彼氏の悩み

夫婦の倦怠期って経験ありますか?乗り越え方のアドバイス

目次

倦怠期の夫婦は、できるだけ言葉のコミュニケーションが必要

結婚14年目の主婦です。夫婦の倦怠期の経験あります。結婚し子供が生まれてから、夫のことを構えなくなるのはあると思うのですが、うちの夫は、しっかりしていそうなのに、とても甘えた。なのであいてをしてもらえなかったことがとても腹立たしかったようで、ある日を境にムスッとした顔で、常に不機嫌になりました。夫婦なので、いろいろありますが、倦怠期は誰にでもあるので、乗り越え方としては、とにかく疲れていても、夫に声をかけ、愛想よく接することだと思います。

優羽/30代前半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期こそ2人でしか楽しめない事をする

日々の変わり映えない生活の中、相手への思いやりや配慮が薄れてこれが倦怠期だなと思った時期がありました。だからと言って浮気や別れる事もお互い考えていなかったので、共通の趣味に出かけたり遠くに旅行に行ったりと、2人でしか楽しめない事をしてお互いの価値を高めていったのが我が家の倦怠期の乗り越え方です。そういう事を積み重ねて本当の夫婦や家族になっていくのだと思います。今では子供も成長し一緒についてくる歳でもなくなったので、相変わらず夫婦で楽しく外出しています。

ミヤコ/40代前半/事務職

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

夫婦の倦怠期の乗り越え方について

結婚して夫婦になった新婚当初はお互いを気遣い思い合い、どんな事があっても乗り越えて行こうという意識がありますが、夫婦の生活が長くなるほどお互いが良い意味でも悪い意味でも一緒に居る事が当たり前になり
空気のような存在になってしまい事もあります。
そしてそれがいわゆる倦怠期という状態です。その倦怠期を乗り越えるには2人が同じ気持ちで、また新婚当初のようなお互いを必要とする存在でいなければなりません。お子さんがいたら、夫婦でゆっくり過ごす話す時間や機会が少なくなります。乗り越え方はその夫婦さまざまですが、夫婦の時間は少なくても持つ事が大事だと思います。

ちはね/20代後半/歯科助手

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期を脱するために自分の時間を大切にする

夫婦の倦怠期の乗り越え方ですが、まず、無理に話さない事です。そういうう雰囲気の時に無理に話すと余計にこじれる恐れがあるので、あえて無理に話し合おうとせず、それぞれ自分たちの時間を大事にしてあげる事です。
二人でいる事が当たり前になってしまっているので、初心に帰る時間を設けるのです。
そうすると、段々一人でいるより夫婦でいる事の良さに気づいていき、次第に相手を思う気持ちが、付き合っていた時の様に強くなっていき、倦怠期を脱することが出来るものだと思っています。

ささか/30代前半/調教師

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期の夫婦はこうやって乗り越える。

夫婦の倦怠期の乗り越え方は、まずは友達と会ってお茶したり遊びに行ったり、何日間実家に遊びに行くのも有効だと思います。夫婦の倦怠期はどの家庭にも起こります。共働きをしていると少しは違いと思いますが、なかには専業主婦の方もいますので余計ご主人を鬱陶しく思ってしまうと思います。家自体に居る事が苦痛になるので少し自分の時間を持つのも効果があると思います。ほんのひと時、家庭の事を忘れて常識ある範囲内で行動すると楽になると思います。

古都/30代後半/事務職

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は微妙

倦怠期を乗り越えてみて、改めて思うこと

夫婦でも倦怠期はあります。好きで結婚したはずなのに、顔を見るだけでなぜかイライラしてしまう経験が私にはありました。たぶん、その時期が私たち夫婦の倦怠期でした。それは、結婚して三年目ぐらいだったと思います。理由は特になかったのですが、お互いイライラして喧嘩ばかりしていました。そんな日々が半年ぐらい続いたのですが、ある時主人が2回目のプロポーズをしてくれたのです。このままだとお互いしんどいから、また始めの気持ちを思い出そうと言ってくれました。私は思わず泣いてしまい、すーっと主人をまた大切に思えました。倦怠期の乗り越え方は夫婦によって違うと思いますが、好きだったことを思い出してみてください。

ミシズ/20代後半/歯科技工士

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期こそコミュケーションを!

夫婦の倦怠期の乗り越え方はお互いの心がけだと思います。毎日の会話がなくなってきたり、新婚ではありがとうと感謝の言葉があったことも、時が経てばあたりまえとなり、コミュケーションも少なくなっていく。夫婦は他人同士でもあるので、やはりコミュケーションを取らなければ相手に何も伝わらないと思います。どんな小さなことでも言葉がけを大切にして、相手を思いやる気持ちを忘れずに、時には旅行や外食をして環境を変えることで夫婦の会話も自然と増えていくと思います。倦怠期を乗り越えるにはこういった夫婦の会話を増やしていくことも必要だと感じます。

紗友/40代前半/社会福祉士

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

素直になる強さを持てば倦怠期は乗り越えられる

結婚して3年目で倦怠期を迎えました。割と早い段階で倦怠期を迎えた方だと思います。子供を産んでから夫婦間の会話が少なくなり、個々で子供と遊んでいました。お互いに不満がたまってきていて、離婚も考えました。育児疲れと夫に対する不満が爆発して泣きながら離婚したいと言いました。すると夫は驚いたように今まで申し訳なかったと謝ってくれました。それ以降、お互いに腹が立ったらすぐ言うことにしました。私たちが夫婦が考え出した倦怠期の乗り越え方は、自分にも相手にも素直になることです。かっこつけずにありのままを伝えるようになりました。

リナ/30代後半/大学院生

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期を乗り越えるのに必要な事

今まさにうちでは倦怠期を経験して乗り越えようとしているところです。
うちの家庭は付き合って4年、結婚して10年のマンネリ化した夫婦です。
子供9歳、3歳の息子がいて育児に真っ最中の私は、全然手伝ってくれない旦那にいつも嫌気を感じ会話すらしたくない状況でした。
そんな夫婦の倦怠期の乗り越え方は、やっぱり二人だけで買い物したり、ランチしたりする事が大切だなと思いました。
たまたま用事があり、子供を実家に預けて旦那と二人で何年ぶりかに買い物とご飯も食べた事があったんです。
いつもは子供との会話中心だったのが二人っきりになると話さなくちゃいけなかったりで気を遣いながらも普段とは違う感じでした。
久しぶりの買い物をした翌日からは自然と会話出来るようになってきたかなと思います。
たまには夫婦だけで出掛けるのも良いのかなって思いました。

シズコ/30代後半/会社員

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期の乗り越え方・ハードな試練

夫婦の倦怠期はとてもきついです。私は当時の夫と倦怠期の乗り越え方を何度も話しました。リストをつくり、あれこれ試しました。しかし、やはり毎日顔をみる人で一緒に一つの家に住んでいるので乗り越えるのは大変でした。夫婦も所詮は他人なので結婚後の倦怠期はお互いがお互いを思いやり、小さな事でも感謝し何事も当たり前と思わないことが解決するキーだと思います。倦怠期は結婚してる夫婦は誰もが経験することだと思いますがどれだけ愛が強いか、もし倦怠期を乗り越えることができるなら愛は確実に深まります。

心織/20代後半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は微妙

倦怠期なんだし、夫婦別々で行動してもいいのでは?

自分は結婚式が終わって半年くらいしてから「これって倦怠期?」と思うことがありました。夫婦になる前に付き合っていた期間が長かったからかもしれません。とにかく一緒の空間にいるのが居心地が悪く、なにをしてもされてもイライラ。これから先どうやっていこうと考えていた気がします。今は全然そんなこと思わなくなりました。どうやってこの倦怠期を乗り越えたかというと、「夫婦別々に過ごす時間を作る」です。自分は実家に帰りました。その間何の連絡もせず、自分のことしか考えず。そうすると不思議なもので、だんだん夫のことが気になってくるのです。そうなってから久しぶりに再会すると優しくなれたり、「ああやっぱり好きだなー」とか思えたり。乗り越え方とかそんな大仰なものではありませんが、日々の生活から抜け出して、一度自分の時間を確保してみるのもいいかもしれませんね。

アキナ/30代後半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

夫婦の倦怠期の乗り越え方はとにかく会話。

夫婦の倦怠期は、まず旦那の仕事の帰りが毎日遅いことから始まる気がします。
帰りが遅く会話や会う回数が減っていくと、どうしても、もうこの人どうでもいいという感情が出てきて、会話をすることが鬱陶しくなってきます。
そこに子どもが産まれて旦那の帰りが遅く子育てを手伝ってくれないとまた腹が立ち口をきかなくなります。
夫婦の間に会話はとてもひつようだと思います。
会話の回数が増えれば、自然と倦怠期はなくなる気がします。
倦怠期の乗り越え方は、とくにかく夫婦で会話をすることだと思います。
帰りが遅い旦那には週に1度でいいから早く帰ってくるよういい続けるべきだと思います。

ミカ/30代後半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は微妙

倦怠期の乗り越え方がわかれば生活が変わる

交際期間が約3年、結婚して夫婦生活5年目です。もう8年くらい一緒に生活しているので倦怠期は嫌ってほど泣きたいくらいたくさんあります(笑)乗り越え方は休日はバラバラに過ごしてなるべく一緒にいないようにすることですかね。お互いの趣味に専念したり、好きなバンドのライブに行って刺激を受けたり、美術館へ行ったり、読書して勉強したり、長年の友達に会ってる時間のほうが落ち着いたりします。夫婦だけどこれから何十年と一緒に暮らすことになるので、お互いの趣味や好きなものをたくさん生活の中に取り入れてhappyな空間を作り出して倦怠期を乗り越えて吹き飛ばしていきたいです。

淑良/20代前半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

私の倦怠期の乗り越え方は何か二人で目標を見つけ頑張る!

私は、結婚して10年で夫婦の倦怠期になりました。会話もだんだん減って夫婦の会話も子どものことばかり、子どもがいるので、出かけても公園やスーパーでお金もないし、特に二人で遠出をすることありませんでした。まさに、一緒にいても毎回同じ会話しかしてない気がして…倦怠期です!だけど、子どもが小学生になる前にはと、マイホームの夢に向かって二人で色々調べたり物件を見に行ったりと会話も増えて、いろんなところに出かけたりして、無事にマイホームを手に入れ倦怠期を乗り越えることができました。倦怠期の乗り越え方は、何か夫婦で同じ目標を見つけるのが良いのかもしれはいとおもいました。

瑠子/20代後半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

私の経験している倦怠期について

結婚4年目で3歳児のいる私たち夫婦は、去年頃から今がまさに倦怠期真っ只中です。人間の飽きる周期は3日、3週間、3ヶ月、3年と「3」のつく周期だと聞いたことがありますが、子供がイヤイヤ期に差しかかって手のかかる時期と結婚3年目が重なったことで拍車がかかりました。主人には倦怠期を迎えたという自覚がないようなので、夫婦ふたりで相談する乗り越え方は選べないだろうと思い、私自身が夫婦の日常に変化を加えるようにしました。殆ど料理をしたことがない主人と、休日の一食だけをふたりで作ったり、帰宅の遅い主人がひとりで食べる夕食に、月に数回程度ですが、メモ書き程度のメッセージを添えたりしてみました。少しずつですが、主人が育児で疲れ気味の私を気づかう言動をしたり、休日に家事をする頻度が増えたりしています。月並みですが「まだまだ夫婦として道を進んでいきたい」という気持や態度を素直に表すことが大切だということが、アドバイスできることです。

ゆいか/20代後半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は微妙

倦怠期を夫婦共に乗り越えよう!

結婚して4年目の者です。3年くらい経った頃に倦怠期がありました。倦怠期の乗り越え方は旦那の友人に相談する事と旦那に甘える事だと思います。やはり夫婦なので嫌でも一緒に居るので仕方ない事もありますが陰ながら支え合うことも大事だと思います。それと旦那に面と向かって自分の思っている事、考えていることを言葉にして伝える事も倦怠期を乗り越える方法の1つだと思います。私たち夫婦もまだまだ短いですが頑張っていこうと思っています。

そな/30代後半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期を乗り越えるためのコミュニケーション

わたしたちは結婚三年目の夫婦です。
結婚して一年が経った頃、倦怠期かな?と思うような時がありました。
交際期間が長かったことや結婚前から同棲していたこと等が理由で、新婚と呼ばれる時期にも関わらず倦怠期に陥ったのかなと思います。
隣にいても会話がなく、話をしてみても盛り上がらない。
休日が被っても別々に出かけることがほとんどで、こんなんで夫婦でいる意味があるのかな?と思うほどでした。
このままでは良くないと思い、ネットで倦怠期の乗り越え方を検索してみたところ、とにかく会話をすることが大切だという記事を見かけました。
最初は無理矢理にでも笑顔で会話をすることで、次第に笑顔で会話をすることが当たり前になり一緒に過ごす時間を楽しく過ごせるようになるというものでした。
実際にそれを実行してみたところ、少し時間はかかりましたが結婚三年目の今は結婚前のようにラブラブな夫婦になることができました。

リコ/20代後半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期は結婚すれば必ず経験する

あります。長く一緒に生活をしていると夫婦で会話が少なくなったりします。結婚前のラブラブ感がなくいて当たり前の生活に嫌になって倦怠期がきたと思いました。倦怠期を一人では乗り越える事は出来ないので夫婦で一緒に相談し乗り越え方を考えました。夫婦でたまにおしゃれをし外食や映画などを楽しむ事や昔楽しんだデートの話をし思い出を語るなど「ありがとう」や「ごめんね」の言葉を言うとお互いに気持ち良く仲良く生活できると思います。私たち夫婦はこれで乗り越えました。

幸依/30代後半/心理カウンセラー

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

夫婦での倦怠期の乗り越え方は自分次第

私は結婚3年目ですが、夫婦になってから倦怠期はありました。夫婦になると毎日一緒にいるので顔を合わせる時間が多くなる上に、同棲せずに結婚してから一緒に住んだので合わない部分もありました。結婚してから知ったことも多くありました。それは良いこともありますが、ほとんどが自分と合わないことなので嫌な部分でした。最初の倦怠期は、その嫌な部分が積み重なりイライラとなり、強く当たってしまうことが増えたことがきっかけで主人も嫌になってしまったようで、喧嘩が増えたり気まずい雰囲気になったりしました。一緒にいるのも嫌になりましたが、夫婦なのでそれを回避することも出来ずでした。その乗り越え方は、気まずいままでは嫌でしたので、少し時間はかかりましたが話し合って、何が嫌だったのか、どうしてほしいのかを伝え仲直りしました。ですが、今でも同じような喧嘩や少し距離を置きたい時期は時々きます。その時は主人に気づかれないように自分の気持ち的に距離を置いたり、いつもなら快くできるようなことをしなかったりと、ちょっとしたことで気分転換しています。

ヨシコ/20代後半/事務職

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

夫婦の倦怠期の乗り越え方について

私は同棲をしてから結婚をしました。
なので二人の生活は変わらず結婚した実感もなく倦怠期を迎えました。
毎日一緒にいるのが当たり前になり相手に対する小さな不満が溜まってイライラしたりしていました。
「ありがとう」や「ごめんなさい」も言わなくなったりとにかく相手がしてくれるのもなにもかも当たり前になっていました。
夫婦の倦怠期の乗り越え方は人それぞれだと思いますが、今まで以上に二人の時間も大切にするようにしました。
忙しいと会話も減っていくのでなるべ1日の出来事などを話したりコミュニケーションをとることを意識し、
なんでも当たり前だと思わないようにしました。
これからもまだまだ長い夫婦生活が続くのでお互いを大切に考え思いやりの気持ちを忘れないように心掛けています。

つむぎ/20代後半/会社員

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は微妙

長年一緒にいる夫婦の倦怠期の回避の仕方

何年も一緒にいる夫婦は、遠慮もなくなるし恋愛の時みたいにドキドキしたりもなくなるし、結婚しないとわからない事も沢山あって、うちの場合は、奇数年がいつも喧嘩が多くなったり、倦怠期が訪れます。うちの夫は共働きだろうが家事をしません。子どもが3人もいて。そこの考え方も全く違うし、そう言う所も夫婦喧嘩の原因になる事も多かったです。そういうのが続くと大っ嫌いになり倦怠期が続いていきます。そういうのを何度も繰り返すと回避の仕方も分かってきてます。乗り越え方としては、子どもがいるので、どうしても子どもの事で話さないといけないし、口を聞かずに終わる日がなかったという事と別の部屋で寝てないのも大きいと思います。後は、自分の法則を見つける事だと思います。うちの場合、ほとんど向こうの逆ギレパターンで、我慢できる時はその時何も言わずに我慢すると2?3日中には必ずこけたり、何かしらの罰が夫に起きていて大ごとにならない程度ではありますがスッとします。後、我慢して相手が冷静な時や夫は、必ず頼みごとをしてくるのでその時にこの前のこんな事がおかしくてキレられたのになんで、頼まれないけないの?と言うと、その頃には冷静な分自分でも言い過ぎたり悪いの分かっているので謝ってきます。ここで注意は、適当に誤らすのではなく、何がいけなかったかを合わす事です。

紋子/20代後半/和菓子職人

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

スキンシップで倦怠期を乗り越えよう。

子供が生まれるとどうしても夫婦の時間が減ったりしますので、だんだん会話も少なくなったりしていて少しづつ距離が出てきて倦怠期がやってきます。倦怠期を乗り越えようと思ったのはお互いに思いやりができなくなってきているのではないかと思ったからです。新婚時代を思いだして夫婦で乗り越え方を話し合い、スキンシップをするように心がけました。テレビを見ているときも腕を組んだり、手を繋いだり、出かける時はハグをしたりしています。

槇乃/20代後半/家事手伝い

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期と思ったら夫婦で話し反省し合う

夫婦げんかばかりして、顔を合わせることもいやで本当の倦怠期だなと思っていました。一緒に生活していくことが無理なんで自分だけと嫌になることがありました。
主人も倦怠期を、感じていたようである知り合いからある文を書いてもらい写真立てに挟み込んで飾っています。その乗り越え方の文章の内容は「人生はするもので、してもらうものではない。何を祈るかよりも何を誓ったかが大事なのである。良い運命を得ようと思うならば自らの力で良い運命を、運ぶ努力をすべきである」という言葉です。まさに私達夫婦に言われていることだなと思いました
。立ち止まったときその言葉を読みながら過ごしています。少し倦怠期から乗り越えられたかなと思います。

さち/30代前半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

テレビを消してまったりと倦怠期対策

夫婦となり8年目になろうとしています。
子どもがうまれて子育てや仕事等に追われ、体も気持ちも毎日疲れて案の定やがて倦怠期になりました。
周りのママ友も昔は旦那さんとのノロケが聞かれていたのに、やはり段々と倦怠期モードになってきたような話を耳にするようになりました。
でも、子どもが成長して少し余裕ができてきた頃にはこのままではダメだ!と夫婦としてのあり方を見直してみようと思いました。
そこで私が考えた倦怠期の乗り越え方は、夫婦で夜にゆっくり話す時間を必ず作ることです。
毎晩は無理でも、平日たまには子どもが寝た後にお酒やおつまみ(或いはお茶やスイーツ)を用意してテレビを消して2人でたわいも無い会話をしてみるようにしました。
テレビを消して、というのが重要です。
静かな部屋で2人でお喋りに集中できるようになります。
簡単なことではありますが、意外と楽しくいい時間となっています。
スイーツは旦那さんに帰りにコンビニでもいいので簡単なものをお願いすると、そこからまた会話のきっかけにもなります。
今では夫婦2人でゆっくり過ごす夜の時間が待ち遠しいです。

愛紗/20代後半/大学院生

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

夫婦の倦怠期の乗り越え方について。

夫婦の倦怠期の経験があります。会話もあまりなく、お互いにすぐイライラしたり、寂しくて虚しくて、離婚を考えたりもしました。
乗り越え方は、夫婦で真剣に向き合い、素直な気持ちを話し合うことが大事だと思います。相手の嫌なところや不満は口に出さないと分からないし、そこを直したり、自分なりに努力することで状況は変わると思います。
あと、たまにはおしゃれしてデートに出掛けたり、いつもと違う時間を過ごしてみたら、倦怠期を乗り越えて新鮮な気持ちを取り戻せるかもしれません。

毬乃/20代後半/事務職

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

夫婦でも訪れる倦怠期、早めの対策が絶対大事

結婚して2年ほどたったころ少し倦怠期だなと感じたことがありました。夫婦になってからお互いにいい意味で本当に気を遣わなくなったということもありますが毎日が同じことの繰り返しになっていて何となくマンネリを感じていました。もちろん夫婦になったからと言って思いやりがなくなったわけでもなかったのですがデートらしいことをすることも少なくなり生活感が出てきて少し倦怠期を感じ始めました。やってもらってあたりまえとか言葉に出さなくもわかるだろうなど少し甘えで出てきてしまいました。もちろん悪いことではないけどこのままではいけないと思い乗り越え方をかんがえていました。結婚してから減っていたスキンシップを増やしたり見つめることを増やしました。やはり結婚しても恋人感を出すのは大事だし、お互いに久々の見つめ合いなどですこしどきどきしました。生活をしていくことは大切だけどやはりお互いに大切にしていますよという気持ちを出すことも大切だと身に染みました。そういうことを増やして逆にスキンシップが増えたことが当たり前になりました。ふれあいが増えると気持ちも安定していくようなきがします。

キミノ/20代後半/幼稚園教諭

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期を乗り越えるために必要なこと

出産後、子育てに忙しくなり、夫婦の会話がなくなりました。この頃が倦怠期でした。
育児でイライラして、「どうしてわからないのか」、主人は「仕事の愚痴を言うこともできない」とお互いに嘆いているばかりでした。
この倦怠期を通して、夫婦はあくまでも他人、分かっているつもりになっていることが沢山あることを知りました。
乗り越え方として、まずは距離をおく。自分に余裕が出来てから、相手に近寄り、たわいもない会話をしていきました。子供が1歳を過ぎたぐらいからは週末の夜は、晩酌に付き合い、お互いにゆっくり話す時間を作りました。
相手を傷つけないように、歩み寄ることが大切なことだと感じました

コトハ/30代前半/家事手伝い

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

夫婦の倦怠期は旅行で乗り越える

夫婦の倦怠期は、結婚してから2年ほどたった頃にありました。
お互い、恋人同士から夫婦へと変化し、子どもが出来たことで、常に一緒にいるという安心感からか、イライラを感じやすくなりがちでした。
本当に些細な事が鼻に付き、ちょっとしたことでイライラし、喧嘩をしていました。
「普段ずっと家に居て、ストレスがたまってるだろうから」と、旦那の一言がきっかけで、旅行に行ったのですが、今まで全くしなかった子供の面倒を見たり、私を気遣う行動をしてくれました。
倦怠期の乗り越え方として、旅行に行くという方法をとったのですが、大成功だったような気がします。

モエコ/30代前半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

倦怠期が訪れるのは仕方がないが、未然に防ぐことが一番大事。

結婚してまだ1年も経っていませんが、今のところ倦怠期はありません。カップルから夫婦になり、新婚ホヤホヤだから、ラブラブというのもありませんが、常にお互いを思いやっています。同じ相手とずっと一緒にいて、夫婦とは他人です。だから、倦怠期という時期もあるのかもしれません。もし、私達夫婦に倦怠期が訪れたのなら、私は相手のいい所を見つけ、思い出し、自分からいつもと違う行動を取ると思います。それが、私の倦怠期の乗り越え方です。そして何より一番大事なのは、当たり前に思わず、どんな事でも相手に感謝する事、思いやりのある言動をとること。倦怠期にならないように、日々そういう思いで接することだと思います。

ますみ/30代後半/OL

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う

小さな日常からの倦怠期の乗り越え方

夫婦の倦怠期の経験は何度となくあります。
倦怠期のような状態でない時の方が少ないくらいです。
その度どうやって乗り越えてきたか、乗り越え方のような秘伝はなく、
ありきたりですが、「優しさ」や「思いやり」を持つしかないように思います。
うちには子供がいなく、夫婦2人での生活ですので、
会話や日常生活において、イベント的なこともありませんので、
雰囲気が悪くなると、お互いが意識的に生活がうまくいくように振る舞っているように思います。
妻側としては、単純ですが、夫の好きな料理を作ったり、
夫は「ありがとう」と言う言葉を多く発しているような気がします。
倦怠期の乗り越え方という直接的な方法ではないですが、
それだけでお互いの気分も良くなり、また円満な家庭に戻ってます。
日々の小さなことを大切にしていくのが一番なのかもしれませんね。

まきよ/20代後半/動物飼育員

夫婦の倦怠期は乗り越えられると思いますか?…………結論は思う