スキンケア

【ニキビが劇的によくなる?!】目薬やムヒがニキビに効くの?

にきびが治ると噂!炎症したニキビやニキビ跡に目薬が良いって本当?

ニキビに作用する有効成分は?

目薬って目が疲れた時、プールに入った時、ゴミが入った時などに使いますよね。しかし、目薬の使い方、それだけではないんですね。なんと、目薬がニキビにも効果があるというんです!どんなことに効果があるかというと、ニキビの炎症を抑える働きが1番多いです。目薬なら何でもいいのではなく、充血を抑え、血管を収縮させる成分が入っているものを選びましょう。充血を抑えるということは、炎症を抑えることになります。ニキビでは、特に赤ニキビに効果があります。

目薬には、ニキビの皮脂を抑えるビタミン類が入っています。ビタミンB6は、ニキビ跡にも効果がありますから嬉しいですね。

グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸テトラヒドロゾリン

目薬に入っている、グリチルリチン酸ジカリウムは、炎症を抑える働きがあり、皮脂の分泌も抑えてくれます。赤く腫れたニキビの緩和にもいいでしょう。化粧品にも配合されています。

目薬では塩酸テトラヒドロゾリンは、血管を収縮させ、充血を抑える働きをします。こちらも、ニキビの炎症を抑えてくれます。

ニキビに効果があるとされ目薬と使い方

·バイシン®プラスⅡ 10ml

メーカー希望小売価格880円(税抜き)

·サンテメディカル12

メーカー希望小売価格1480円(税抜き)

·ホワイトアイリス

メーカー希望小売価格780円(税抜き)

·ロートリセ

メーカー希望小売価格735円(税込)

使い方は、綿棒に目薬をつけ、ニキビに付けるだけです。口コミでは、目薬をつけたら2日で完全によくなった、赤みだけでなく1時間ほどで無くなったなどがあります。ですが、あくまでも目薬ですから、合わない方もおられます。合わない時は、スグに中止しましょう。

にきびが治ると噂!パート2 ニキビに虫刺されのムヒが良いって本当?

イソプロピルメチルフェノール

ムヒといえば、虫さされの万能薬ですよね。夏には、一つあると安心ですよね。メントールのスーッとしたスッキリした匂いが懐かしく感じます。実は、あのムヒがニキビに効果があるというのです!ムヒにはかゆみを抑える働きがあります。その他には、先ほどの目薬にもありました、グリチルリチン酸が入っていて、炎症を抑えます。ピーリング効果もあり、皮脂を落とす働きをします。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用があり、アクネ菌、背中のニキビの原因菌マラセチア菌、膿の中にいるブドウ球菌などに効果があります。ケロイドになるニキビも殺菌することで、ケロイドになる前に対処できます。イソプロピルメチルフェノールは、市販のニキビの薬にもつかわれていますから、ニキビに効果があるのも頷けますね。

デキサメタゾン酢酸エステル

赤ニキビになると、かゆみが出てきます。かゆみの原因は、ヒスタミンという免疫細胞の成分が作られるからです。ムヒに配合されている、デキサメタゾン酢酸エステルは、ヒスタミンを抑える働きがあります。

·ムヒS18g 医薬品分類、第3類医薬品

メーカー希望小売価格 594円(税込)

ムヒSは、ステロイドが入っていません。伸びがよく、ベタつかないサラッとした使い心地です。ジフェンヒドラミンが、かゆみを抑える効果があります。生後3ヶ月から使えます。

他のムヒ製品にはステロイドが入っていますから気をつけましょう。

目の周りは避ける

目の周りや粘膜には使用を避けましょう。液体は、流れて目に入ると大変ですから、やめましょう。ムヒSは、クリームですから使いやすいです。額、頬、顎にできたニキビに、綿棒に少しムヒを取って付けます。付けすぎるとヒリヒリする場合がありますから、少量にしましょう。それでOKです。

ムヒを塗ったらニキビ跡が無くなった、薄くなった、ちょっと時間がかかりましたがよくなったなどの口コミがあります。効き方は皆さん違いますから、あまりにもヒリヒリしたり、痛みなどがでたら使用を中止しましょう。

にきびが治ると噂!パート3 ニキビに消毒液マキロンが良いって本当?

マキロンは傷毒液

消毒液というと、手指を消毒するものと、傷口の菌を殺菌する傷毒するものがあります。マキロンは、学校で傷ができた時、保健室で処置するときによく、使われていますよね。マキロンは、傷口の菌を殺菌する作用がある傷毒液です。

ニキビの原因菌、アクネ菌を殺菌する効果はありますが、それだけで、ニキビを改善することはできません。ニキビができる理由には、アクネ菌の他に、皮脂の分泌や角栓があります。マキロンをつかっただけでは、皮脂や角栓を除去することはできません。

ニキビに効く成分はこれ!

マキロンがニキビに効くと言われているのは3つの主な成分が関係しています。主な3つの成分を詳しくお伝えします。

·塩化ベンゼトニウム

極めて強い殺菌作用があり、黄色ニキビの黄色ブドウ球菌や、アクネ菌、背中ニキビのマラセチア菌への殺菌効果があります。

·アラントインは組織修復剤

新しい皮膚の細胞の再生を助ける働きがあります。美肌効果をもたらす成分として、化粧品にも配合されています。

·クロルフェニラミンマレイン酸塩

かゆみや炎症が発生する、ヒスタミンという成分を抑える働きをする、抗炎症作用があります。赤みを帯びて、かゆみがある赤ニキビの炎症を抑制します。

マキロン®S 第3医薬品

メーカー希望小売価格

75ml 702円(税込) 30ml 410円(税込)

ニキビに付ける時のやり方と注意

ニキビにマキロンをつける時は、洗顔後、綿棒などにマキロンをつけて、ニキビに付けるだけです。初期のニキビなら約2~3日、炎症がある赤ニキビなら約1週間ほどで効果が表れ、2週間ほどするとニキビ跡にも効果があったという方もおられます。

注意することは、マキロンは肌につけると、ヒリヒリとした刺激が強いので、顔全体に塗ることは避けましょう。マキロンはすぐに蒸発し乾燥しやすいこともありますので、化粧水や乳液での保湿を必ずしてください。強い刺激があったり、炎症がひどくなるなど異常な症状が出た時は、使用を中止しましょう。

にきびが治ると噂!パート4 ニキビを治すには放置(気にしない)が一番良くなる?

ニキビを気にし過ぎるのは逆効果

ニキビができると、気になりますよね。ついつい、触って触って触りまくりますよね。触りすぎは、バイ菌が入りやすいので、やめましょう。気になりすぎて、それがストレスとなり、ニキビが悪化することに。

ストレスが溜まると、交感神経が優位になり男性ホルモンが活発になります。男性ホルモンは皮脂を分泌する働きがあり、皮脂が分泌されると、毛穴に皮脂が詰まり、ニキビが増えたり、悪化したりします。ストレスは、自律神経を乱し、肌のコンディションのバランスが崩れます。

ニキビを気にしすぎないで、ニキビの悩みを素直に受け入れ、できたニキビの根本的な原因を突き止めて、改善することが、ニキビの治癒を早めることになるでしょう。

洗顔しすぎるのはよくない!

皮脂の分泌がニキビの要因となりますが、その皮脂を気にし過ぎて、洗顔を何回もする方もおられるのではないでしょうか。皮脂が出てる時は気持ち悪くて、化粧もドロドロになりますよね。でも、洗顔料には、皮脂を取りすぎる界面活性剤が配合されています。皮脂を取りすぎると、乾燥して、肌が自ら潤いを保とうとします。保とうと分泌するのは、皮脂です。自然治癒力で皮脂を分泌し、バリア機能を低下させないように肌を守ります。

バリア機能が低下すると、洗顔後の成分や化粧品などの刺激を、受けやすくなって、荒れてしまいます。皮脂が気になる時は、洗顔料を使う回数を減らしましょう。朝晩洗顔料を使っていれは、夜にメイクを落とすときに洗顔料を使い、朝は水だけで洗顔する、というようにすると、刺激が軽減されて、乾燥を防ぐことができます。ぜび、お試しください。

ノースキンケア週間、肌断食とは?

ニキビができたとき、何かしなくては!とアレコレ試したけれど、効果はそれほどでもない、なんてことありますよね。ニキビができたときにこそ試して頂きたい、形成外科医の宇津木龍一さんが考案した、肌断食をお伝えします。

スキンケアは一切しないで、肌の力を引き出す方法の肌断食。化粧水や乳液に含まれる栄養を断ち切ることで、肌本来の力を引き出し、自らの修復力を最大限に発揮させ、免疫力、潤いの力を養い、キメの細かい潤いが整った肌にする効果があります。完全肌断食の完全にスキンケアを断ち切る方法、プチ肌断食の週末だけ行う方法、夜だけ肌断食の3種類あります。基本水洗いのみですが、石鹸を使う洗顔はOKとされています。メイクや日焼け止めを使用したときは、石鹸で落とせるものを使います。やり方はいたって簡単ですから、最初は週末だけからやってみてください。

基本的なやり方

1、水洗顔

ただ水で、バシャバシャ洗うのではなく、手にすくった水の中に顔をいれて洗います。手指で決して、肌を擦らないで下さい。

2、タオルオフ

タオルオフをしますが、ゴシゴシ拭くのではなく、タオルを顔に押し当てて、タオルに水分を染み込ませるようにします。摩擦は、肌のキメが乱れる要因になります。

3、乾燥が気になるところはワセリンを塗る

乾燥が特に気になるところは、少量のワセリンを塗ります。ワセリンは乾燥しやすいので、顔全体に塗ることは避けましょう。

【ニキビが劇的によくなる?!】目薬やムヒがニキビに効くの?まとめ

いかがでしたでしょうか。目薬やムヒがニキビに効くというのは、含まれている成分にありました。炎症を抑える成分やかゆみを抑える成分などが、ニキビの炎症にも効果がありましたね。マキロンは、ニキビのアクネ菌の殺菌効果があります。ニキビが潰れた時の、消毒薬にも使えますね。いずれもニキビ専用ではないため、副作用などが出る場合がありますから、異変がある時はスグにやめましょう。

肌断食で、肌の自己免疫力をアップすることが出来ます。3種類ありますから、始めやすいですね。ニキビが小さくなったや、くすみが消えた、ハリがでた、毛穴が目立たなくなったなどの口コミがあります。平均で約2~3週間で効果が表れますから、諦めずに続けることが重要です。自分の肌の力を信じ、自分の肌の相性がピッタリな方法を、ぜひ、試してみてくださいね。