デリケートゾーン

デリケートゾーンがくさい、ニオイの原因は何?

【デリケートゾーンのケアに関する意識調査】

・2014年にユニ・チャーム株式会社が実施したデリケートゾーンに関する意識調査でデリケートゾーンの悩みを持つ女性は9割以上という調査結果が出ています。
その中でニオイが気になる人というのは、およそ7割いました。悩みについてどのように対処しているかという問いに、みなさんお風呂でよく洗うと回答されているのですが、デリケートゾーン専用ソープのことはあまりしられていないようでした。多くの女性がデリケートゾーンに悩みがあるけど、ケアの方法についてはあまり知らない方が多いようです。

【ユニ・チャーム株式会社によるデリケートゾーンの意識調査まとめ】

■調査概要

調査対象:ユニ・チャーム ホームページ会員

回答者数:13,989名

対象年齢:10代~40代の女性

調査期間:2014年1月29日~2014年2月10日

調査方法:WEB上のアンケート調査

デリケートゾーンの意識調査の結果によると…

  • デリケートゾーンのケアに関心があるという女性が94.7%!
  • デリケートゾーンに悩みがあったり、気になったりしたことがあるという女性92%!
  • デリケートゾーンなどの悩みを周囲に相談したことがあるという方が21%

 

■調査結果

(1)デリケートゾーンのケアについて、「関心がある」もしくは「使用したことや実施」したことがありますか?

(2)これまでに、デリケートゾーンについて、悩んだことや気になったことはありますか?

(3)デリケートゾーンについて、どのようなことが気になりましたか?あてはまるものを全てお選びください。((2)で「ある」回答した方へ質問 複数回答)

(4)デリケートゾーンで気になることがあるとき、どのような対処をしていますか?あてはまるものを全てお選びください。

(5)デリケートゾーンの悩みや気になることついて、家族や友人など周りの方に相談したことはありますか?

■当社の考察

今回、「デリケートゾーン」に関する調査を行ったところ、多くの方が「女性の身だしなみとして、デリケートゾーンのケアは大切」と、思っていることがわかりました。そのような中、約92%の方が、デリケートゾーンに関して、悩みがあったり気になっています。その一方で、デリケートゾーンに関する悩みなどを家族や友人の周りに相談したことがある方はわずか約21%に過ぎず、約8割の方が相談できないことがわかりました。また、その悩みや対処も人それぞれです。

多くの方が「デリケートゾーンのケア」を大切と感じ、デリケートゾーンに関する悩みを持っていたり、その悩みを周りの人に相談しづらいといった今回の調査結果を踏まえ、店頭や当社ホームページなどを通じて、商品や情報の提供などを今後も行ってまいります。

※ユニ・チャーム株式会社のHPより引用

【デリケートゾーンのニオイ、デリケートゾーンが臭い。その原因と対策は?】

『デリケートゾーンのニオイ。なぜにおうの』

デリケートゾーンのニオイのもとと言われると、「不衛生」「性感染症」「すそわきが」が考えられます。性感染症やすそわきがはお医者さんに行き、適切な処置をすることで改善をすることが望ましいです。

「デリケートゾーンのニオイの原因は不衛生?」

デリケートゾーンのニオイで不衛生な場合というのは、おりものシートや生理中のナプキンを長時間変えられない、高温多湿で陰部がムレるときなどです。
おりものシートやナプキンを長い間変えられずにおトイレで嫌なニオイがすると自分のことなのに、とても不快になりますよね。
陰部のひだに垢がたまりニオイの原因になりにおいを発生させていることがありますので、確認してみるといいと思います。垢を洗い流すには普段使っているボディソープよりも、デリケートゾーン専用ソープを使うことによって、敏感な部分でも肌に優しく洗い上げることが出来るので安心です。

「デリケートゾーン、ニオイの原因は性感染症?」

性感染症の場合のニオイは強烈です。かゆみも発生しますし、おりものもすごい量です。シートをまめに交換してもボトムに染みてニオイがすることもあるので、もし性感染症に感染した場合はすぐに分かります。放っておくと不妊の原因にもなりますので、すぐに受診することをおすすめします。パートナーがいる場合は、パートナーも一緒に検査をしてもらうと良いでしょう。一人が治っても相手に感染していたら、また感染してしまうのでパートナーがいる場合は必ず相手の方も受診しましょう。

「デリケートゾーン、ニオイの原因はすそわきが?」

すそわきがとは、脇のニオイが強いとワキガと言いますが、それがデリケートゾーンからニオイを発生する場合、すそわきがと言います。
ワキガはアポクリン腺という汗腺から出る汗が原因です。その汗腺含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混ざり合い、皮膚にある常在菌により分解されることで、陰部からニオイを発生させます。
すそわきがは男性よりも女性が多いそうです。女性の場合、特に生理中に「わきが臭」が強くなることがあるようです。

@デリケートゾーンのニオイ。すそわきがのにおいがきつい
性行為の際、ワキガ臭が強くなると言われています。性的な興奮によってアポクリン汗腺が刺激されるので、女性は特に性行為の後、すそわきがのにおいがきつくなることが多いようです。ワキガ臭は肉などの動物性タンパク質や脂肪分の多い食べ物などで強くなる傾向にあります。このような食材がアポクリン汗腺を活発にします。ニオイが気になって、恋人が作れない、人と近づくのが怖い、人の目が気になるという悩みも多いと聞きます。人に話しにくい悩みではありますが、食生活の見直しをしてみたり、クリニックに受診し相談してみると良いでしょう。

『デリケートゾーンの匂いって具体的にどんな匂い?臭いの?』

デリケートゾーンのニオイとは、おりもののニオイ、性感染症によりおりものがキツイニオイ、すそわきがのニオイ、不衛生なニオイに分けられます。
おりもののニオイは病気ではなくてもします。もともと膣内にはデーデルライン桿菌という膣の中に常在している乳酸菌があります。これにより膣内は外からの細菌感染を防ぐことが出来ます。デーデルライン桿菌が自浄作用をおこしているのです。ただ、おりものが強烈な悪臭(生臭いニオイ)を放っている場合は、性感染症の疑いがあります。

『デリケートゾーンが臭い、匂う。お手入れ方法は?』

女性の性器は、複雑な構造をしていて、表面だけを洗っていても綺麗にはなりません。ヒダやアンダーヘアについた汚れをきちんと落として初めて清潔に保つことが出来ます。でも、あそこの洗い方なんて学校で教わりませんし、母親から洗い方を教わることもないですよね?
デリケートゾーンを正しくケアして、トラブルを少なくしましょう。

@デリケートゾーンの基本的なケア
デリケートゾーンを洗うなら、専用ソープを使いましょう!
デリケートゾーンを洗う際に、いつも使うボディソープを使うのは良くないって知っていましたか?デリケートゾーンの粘膜は細菌感染から守るため、酸性に保たれています。普段私たちが使うボディソープや石鹸で陰部を洗ってしまうと刺激が強すぎてアルカリ性に傾いてしまい、いい菌まで洗い流してしまいます。
デリケートゾーンの専用石鹸には、ジャムウソープと言われる専用ソープがあります。低刺激なので、敏感肌の方にも使えておすすめですよ。

『彼氏や旦那にデリケートゾーンが臭いと言われた。ニオイを消す方法とは?』

ニオイを消す方法とは、ニオイの原因を突き止めないと、完全に消すのは難しいと思います。先ほどお話ししたように、女性の陰部は複雑な構造なので、ヒダの部分に汚れがたまっていたり、不衛生の場合はデリケートゾーン専用ソープを使ったりするといいでしょう。
膣内部でしたら、膣専用のビデを使用します。
これでもニオイが気になる場合は、性感染症の疑いがあるので、一度受診することをお勧めします。

『デリケートゾーンのニオイ(臭い)は肥満が原因かも?』

これはほとんどデマと言えます。医学的な根拠は全くなく、デリケートゾーンのニオイは、性感染症かきちんと洗えてない場合のどちらかです。

『デリケートゾーンのニオイが気になったら、手遅れになる前に婦人科に相談しよう』

生活習慣の見直しやデリケートゾーンの専用ソープや、膣内部のビデを使っても解消されず、強烈なニオイ、ボトムにまでニオイがしみつくような場合は性感染症の疑いもあります。婦人科の受診になりますが、行ったことがない方はとても不安になると思います。ただそのまま放っておくと不妊の原因にもなるので、迷ったらまずは病院に行ってみてください。

『デリケートゾーンのニオイ(臭い)に関するまとめ』

デリケートゾーンのニオイが気になったら、デリケートゾーン専用ソープを使用してみると良いでしょう。おすすめのジャムウソープでデリケートゾーンを洗うだけでなく、泡パックで黒ずみ対策に使う女性もいます。
ニオイに関して、それでも改善されずかゆみなども生じる場合は婦人科で悩みを相談してみることをオススメします。