スキンケア

夏に出来るニキビや紫外線とニキビの関係は?固くて潰れないこもりにきびとは?

突如夏に多く出来る、ニキビの原因は何?深刻化する夏ニキビ

ベタベタな汗をかく

夏といえば暑いですよね。暑いと、ダラダラと汗をかきます。健康な人の汗は、サラサラとして臭いもほとんどない、といいます。不摂生や生活習慣が乱れている人の汗は、実は臭いもあって、ベタベタしているのをご存知ですか?

汗腺は、血液の中に必要な塩分とミネラルを再吸収させる仕組みを行い、汗をかいても塩分がなくならないようにように保っています。しかし、汗腺の機能が低下すると、汗と一緒にでてしまった塩分と、ミネラルの再吸収が行われなくなり、酷くなると熱中症などの症状を引き起こします。汗に含まれる塩分とミネラルは、蒸発しにくいとされていて、肌に付着するとアルカリ性の肌になります。すると雑菌が繁殖しやすくなり、バリア機能が低下し肌荒れを起こす要因です。

健康的なサラサラ汗にするには、汗腺を鍛えることが必要です。生活習慣を改めて、油脂の多い食事を避け、ウォーキングなどの軽い運動をし、汗腺を開くようにするといいでしょう。ホットヨガも流行っていて、おすすめです。

過剰になる洗顔

汗をかくと、顔が気持ち悪くなりますよね。ファンデーションも落ちやすくなります。皮脂を落とそうとゴシゴシ洗ってはいけません。夏でも、乾燥している場合があります。実は、乾燥しているのに、洗顔して、更に乾燥するという悪循環になっています。乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなります。

洗顔料を使う回数を減らし、朝は水だけで洗顔してみて下さい。皮脂は、肌の潤いを与えてくれる役目もありますから、取りすぎには注意しましょう。

エアコンによる乾燥

皮脂の取りすぎで乾燥することをお伝えしましたね。エアコンで乾燥しています。エアコンの風が、肌の水分を蒸発させてしまいます。

汗や皮脂でテカテカしているので、乾燥していないと思いがちですが、肌の内部では乾燥が進んでいる、インナードライの状態になります。インナードライになると、自分の肌自身が乾燥を防止するために、皮脂を分泌し、乾燥から肌を守ります。こまめに水分を補給すると共に、日中でもスプレーなどで保湿を補いましょう。

日焼けがニキビを悪化させる原因?紫外線とニキビの関係は?

肌に有害なUVB波

肌に害がないUVA波に比べて、UVB波は約1000倍多く害があります。UVB波は、日焼けの元になり、シミシワ、皮膚がんといった疾患の原因です。UVA波は、真皮層まで波長が届きますが、UVB波は細胞の元の核の中にまで吸収し、DNAに直接害を与えてしまいます。

UVB派は、日焼けの元で敏感肌になります。敏感肌になると、外部からの刺激に弱くなり、ダメージを受けやすくなります。ホルモンバランスやターンオーバーが正常に働かなくなり、ニキビが炎症し、シミそばかすが回復せず、くすみとなります。

活性酸素がニキビを促す

紫外線を受けると、活性酸素が増えます。活性酸素とは、吸い込んだ酸素のうち、約3%が活性酸素になります。体内に侵入し、体に支障をもたらす細菌やウィルスは、活性酸素の消毒作用で殺菌されています。活性酸素は、体に必要な成分ですが、増えすぎると、悪影響を及ぼします。

紫外線を受け、活性酸素が増えると、肌を細胞レベルで傷つけてしまいます。皮脂と水分量のバランスがくずれ、皮脂が過剰に分泌し、毛穴に皮脂がたまり、ニキビができやすくなります。毛穴に詰まった皮脂と融合することで、毛穴の中の皮脂は、過酸化脂質と変化し、炎症を起こし、酷くなると赤ニキビとなります。コラーゲンなどと活性酸素が結びつくと、肌が強張り、シワが深くなったり、頬あたりがたるんできます。

紫外線によるニキビの対策

紫外線をたくさん浴びると、活性酸素は増えます。活性酸素が増えると、細胞はダメージを受ける、ということでしたね。ダメージを受けると、ニキビは赤く炎症します。細胞を再生しようと、血液が集まった状態が、膨らみのあるニキビの赤みです。

赤みのあるニキビは、炎症が進んでいる状態です。そこに紫外線が当たると、ニキビは、メラニンを生成し、シミなどの跡を残してしまう可能性があります。それを防ぐには、日焼け止めクリームです。紫外線を防止することで、ニキビの跡を残さないようにします。夏の日差しのきつい時期などは、SPF50PA++++のものを使いましょう。ニキビがあるときは、いかなる時も、日焼け止めの対策をおすすめします。日焼け止めクリームを使用した後は、クリームが残らないように、洗い流しましょう。

気になるニキビ、ニキビは触ると増えるって本当?

手にはどれくらいの菌がいる?

ニキビができているということは、肌が敏感になっているということです。ちょっとした刺激が、ダメージになります。触るのも、良くないです。手には、雑菌が沢山あります。1cm×1cmの中に39000~460000個の菌がいます。表皮ブドウ球菌などは常在菌ですから、消毒薬でも取れません。大腸菌のグラム陰性菌、黄色ブドウ球菌などのグラム陽性菌などは通過菌と言われ、石けんで洗い流すことができます。

たくさんの菌がいる手で、ニキビを触ると、炎症が進みます。赤ニキビになっているなら、なおさらの事ですよね。ニキビ肌は、肌全体が敏感肌状態です。触らないがベストですが、処理する時や手当するときは、必ず手を洗うか消毒してから行いましょう。

敏感肌は摩擦に弱い

敏感肌になるニキビ肌は、摩擦にも弱くなります。バリア機能が低下し、守られる潤いがないので、摩擦程度でもダメージを受けてしまいます。摩擦を受けた肌は、保護するために、皮膚が分厚くなり、ターンオーバーが崩れがち。

摩擦の原因は、マスク、枕カバー、乳液を使わない、頬杖をつく、帽子をかぶるなどあります。マスクは使い捨てを使い、枕カバーなどはこまめに洗いましょう。洗顔の摩擦にも要注意です。しっかり泡立て肌を直接擦らないで、泡の上から優しく洗いましょう。

タオルにも気をつける

タオルの摩擦にも気を配ります。タオルの洗濯の際には、柔軟剤を使用し、柔らかくし、肌への刺激が軽減されます。清潔なタオルを使いましょう。

タオルで顔を拭く時の注意点は、ゴシゴシ拭かないこと。柔らかいタオルで、ゴシゴシ拭くのは逆効果です。顔にタオルを当てるように拭きます。水分をタオルに含ませるだけで充分ですよ。ニキビがない時にもこの拭き方を心掛け、癖付るといいでしょう。

顔に出来た潰しても潰れない固いニキビ、こもりニキビの原因は?

アクネ菌の増殖

こもりニキビは思春期よりも、大人になって出ることが多いです。こもりニキビはしこりニキビとも言われ、触るとシコリのようなものが触れます。芯がないニキビです。ときに、痛みやかゆみが生じます。

皮膚でこもっているため、膿んでいても、見た目には赤く膨らんでいる形にしか見えません。だからといって、むやみに潰すのは、やめましょう。

しこりニキビは、真皮層にまで炎症が起きている可能性があります。ニキビの原因菌アクネ菌が増殖すると、抑える働きをする白血球が戦い、炎症がおきます。この戦いが長く続くと真皮層にまで、炎症及んでしまいます。その炎症した細胞を修復しようとコラーゲンが出現します。コラーゲンなどたくさんの成分が修復する為に集まることで、皮膚は盛りあがりシコリになります。

同じ場所に出来やすい

しこりニキビをきちんと根本的に治すことが必要です。何もしなくても、痛みや赤みが引いていくこともあります。ですが、疲れやストレス、食生活が乱れたりすると、再発する可能性は大です。しこりニキビの奥深い細胞は、ダメージを受けている状態ですから、免疫力が弱くなっていますので、そこからまた、腫れてきます。

同じ場所に出来ないようにするには、奥深い細胞を完全に修復してあげることが必要です。ビタミンA、Eは肌力を強くしてくれます。緑黄色野菜、うなぎ、などに含まれていますので、体の中からも、肌にいいもので改善しましょう。

治りが遅く、長期化する

·パルクレールジェル 7200円(税込)

約1ヵ月使えます。美容成分が98.8%配合。メラニンを抑え若返り効果でよく使われるプラセンタ、ニキビケアには、美肌に導くアラントインを配合しています。赤みのあるニキビの原因菌に直接働きかげ、肌のコンディションを整え、保湿もしっかりしてくれます。

·オルビス薬用化粧水180ml 1620円(税込)

オルビス薬用化粧水は、繰り返すニキビに着目したスキンケアです。繰り返す「周期ニキビ」に根本的にアプローチする、紫根エキス、肌荒れには甘草エキスを配合。肌のコンディションを整え、肌荒れのできにくい肌に導きます。オイルカットでベタつきを抑えていますが、保湿はしっかりされています。コラーゲン、ペプチド、ヨクイニンと潤い成分は充実しています。お得なスターターセットがあり、1000円からお試しいただけますよ。

にきびは人にうつるの?ニキビは潰すと違うところにニキビが出来る?

ニキビはうつらないが、ニキビになる可能性が高くなる

顔にはアクネ菌という常在菌がいますが、100%に近い確率でいます。アクネ菌は、皮脂の油分の調整をする役割もあります。毛穴の皮脂にアクネ菌が増えたとき、ニキビが発症します。そのアクネ菌が、別の毛穴のに移るとなると、ニキビになる可能性は高くなります。

そして、先程にお伝えしました、手にいる菌も重要です。雑菌だらけの手で触ると、ニキビになる可能性はぐんっと、上がります。

タオルやメイク道具など、顔に当たるものを共有しないことも大事です。タオルは清潔な物を使い、メイク道具、こまめに洗浄しましょう。特に、ファンデーションで使うパフはよく洗い乾燥させてから使うことをおすすめします。

不規則な生活は要注意

不規則な生活は、肌のコンディションを悪くする要因です。睡眠不足、残業などで夜食を食べたりなど、社会人ならよくありますよね。不規則な生活は、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

よく、ニキビができている人と一緒に生活すると、 ニキビが伝染るといいますが、ニキビがうつるのではなく、生活習慣が似てくるので、ニキビが出やすい肌になる、ということです。お互いに生活習慣を改め、食生活にも気を配り、もし。ニキビが潰れた時や、ひどい時は、タオルの共有は避けましょう。

保湿は怠らない

肌が乾燥すると、キメがなくなり角質がささくれ状態になっています。ささくれ状態になると、ダメージを被りやすいです。バリア機能が低下し、ニキビになりやすくなります。ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿力がアップするものがおすすめです。コットンに浸して、コットンパックをすると、保湿効果がアップしますよ!

体の中から保湿する、飲むヒアルロン酸も話題ですね。1週間も飲みづつけたときの、肌のモッチリ感は素晴らしいです。ぜび、お試しください。

夏に出来るニキビや紫外線とニキビの関係は?固くて潰れないこもりにきびとは?まとめ

いかがでしたでしょうか。夏の紫外線は、ニキビを悪化させてしまい、シミになります。紫外線対策をしっかりすることで、何年後、何十年後の肌を守りましょう。しこりニキビは、深層部で炎症が起きています。奥が深いので、自分で潰すことは絶対にしないで下さい。しこりニキビと間違えやすいのは、毛の根元が炎症する毛包炎と、毛穴に袋ができ垢がたまる粉瘤があります。どちらも炎症しますから、自分で判断せず、皮膚科へ行きましょう。

真皮層にまで及んでしまったニキビの炎症は、修復に時間がかかります。個人差はありますが、最大約6年かかるといわれています。ピーリングなどで、ターンオーバーを早めるのでおすすめです。ニキビができたからといって悩んでる暇はもったいない!今すぐ、綺麗になるニキビケアを始めましょう。