デリケートゾーン

膣カンジダ|ヨーグルト療法で予防できるの?

繰り返す膣カンジダをヨーグルトで予防することができるのか?

おりもののニオイがちょっとすっぱいなぁと感じたことはありませんか?
これは膣内に存在しているデーデルライン桿菌という乳酸菌の仲間が活性化している証拠です。
細菌や雑菌などが膣外から侵入・繁殖させないために膣内を酸性に保っている健康な証拠です。

膣カンジダの原因菌となるカンジダ菌は酸性の状態に保たれた膣内では繁殖することができません。
しかし不規則な生活習慣・ストレス・ホルモンバランスの乱れによって免疫力が低下し、カンジダ菌の働きが活発化します。
免疫力が下がっているということは乳酸菌の働きが弱くなっているということもあり、膣内がカンジダ菌に占められ膣炎・強いかゆみやいたみ、白色化したおりものが出るといった膣カンジダの症状が出始めます。

一度膣カンジダを発症してしまったら、病院で検査、治療をしない限り自然治癒することはありません。
治療をしても、膣カンジダは再発する可能性がある自己感染型の病気です。

治療薬によるカンジダ治療はできても、
再発する可能性のある膣カンジダのリスクを少しでも減らし、膣内の乳酸菌を増やす方法はあるのか?
膣カンジダになってまた病院に行くぐらいなら自宅でできる民間療法はないのか?

ご存知でしょうか?
ひそかに注目を浴びているカンジダ予防法「ヨーグルト療法」を。
乳酸菌と言えばヨーグルトですが、食べてカンジダを予防しよう!というものではなく
ヨーグルトを膣に塗って膣内に乳酸菌を増やす方法です。

この方法はあくまでも膣カンジダを病院で治療し、完治した後に行うと予防効果が期待できると言われている民間療法になります。
膣カンジダ発症中にヨーグルトを塗っても症状を緩和できるといったものではありません。
産婦人科医が推奨した方法を元に、ヨーグルトをカンジダ再発防止に役立てるための正しい方法をご紹介します。

カンジダ菌にヨーグルトが効く!?予防効果が期待できるワケ

カンジダ菌の予防効果が期待されているヨーグルトですが、なぜヨーグルトがいいのか?
理由は2つあります。
それはヨーグルトに含まれている乳酸菌と摂取方法の違いになります。

カンジダ菌から予防する、ヨーグルトの乳酸菌

それはアシドフィルス(ラクトバチルス・アシドフィル)という乳酸菌になります。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、人間の腸内や生殖器に同じ種類の菌が存在しているからです。

アシドフィルスは膣内にも存在している乳酸桿菌のため、直接ヨーグルトを塗ることによって
従来存在している乳酸桿菌のサポートが期待されています。
乳酸菌を含んでいる食材は他にたくさんありますが、乳酸菌は空気に触れてしまうと死滅してしまいます。
また膣カンジダを完治している時が体内に最もカンジダ菌がいない状態であるため
外から乳酸菌を効率よく摂取し、免疫力向上を目的とした民間療法になります。

カンジダ菌を予防する|ヨーグルトは食べるより塗る方が効率的

カンジダ菌の予防効果が期待されているヨーグルトですが、食べ物を直接膣内に塗るのは抵抗があるというのは当然です。
では、ヨーグルトを食べるより塗る方がいい理由はなんでしょう?
ヨーグルトの一日適正摂取量は市販で販売されているカップタイプのヨーグルト1個分(100g)と言われています。
100gのヨーグルトを毎日食べ続けるのは正直きつい場合もあります。
しかもカンジダ菌に効果が期待できるヨーグルトは砂糖が入っていないノンシュガータイプになるからです。
生きた乳酸菌を届けるにはそれなりに食べないといけませんが、ヨーグルトをどれだけ食べていいか分からずお腹を壊したという人も多いです。
乳酸菌はほとんど腸内に吸収されてしまうため、生きたままの乳酸菌が膣内までくることはありません。
その反面、抵抗はあると思いますが膣内にヨーグルトを直接塗る方法だと1回の量はティースプーン1杯程度と少量で済みます。
ただし膣内に直接塗っても、おりものと一緒に体外に排出されるため、おりものシートなどのナプキンは必ずつけ、定期的に交換して清潔に保つようにしましょう。
予防効果が期待できるといっても、デリケートゾーンを清潔に保てなければカンジダ菌は活性化してしまいます。

膣カンジダ予防|ヨーグルトの正しい塗り方

では実際に膣内にヨーグルトを塗っていく方法をご紹介します。

カンジダ菌に予防効果があるヨーグルトの選び方

ヨーグルトであればどれでもいいというわけではありません。
ヨーグルトの選び方も重要になってきます。

・ノンシュガー
カンジダ菌は糖質や炭水化物など甘いものを好み繁殖する傾向があります。
そのため砂糖の入っているヨーグルトはカンジダ菌のエサになってしまうため、繁殖させないためにもノンシュガータイプを選ぶようにしましょう。

・生きた乳酸菌
生きた乳酸菌が配合されていないと、例え膣内に塗っても無意味になってしまいます。

・アシドフィルス菌が配合されている
人間の腸や生殖器などの存在している乳桿菌は、増やしていくと免疫力向上に役立ちます。
乳酸菌は毎日少しずつ交換されているため、アシドフィルス菌を補充するという意味でも効果が期待できます。

・ラクトフェリンが配合されている。
ラクトフェリンは母乳・涙・汗・唾液などの外分泌内に含まれる鉄結合性の糖たんぱく質です。
また体液にも含まれているためカンジダ菌などの細菌から体を守る免疫力工場の効果も期待されています。
ラクトフェリンは乳酸菌の働きを活性化させる働きがあるため積極的に摂っていきたい成分の1つです。
また鉄分と結合して活発化する悪玉菌からラクトフェリンは鉄と強力に結合するため悪玉菌を死滅させていきます。

ヨーグルトの中に配合されている乳酸菌の種類もとても大切になってきます。
購入の際はきちんと確認しましょう。

カンジダ菌を予防|ヨーグルトを塗る前の準備

・膣内に直接ヨーグルトを塗るので、必ず手を洗うこと
洗浄していない手で膣内に入れてしまうと、雑菌が繁殖してしまいます。
塗る前は必ずせっけんやハンドソープでしっかり洗いましょう。

・おりものシートなどのナプキンを必ず下着に付けること
塗ってしまった後にナプキンを準備すると垂れたものが床に落ちてしまう可能性もあります。
塗る前に準備しておくとスムーズに作業が行えます。

カンジダ菌を予防|1回に塗るのヨーグルトの量と回数

・ヨーグルトは1日1回~数回
・ヨーグルトの量はティースプーン1杯程度
・カンジダ治療完了後、約2週間程度毎日続けて塗ること

カンジダの治療完了後に約2週間程度続けるのは?
膣内にヨーグルトの乳酸菌を定着させるために行う必要がある。
期間は長い感じもするが、カンジダ再発してしまうとまた強いいたみや痒みに悩まされるため
予防効果を上げるためにも、続けていくことが大切です。
もし塗りにくければ、清潔にした指にヨーグルトを付けて塗るか凍らせたヨーグルトを膣錠として挿入することもおすすめです。
乳酸菌は凍らせることで死滅しないため、夏場に塗る時はこの方法がいいです。

※ヨーグルトを膣内に塗った後、洗い流さずそのままにしておきましょう。

膣カンジダ|ヨーグルト療法で予防できるの? まとめ

・膣内に乳酸菌がいることによって清潔に保たれ、カンジダ菌などの繁殖を抑える働きがある。
・乳酸菌を多く含んでいるヨーグルトは人間の腸内や生殖器に存在している乳桿菌と同じものを含んでいる。
・カンジダ菌を予防し、免疫力向上が期待されるヨーグルトは食べるより膣内に直接塗る方が良いと言われている。
・雑菌を繁殖させないためにも塗る時は手を清潔にし、塗った後はそのままにし垂れたらこまめにナプキンを取り換えること。