デリケートゾーン

膣カンジダ|ヨーグルト状のおりものは病気のサイン?

膣カンジダ|白いヨーグルト状のおりものは病気のサイン?

女性特有の分泌物である「おりもの」とは?
子宮、膣、汗腺から分泌物が混ざり合い、粘性のある液体でおりものは性器の分泌物の集合体と言われています。

おりものの役割は2つあります。
・膣の中に雑菌や細菌の侵入を防ぎ、膣内の中を綺麗に保つ「自浄作用」
・子宮の出口から出るおりものは精子がスムーズに到達する様にする役割がある「排卵期の受精の手助け」
通常のおりものの色は透明、ホルモンバランスによって粘性のあるドロッとしたものもあれば水っぽくサラッとしたもの変わっていきます。

ある日トイレでおりものが白っぽくヨーグルトみたいなドロッとしたものが出た経験がありませんか?
生理前である黄体期に白濁とした粘性のあるおりものは出る場合がありますが
ヨーグルトのドロッとしたものや、カッテージチーズのようなぽろぽろとしたものが出てきたら?
自分自身の膣内からそのようなものが出てきたら、とても驚き、不安を感じるようになります。

このようなおりものが出た場合、膣内がカンジダ菌に感染している可能性があります。
カンジダ菌は健康な人の体内にいる常在菌の真菌(カビ)になります。
正常な膣内ではデーデルライン桿菌のような乳酸桿菌が膣内を清潔に保っています。
体の免疫力が高まっている時、膣内は細菌や雑菌が繁殖しづらい酸性に保たれています。

しかし免疫力が下がっていると、乳酸桿菌の働きが鈍くなり酸性に保たれていた膣内がアルカリ性へと傾きカンジダ菌を始め雑菌や細菌が異常増殖してしまいます。
おりものが増えてしまったカンジダ菌を抱え込み、排出したものが透明からヨーグルトのようなおりものへと変化していきます。
つまり白色化したおりものが出てしまった場合、膣内に異常が起きているSOSのサインになります。

特に生理前や妊娠時期はホルモンバランスが乱れやすくなっているため、カンジダ菌に感染しやすくきちんと治療を行わないとパートナーにうつしてしまったり、不妊症の原因になってしまいます。

ここではおりものの変化で分かる膣カンジダという病気や他の病気を紹介しています。
女性性器は男性性器に比べてカンジダ菌が繁殖しやすい環境であるため、1度完治しても免疫力が下がっていれば再発してしまう自己感染症です。
おりものがだすSOSを見逃さず、適切な治療と日常ケアをスムーズに行えるよう解説しています。

膣カンジダと似た病気|ヨーグルトのおりものと他の状態

最初に知ってほしい正常なおりものの状態についてです。
おりものの分泌量は個人差がありますが、基本的におりものの量は2つのホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量とほぼ比例しています。

膣カンジダ|正常なおりものとヨーグルト状のおりものとの違い

・おりものの量のサイクル
生理後はおりものが一番少ないさらっとした状態から
排卵期にはおりものの量がピークになり、とろみのある水のような状態へと変化していきます。
黄体期はおりものの量が少しずつ減っていき、ドロッとした粘性のある白濁とした状態へ。
そして生理前はおりものの量が増えドロッとした粘性のモノになり、少しずつ血液がおりものの中に混ざってきます。
このサイクルを経て、膣内はおりものによって清潔に保たれています。

・おりもののニオイ。
生理終了後はおりものにニオイはなく、生理前のおりものが一番ニオイがきつくなってきます。
おりものからすっぱいニオイがしてくるのは膣内に乳酸桿菌が多くいるいい状態のことになります。

普段透明または少し白濁としたおりものは膣内が正常に保たれている証拠ですが、ヨーグルトのような白っぽくドロッとしている、またはカッテージチーズのようなぽろぽろとしたものが出た場合は膣カンジダの疑いがあります。

膣内の健康状態を目視できるのはおりものの状態やニオイが目安になっています。
嫌なニオイ、ニオイがいつも以上に強い、いつもとおりものの状態が違う場合は病院への受診をおすすめします。
また膣カンジダの場合は白いクリーム状のおりものが出てくる場合があり、正常な状態のものとよく似ていることもあるため注意が必要になります。

膣カンジダ|おりもので分かる似ている病気

おりものの色や状態・分泌される量から、膣内が細菌に感染していることを知ることができます。
その中でも膣内が細菌などに感染、分泌されるおりものに特徴がある病気をまとめてみました。

【膣カンジダ】
カンジダ菌と呼ばれる人体に常駐している真菌(カビ)の一種です。
普段は膣内が酸性に保たれているため、増殖することはありませんが体調不良・ストレス・ホルモンバランスの乱れによる免疫力が下がってしまうと、カンジダ菌が異常増殖します。
膣カンジダは性行為による感染も感染経路として存在していますが、ほとんどは体の免疫力低下による自己感染になります。
おりものは透明から白色化しヨーグルト状のどろっとしたものやカッテージチーズ状のぽろぽろとしたものが多く排出されます。
症状は外陰部の灼熱感・強い痛みやかゆみ、性交痛などがあります。

【細菌性膣炎症】
最も膣カンジダと症状が似ている感染症が細菌性膣炎症になります。
細菌性膣炎症の特徴はおりものの色と独特のニオイになります。
おりものの状態は通常時と変化ありませんが、色が灰色っぽく魚っぽい生臭いニオイへと変化していきます。
感染経路は性行為が多く、嫌気性菌などの感染が原因です。
腫れや熱などの炎症症状があまり見られませんが、膣カンジダの様にかゆみがでてしまいます。
その他にも不正出血・下腹部痛や排尿痛を感じることもあります。
特におりものから不正出血が確認された場合、細菌性膣炎症に感染している可能性があるため自己判断しないようにしましょう。

【トリコモナス膣炎】
トリコモナスという原虫が引き起こす性感染症の1つになります。
性交渉によってトリコモナスが膣から侵入、膣内の粘膜に寄生し表面から分泌されるグリコーゲンを吸収し免疫力を低下させます。
増殖することによって膣内の自浄作用が機能しなくなり、感染が広がってしまいます。
トリコモナス膣炎に感染した場合のおりものの状態は黄緑色で量の多い泡状のものがでて、強い悪臭を放つことがあります。
症状は外陰部のかゆみ・灼熱感・刺激感になります。

【淋菌感染症】
淋菌による細菌の感染症の1つで、主な感染原因は性行為と言われています。
淋菌は粘膜から離れてしまうと死滅してしまうため、性行為以外で感染が確認されていない性感染症でもあります。
淋菌感染症はトリコモナス膣炎とおりものの色が同じ黄緑色ですが、膿状のものが多くでることが特徴です。
主な症状は生理以外の不正出血・下腹部痛・発熱になります。

【クラミジア感染症】
クラミジア菌が原因の感染症で自覚症状がほとんどなく、発見が遅れてしまうことが多い性感染症になります。
一度完治していても、再発する可能性があるため主な感染原因となる性交渉を行う時は注意が必要です。
おりものに色が付くことはありませんが、水っぽく分泌量が多い場合は注意しなければなりません。
症状は下腹部痛と発熱になります。

膣内を目視することができないため、感染症の発見はいつも遅れがちになりますが
正常な状態のおりものを知っていれば、おりものに変化あり発見が早ければ早期治療が可能になります。

膣カンジダの治療|ヨーグルト状のおりものが落ち着くまですべきこと

膣カンジダの治療はどのように行うのか?痛くないのか?
治療費用はどれぐらいかかるのか?と治療に関する疑問も多く聞かれます。

膣カンジダの治療は性病と比べて、発見が早ければ早いほど短期間集中で治療が終わる病気です。
初めて膣カンジダになった場合は自己判断せず、必ず病院へ受診することをおすすめします。
膣内で起こっている感染症のため、直接患部を触ってしまうと口や指、他の皮膚にカンジダ菌が感染してしまう恐れがあるため医師による適切な治療を行う必要があります。
また悪化させてしまうと家族に感染を広げてしまう、不妊症の原因になったりします。

膣カンジダの治療はレディースクリニック(婦人科)か産婦人科で受診してください。
【病院に受診した場合】
・おりものを医師もしくは本人が採取、顕微鏡でカンジダ菌の有無を確認する検査。
・膣内を洗浄し清潔にしたあと、膣内に膣錠と呼ばれる錠剤を挿入。
・膣カンジダの感染状況によって通院もしくは薬局で処方される治療薬で経過を見る。

治療期間は約1週間。
治療薬を用いてカンジダ菌の経過をみて、一週間後に再度検査し
異常増殖したカンジダ菌がある程度落ち着いたら治療完了となります。
膣洗浄を行う時は真水での洗浄になるため冷たいですが、痛さはありません。
カンジダ菌は常在菌のため、完全に殺菌することはできず症状の鎮静化を目的とした治療になります。
病院で膣カンジダを治療した場合の治療費は保険適用になりますが、検査~治療薬処方までを含め約1万円以内でできます。(※病院による)

また膣カンジダは免疫力が低下してしまうと、再発してしまう感染症のため2度目から通販やドラッグストアでカンジダ治療薬を購入することができます。
カンジダ治療薬は第一類医薬品のため、許可なく購入することはできません。
カンジダ治療薬を市販で購入するには初回治療時に病院へ受診し治療を完了していることが条件になります。
軽度であれば市販薬で簡単に治療を行うことができるため、病院に受診するより費用は3000~5000円で行うことができます。

治療をする方法もありますが、できるかぎり規則正しい生活を送って免疫力を向上させることが膣カンジダを予防することが大切になってきます。

膣カンジダ|ヨーグルト状のおりものは病気のサイン? まとめ

・おりものの役割は自浄作用と受精の手助けを行っている。
・ヨーグルト状のおりものは膣内がカンジダ菌に感染している可能性がある。
・おりものの色や分泌量で膣内の異常を知ることができ、早期治療が可能になる。
・膣カンジダに似ている性感染症は様々、おりものでも知ることができる。
・膣カンジダの治療は初回は病院で行い、もし再発した場合は市販薬で治療することができる。
・カンジダ予防は健康的な生活を送り、免疫力向上を目指す。