デリケートゾーン

なぜ膣カンジダは妊娠時にかかりやすいのか?

なぜ膣カンジダは妊娠期になりやすいの?

よくこんな話を聞いたことありませんか?
「妊娠初期に膣カンジダになって通院していた」
「私の場合は妊娠後期、妊婦検診の時に強い痒みを相談したら膣カンジダを発症していた」

膣カンジダは女性がかかりやすい病気の一種です。
理由は女性の陰部は男性に比べて通気性が悪く、高温多湿な環境になりやいためカビや菌が繁殖しやすくなっています。
カンジダ菌は口の中、皮膚、消化管、陰部にいる常在菌、普段は他の菌と共存しているため症状は出ません。

主に膣カンジダを発症してしまう原因は、体調不良やストレス・抗生剤を使用・ホルモンバランスの乱れなど体の免疫力低下です。
特に妊娠期はホルモンバランスが乱れ、体調不良になりやすく・発汗して体温が上がりやすくなるため免疫力が低下し、膣内が酸性からアルカリ性へと変化していきます。
カンジダ菌はアルカリ性の環境を好み、さらに膣内が高温多湿になるため異常繁殖しやすくなります。

妊娠中はただでさえ普段と違う体調で過ごしていかないといけないのに
膣カンジダを発症して一番つらいのは陰部に強い痛みやかゆみが出てしまうことです。
体の中で一番デリケートな部分の痛みや痒みはとてもつらいもので、下着が少し擦れただけでもかなりストレスになってしまいます。
妊娠期に治療を完了すれば問題ないのですが、出産まで膣カンジダを治療していない場合
生まれてくる赤ちゃんにもカンジダ菌をうつしてしまうリスクがあります。

膣カンジダは治療しないと他の人にもうつしてしまう病気であり、一度治療を完了していても妊娠期のような「体の免疫機能が低下している時期」は再発する可能性が非常に高くなっています。

膣カンジダ 妊娠・出産時のリスクと対処法を知り実践していくことで
少しでもストレス軽減につながります。

妊娠期になった膣カンジダを治療せず出産した場合のリスクとは?

膣カンジダは妊娠期にかかりやすい病気ですが、軽度の場合自然治癒することもあります。
膣カンジダの目立った症状は陰部に強いかゆみや痛み・炎症・おりものの白色化や分泌量の増加になります。
少し陰部に痒みがある場合でも、陰部の違和感ということもありなかなか相談できないという妊婦さんは多いと思います。

妊婦検診で膣カンジダの発症が確認できれば早期治療することも可能ですが、妊娠後期になると出産も近く完治しないまま出産してしまったということも起こりかねません。
もし妊娠期に膣カンジダを発症し、治療せずに出産した場合のリスクはあるのか?
また発症してしまった時の治療法はどうするのか?を解説していきます。

妊娠中の膣カンジダを完治させないまま出産した時、赤ちゃんへのリスクは?

妊娠中いつ膣カンジダになってしまうか分かりません。
妊娠初期に発症を確認していれば早期治療を行うことができますが、妊婦検診で行う尿検査や医師の問診で妊婦自身相談することができれば問題ありませんが、実は相談できない人が圧倒的に多いです。
妊娠初期は妊婦検診の回数も少ない・検診までの間隔が開いてしまうため後期になって膣カンジダになっていたということもよくあります。
軽いものであれば妊娠後期でも完治できますが、治らず出産してしまった場合
低確率ではありますが、生まれてくる赤ちゃんが産道を通った時カンジダ菌に感染してしまう可能性があります。

カンジダ菌が赤ちゃんに感染した場合
肌にカビが付き炎症を引き起こしてしまうカンジダ皮膚炎を発症します。

【カンジダ皮膚炎】とは?
カンジダ菌が股部・陰部・手指などに付き境界があまりはっきりしない、じゅくじゅくとした赤い斑がでます。
小さな水ふくれ膿が多数みられ、軽いかゆみを引き起こすこともあります。
赤ちゃんの肌は大人の半分の薄さで、おむつは高温多湿な環境になりやすくカンジダ菌の繁殖には好条件になっています。
赤ちゃんは自分でケアすることができないため、大人が対応するしかありません。

カンジダ皮膚炎はおむつかぶれやあせもと似ているため、間違えやすいです。
見分け方は2点あり
・おむつをしているところのみに症状が出ている場合は「おむつかぶれ」
・おむつ以外のところの炎症・しわの奥まで赤くなっている場合は「カンジダ皮膚炎」の可能性があります。

妊娠中の膣カンジダの治療法・赤ちゃんの治療法

【妊娠中の膣カンジダの治療法】
膣カンジダは治療すれば治る病気です。
症状が軽ければ、治療薬を用いた治療を1週間行い経過を見ます。
妊娠中は使える薬も制限されますが、カンジダ菌の治療に使われる薬は抗真菌薬と他の菌には比較的影響が出ずカンジダ菌へ効く薬を使用します。
膣カンジダと診断された場合、膣洗浄・膣錠を挿入する治療を行いますが最近では通販やインターネットでカンジダ治療薬を購入することができます。
妊娠期は妊婦検診で膣カンジダと診断されることも多い為、安心を得るという意味でも病院での治療をおすすめしています。

もし膣カンジダが治らず出産する場合でもカンジダ菌感染予防の薬剤を点滴しながらの分娩を行う産婦人科が一般的です。
「膣カンジダを完治させないままの出産は赤ちゃんにうつってしまう」というリスクを減らすことができるので少し安心です。

赤ちゃんがカンジダ皮膚炎になってしまった時の治療法

低確率ではありますが、母親から赤ちゃんへカンジダ菌が感染することもあります。
カンジダ皮膚炎はおむつかぶれやあせもと症状が似ているため、自己判断しにくい時もあります。
赤ちゃんの肌は皮膚が薄く乾燥し易いため、おむつ以外の場所で出ているのを見つけたら小児科か皮膚科を受診することをおすすめします。

病院で行う検査は炎症している皮膚の一部を採取し、顕微鏡でカンジダ菌の有無を検査します。
カンジダ菌が見つかった場合は抗真菌薬の軟膏・クリームなどの外用剤を用いて治療します。
同じカビから発症する水虫と違ってカンジダ皮膚炎は治りやすいですが、広範囲もしくは治療薬が塗りにくいところは内服薬と併用しながら治療することになります。

赤ちゃんも生まれた時からカンジダ菌を保菌しているため、一概に出産時に感染したということは判断しにくいです。
しかし早期治療を行うと早く治る病気でもあります。
肌に違和感を感じる場合は、速やかに病院へ受診することをおすすめします。

気を付けたい膣カンジダ 妊娠中にならないようにする予防策とは?

普段よりかかりやすい膣カンジダ、ならないようにするための5つのポイントをまとめてみました。
【バランスのとれた食事を取るようにする】
体力維持の為にもバランスのとれた食事をすることは、免疫力を向上させます。
特につわり時期は食べれない時もあるため、食べれる時は少しでも栄養価の高いものを食べましょう。
【疲れている時は無理をしないで休む】
1人目出産の時は休めたけど、2人目出産のときはなかなか休めなくて膣カンジダが悪化したという人も少なくないと思います。
普段より体力が低下しやすい時期ですが、無理して動く必要はありません。
体がきついなぁと感じる様になったら、無理せず休むようにしましょう。
【ストレスを溜めない、適度な運動をする】
妊娠中はどうしても体がきつくて動きたくないと感じます。
しかしずっと動かず家の中にいるのはストレスが溜まりやすくなってしまいます。
天気がいい時は散歩をしたりするなど、体に無理しない程度で体を動かすようにすると気持ちも軽くなりストレス解消に繋がります。
【通気性の良い下着を選ぶ】
ただでさえ妊娠期は雑菌が繁殖しやすい環境になっているため、締め付ける下着は着用しなくても通気性がないものを着用し続けていると結果膣カンジダを発症しやすくなってしまいます、
ナプキンなども着用することが多い為、通気性の良い下着を選ぶようにすることも予防の1つになります。
【陰部を強く洗い過ぎない】
膣カンジダを悪化させるNG行動でありがちなのは、陰部の洗いすぎです。
「かゆいからごしごし擦ってしまう」
「汚いからしっかり洗わないといけない」
あまり知られていないですが、陰部は体の中で一番皮膚が薄く乾燥し易いところのため
洗浄力の強すぎるせっけんやボディソープでの洗浄は必要な菌まで洗い流す上に乾燥化をさらに進めてしまうため悪化させてしまいます。
分泌量も多くにおいが気になりがちな妊娠期の洗浄は泡をしっかり泡立てて優しく洗うようにしましょう。

なぜ膣カンジダは妊娠時にかかりやすいのか? まとめ

・妊娠中は体調が崩れやすく陰部が高温多湿な環境になりやすいためカンジダ菌が繁殖しやすく、膣カンジダになりやすい。
・膣カンジダを完治しないまま出産してしまうと産道を通って生まれた赤ちゃんがカンジダ菌に感染する可能性がある。
・赤ちゃんのカンジダ皮膚炎はおむつかぶれやあせもと似ているため、判断が難しい場合は病院へ受診すること。
・妊娠中の膣カンジダの治療は膣洗浄を行い抗真菌薬を用いて1週間ほどで完治する。
・赤ちゃんのカンジダ皮膚炎は抗真菌薬の軟膏・クリームなどを用いりるが、広範囲・塗りにくいところは内服薬を併用することもある。
・膣カンジダを予防する方法は規則正しい生活・ストレスをためず、通気性の良い下着を着用・陰部を洗い過ぎないことが大切である。