一緒に受けたい場合は、婦人科でカップル検査、結婚する前に婚約者と一緒に受けたいという場合、ブライダルチェックという検査もありますので、受けてみて下さいね。

【男性の性器カンジダ症とは?】男のカンジダ、原因と症状、治療方法は?まとめ

カンジダ症、性器カンジダ症と言い方は2つありますが、意味はどちらも一緒です。
男性でカンジダ菌を持っていても実際に発症する方は少ないと言われています。少ないからと安心せずに、日頃から気を付けてみて下さいね。
パートナーに既に移してしまっているかも…と心配になった方は、相手の方と一緒に受診しに行くのも良いですし、便利な検査キットを使う方法もあるのでプライバシーの保護にもなるので、おすすめです。