スキンケア

これって何ニキビ?ニキビの種類について知りたい

ニキビの種類とは?白いニキビ、赤いニキビ、黄ニキビ、黒いニキビ何が違うの?

白ニキビとは?

白ニキビとは、ニキビの初期段階です。毛穴に皮脂がつまり、角栓ができ始めている状態です。皮脂で毛穴が塞がれていることから、閉鎖面ぽうともいいます。原因は食生活やストレスなどで皮脂がベタベタし、毛穴に詰まりやすくなってしまいます。洗顔で取り切れ無かった皮脂や汚れなどが詰まり続けると、毛穴で塊を作り、やがて角栓となります。この初期段階では、自分で皮脂を取り除いても、回復しやすいですね。洗顔料は、無理にスクラブ入りなどにせず、肌に優しいものにし優しく洗い、洗顔後の保湿をしっかりしましょう。

赤ニキビとは?

白ニキビ、黒ニキビの次にエスカレートしたものが、赤ニキビです。赤ニキビは、毛穴にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしている状態です。アクネ菌は、顔にいる常在菌ですが、皮脂を餌としているので、毛穴に詰まった皮脂に集まり増えてしまいます。毛穴は炎症を起こしているので、痛みやかゆみ、腫れなどが出ます。無理に潰すとクレーターになりますから、指で触れないよう綿棒などでニキビ薬を塗布し、対処しましょう。

黄ニキビとは?

黄色ニキビは、赤ニキビの次の段階です。黄色ニキビと、白ニキビは見分けがつきにくいので気をつけましょう。黄色ニキビを見分けるには、毛穴の周りが赤く腫れている中心に、ブドウ球菌が戦っている、黄色の膿が溜まっているのが見えます。

そこで、つい、膿を出したくなります。自分で何とかするにはちょっと待ってください。黄色の膿が出るには、肌の奥深い所まで炎症が起きている可能性があります。大きければ大きいほど、跡が残る確率は高いです。黄色ニキビまで進んだら、迷わず、皮膚科へ受診することをおすすめします。

黒ニキビとは?

黒ニキビとは、白ニキビの次の段階です。白ニキビが進むと、皮脂がアクネ菌などに侵され、下から盛り上がり、頭が出てしまい空気に触れ、黒く酸化した状態です。一見ほくろのようにも見えます。特に痛みや腫れはありません。これ以上ひどくなる前に、ここで、対処しておきたいですね。

フルーツ酸のピーリング洗顔料などをつかい、優しく洗いましょう。ピーリングは、肌に刺激を与えると思われがちですが、ピーリングが家でできる洗顔料は肌に優しいものもあります。フルーツ酸は、病院のピーリングケアでもよく使われている薬剤です。洗顔料をかえて、保湿をしっかりし、睡眠や食事をバランスよく摂取しましょう。

治りやすいニキビ、治りにくいニキビ。にきびの段階について知りたい

白ニキビ→黒ニキビ

最初のニキビの段階は白ニキビです。白ニキビは、表皮近くの毛穴に皮脂が詰まって、毛穴が塞がれている状態です。潰したとしても治りが早いです。

次の段階は、黒ニキビです。白ニキビが、酸化することにより黒くなりますね。まだ、炎症が起きていないので、この段階でピーリングや、刺激の弱い洗顔料を使ってケアしましょう。

赤ニキビ→黄色ニキビ

炎症が進んでいる赤ニキビ。この段階では潰すことはやめましょう。アクネ菌が繁殖し、ブドウ球菌がありますから触らないこと。このまま、膿が溜まれば、どんどん膨らみ、黄色の膿が目立ってきたら、黄色ニキビです。こうなると、治りにくくなります。跡が残りますから、皮膚科へ行き治療しましょう。

ニキビの炎症の先はしこりニキビ

ニキビが炎症し、炎症が治まったとき、しこりニキビとなることがあります。硬結ニキビともいう、しこりニキビは、治りにくいニキビです。アクネ菌などの細菌を殺すために、毛穴の近くの皮膚にはひどくダメージを負っています。ダメージを負った毛穴の修復に、細胞がどっと集まりますが、集まりすぎて皮膚が固くなるのが、しこりニキビです。しこりニキビは、医師でないと処置は無理ですから、診察を受けましょう。

ニキビと吹き出物の違いは?ニキビと吹き出物の見分け方は?

年齢の区切りでかわる

ニキビと吹き出物の違いは、年齢で区切ることにより分かれます。20歳以下にできるのは「ニキビ」といい、20歳以上に出るものは「吹き出物」といいます。ですが、どちらも同じ皮膚科の病気で、病名は尋常性ざ瘡です。

青春のシンボルと言われるニキビと、大人ニキビともいわれる吹き出物では、できる場所、理由が違うことからも区別されます。見分け方は、ニキビは主にTゾーンで、吹き出物は主に顎ラインのUゾーンです。

年代でニキビの場所が変わる

ニキビがTゾーンといわれるおでこ、鼻にできるのは、皮脂が過剰に分泌しているからです。思春期には、男性ホルモンが活発になり、皮脂が過剰に分泌し、毛穴に皮脂がたまります。毛穴の皮脂を好む常在菌のアクネ菌が繁殖し、毛穴で炎症するとニキビになります。

吹き出物があごや頬に出るのは、乾燥しているからです。 肌の水分量が減り乾燥が進むと、肌のキメが乱れバリア機能やターンオーバーが遅くなり、肌が荒れやすく敏感肌になります。生活習慣や社会人のストレスや、飲酒喫煙、ホルモンバランスの乱れなども要因となります。

ニキビ、吹き出物で気をつけること

10代に出来るニキビは、成長する過程の真っ只中で、成長ホルモンも活発になります。男性ホルモンが優位になると、皮脂が分泌し、ニキビができます。逆に言えば、男性ホルモンを抑えられると、ニキビもしだいに落ち着く事もあります。ケア方法は、男性ホルモンを抑える、ホルモン治療をしたり、プロアクティブや殺菌作用がある洗顔料を使います。

20代以降で出る吹き出物は、生活習慣や食生活が関係しているため、生活環境を変えることが重要です。乾燥してることが多い吹き出物は、保湿効果がある洗顔料を使うことをおすすめします。

ニキビ、吹き出物に共通することは、ビタミンA、Eの抗酸化作用がある緑黄色野菜をバランスよくたべ、睡眠をよくとりましょう。睡眠の時間は、体が回復する時間です。回復する時間をタップリとることで、自然治癒力を養い、健やかな肌に導いてくれます。

潰れないニキビ。それって『粉瘤(ふんりゅう)』?脂肪の塊のようなニキビの正体は?

皮膚の下にできた、デキモノ

粉瘤は、良性の皮下腫瘍です。特に痛みもなく、大きさも様々な柔らかいおできです。病名はアテロームといいます。体中なら、どこでもできます。皮膚が山に盛り上がり、コリコリと動くのが特徴です。毛穴の出口付近を毛漏斗といい、毛漏斗の袋が細胞分裂の際になんらかの理由でひっくり返り、粉瘤の袋ができます。

皮膚は、ターンオーバーが行われると、古くなった皮膚は剥がれ、垢として落ちます。粉瘤は、皮膚の下に何らかの理由で袋ができて、その中に剥がれ落ちるはずの、皮膚(垢)がたまります。粉瘤の中は、実は垢だらけなのです。最初は小さいですが、日にちが経つにつれ、微量ながらもだんだんと肥大化するのも特徴です。急にできる方もおられますし、生まれつきできている方もおられます。

邪魔だなーと思われる方などは、除去してしまう方もいます。治療方法には、どんなものがあるのか、お伝えします。

治療方法はある?

粉瘤の中は垢がたくさん詰まっていますから、綺麗なものではありません。今は何もないけど、やがて大きくなり、雑菌が入ると炎症し、膿んでしまうことがあります。大きくなった粉瘤が背中に出来ると、寝るとき痛かったり、肩にあるとカバンが持ちにくかったりします。

膿んでしまったらすぐ、膿を出さないといけません。体の中に膿が出てしまうと、膿が体を回り、腹膜炎などを起こしたりします。痛み、赤みが出たらスグに皮膚科、外科に行きましょう。邪魔だから膿む前に取ることも可能です。穴を開けてシコリの中身を絞り出す方法と、袋自体を切って出す方法があります。絞り出す方法は、傷が小さいですが、袋が少し残ることがあります。残ると再発する恐れがあるますから、取る時は、袋を全て取ることをおすすめします。キズが大きいと、糸で縫う事もあります。夏場は汗をかきますから、手術するなら、冬場がいいでしょう。

関節にできるガングリオン

主に手首の関節あたりにできる、丸いポコッとしたものは、「ガングリオン」かもしれません。関節液や、腱などの潤滑油ヒアルロン酸が、ガングリオンの袋に入り、ゼリー状に固まったものです。内包物に針を刺し、吸引して診断します。

男性より女性が3倍多く発症し、20~50歳が多発する年齢です。一つの原因として、手首の動かしすぎがあります。

ガングリオンで、特に痛みがない、生活に支障がない場合は放置することもあります。痛みがあったり、神経に触り痺れが出るなど生活に支障がある時は、注射で吸引したりします。繰り返し膨らんでくる時は、手術することもあります。バイ菌が入るおそれがありますから、自分で処理することは、絶対にやめましょう。

これって何ニキビ?ニキビの種類について知りたい まとめ

いかがでしたでしょうか。白ニキビ、黒ニキビの段階で早めに治して、進行を止めましょう。赤ニキビ、黄色ニキビになるとクレーターになりますので、潰さずに医師に見せましょう。ニキビの特徴を知り、そのニキビの対処法を間違わずに行うことが、ニキビ跡を残さない鍵。最初の段階で医師に相談することも、選択肢として覚えておくといいですね。

ニキビと吹き出物は元は一緒です。年齢によって言い方が変わるだけです。年齢肌に沿ったスキンケアをし、生活のリズムを崩さないように心掛けることで、ターンオーバーを正常に保ち、クレーターになる前に食い止めましょう。