デリケートゾーン

陰部の黒ずみケア!デリケートゾーンの黒ずみを薄くする方法はある?黒ずみの原因と対策とは?

デリケートゾーンの黒ずみケア!お肌(皮膚)や陰部が黒ずみになる原因・理由とは?

肌にダメージを与えると現れるメラニン

毎日、下着は身につけますよね。その下着の締め付けや擦れが、デリケートゾーンの黒ずみの原因です。締め付けが原因だからといって、下着を履かないわけにはいきません。皮膚は薄くて、少しの刺激でも赤くなり、ダメージを受けてしまいます。下着で締め付けられた皮膚は、血流が悪くなりメラニンを生成します。メラニンの色素沈着が黒ずみです。このメラニンこそが、黒ずみの正体です。

黒ずみの正体、メラニンとは?

黒ずみ正体メラニンとは、皮膚が紫外線を浴びると、深層部に侵入し、細胞にダメージを与え「ケラチノサイト」という細胞が刺激されます。その信号を受けると「プラスミン」という伝達細胞が、「メラノサイト」に伝えられると、メラニン生成酵素の「チロシン」により、「チロチシナーゼ」の助けの元、メラニン色素が生成されます。紫外線を浴びると生成されるメラニンですが、デリケートゾーンでは擦れなどの刺激が、メラニンを生成する要因になります。また、ターンオーバーが正常でないと、デリケートゾーンで生成されるメラニンは排出されず蓄積され、黒ずみ化するといえます。

ターンオーバーとは?

デリケートゾーンの黒ずみの原因の一つに、ターンオーバーが関係しています。通常、皮膚はターンオーバーという肌の再生を繰り返します。皮膚はターンオーバーを繰り返すことで、新しい皮膚が保たれています。周期的に綺麗な皮膚を作り出し、古くなった表皮は、垢となり剥がれ落ちます。メラニン色素も蓄積されずに、排出されます。ですが、ターンオーバーの機能が低下すると、メラニン色素は剥がれ落ちず色素沈着してしまい、黒ずみとなります。

ターンオーバーが乱れる要因は、不規則な生活や様々なストレス、ホルモンバランスの乱れなどがあります。よく、妊娠するとデリケートゾーンの黒ずみが濃くなるといいますが、ホルモンバランスが関係しています。妊娠すると、プロゲステロンとエストロゲンが増えます。プロゲステロンの作用には、メラニンを生成する働きがあります。もちろん、ターンオーバーが乱れますから、色素沈着も起こってしまうでしょう。

陰部の黒ずみは美白・ピンクにすることが出来る?

美白クリームを使う

顔のシミやソバカスを改善するために、美白クリームを使いますよね。デリケートゾーンにも、美白クリームを使うといいでしょう。使い方は、お風呂で綺麗にした後に、美白クリームを塗ります。デリケートゾーンの粘膜には、塗らないでください。黒ずみの所に塗ります。ベタつきが気になるなら、軽くティッシュオフをしましょう。

·イビサクリーム 35g 7000円(税別)

送料360円、手数料150円

<毎月1本お届けの集中ケアコース>

コンビニ払いの場合

29%オフの4970円(税別)

クレジットカード払いの場合

500円引きの4470円(税別)

集中ケアコースなら、送料無料で初回の方限定で28日間の返金保証付き、3回目以降は35%オフになります。

デリケートゾーンの黒ずみを和らげるクリームとして人気が高い、イビサクリーム。イビサクリームに配合されているトラネキサム酸は、メラニンの生成を抑え、グリチルリチン酸2Kが潤いを与え、肌荒れを防ぎます。

·ハーバルラビット ナチュラルクリーム

1本あたり、35g 7000円(税別)

送料270円、手数料150円

<毎月先着500名様限定 定期コース>

コンビニ払い 4750円(税別)

クレジットカード払い 4250円(税別)

どちらも、送料無料で60日間返金保証付き

こちらも雑誌などに多く取り上げられるほどの人気がある美白クリームです。水溶性プラセンタエキスがメラニンの生成を抑制し、黒ずみをストップ!新陳代謝をアップし、美白へ導きます。赤ちゃんにも使えるほど低刺激で、安心して使えます。

レーザー治療がある

デリケートゾーンの黒ずみを除去するには、レーザーを使った治療法があります。レーザー治療は、メラニン色素を生成する元の細胞を壊すのではなく、黒ずんでしまった細胞を改善します。

·インティマレーザー

回数が少なくて、色素沈着ししてしまった黒ずんだ皮膚を取り除きます。効果が出やすいですが、1回10万円以上の高額になります。

·レザートーニング

全体的に均等にレーザーをあてて、治療します。肌への刺激を与えすぎを防ぐことができるのも特徴です。1回1万~と、割とリーズナブルに治療できます。

もちろん、レーザー治療には、副作用があり、今以上にメラニンが増殖したり炎症したりします。しっかりとカウンセリングをしてくれるクリニックを探しましょう。

専用の石鹸を使う

洗顔する時も、洗顔料を使いますよね。デリケートゾーンにも、専用の石鹸を使いましょう。デリケートゾーンの専用の石鹸の特徴は、天然素材が使われていたり、弱酸性、美白効果があったり、臭いを抑えてくれるものもあります。

·イビサソープ 5800円(税別)

送料360円、手数料150円

<毎月1本お届けの集中ケアコース>

コンビニ払いの場合

31%オフの3970円(税別)

クレジットカード払いの場合

500円引きの3470円(税別)

集中ケアコースなら、送料無料で初回の方限定で28日間の返金保証付き、3回目以降は10%オフになります

イビサソープは、イソプロピルメチルフェノールが配合られていて、殺菌効果があり、真菌、いわゆるカビを防ぐ効果もあります。6種類のハーブ成分配合で、黒ずみを薄くします。合成香料や着色料などは一切含まない、無添加で肌に優しく洗い上げます。

·ジャムウハーバルソープ 1895円(税別)

インドネシアで生産され、全てがハンドメイドです。ジャムウとは、インドネシアに生息する植物のエキスです。昔から、秘薬とされ重宝されています。そのジャムウにより、デリケートゾーンの臭いや黒ずみを改善する効果が見られます。日本女性の肌に合うように作られていますから安心です。使い方は、しっかり泡立てて、優しく肌に泡を乗せて3分パックして、洗い流します。ぜひ、お試しください。

自転車に乗っていると、陰部が黒ずみになるって本当?

サドルに座る圧力

サドルに座ると、デリケートゾーンは、こすれる上に体重が乗り、圧力がかかります。圧力がかかると、血流が悪くなり、皮膚への負担も大きくなります。汗で蒸れると、雑菌が増えて臭いの原因にもなります。生理の時に使用するナプキンも、肌にはストレスです。女性は、特に、トイレに行くと必ずティッシュで拭きますよね。その摩擦も、要因の一つです。硬いサドルが原因で、メラニンを作り出す環境が作られるということが、いえます。

予防するには自転車に乗らない

自転車に乗らなければ、黒ずみは軽減されます。毎日通勤通学で自転車を使っている方も多いでしょう。そうなると、自転車に乗らないわけにはいきませんよね。ひたすら立ちこぎをすることも、黒ずみを軽減することができるでしょう。ですが、さすがに疲れますね。

予防するには、美白クリームで黒ずみを軽減すること。メラニンの生成を抑えることが必要です。デリケートゾーンのケアを毎日続けましょう。

サドルに工夫する

サドルに工夫をすると、黒ずみの予効に効果的です。サドルには、クッションカバーをつけることができます。硬いサドルの摩擦を軽減させるのにグッドアイテムでしょう。真ん中あたりが凹んで窪みがあるクッションカバーは、摩擦が低減されます。柔らかいタオルを巻くことも、良いですね。タオルは、雑菌が繁殖しやすいため、こまめに変えることをおすすめします。

陰部の黒ずみが気になる!重曹で黒ずみを治せるの?

ターンオーバーを良好にする

表皮を剥がしやすくなると、新たな皮膚が深層部から、出来上がるターンオーバーが良好になります。古い角質が落ちないと、ターンオーバーは正常に働きません。ターンオーバーが、正常に機能すると、色素沈着した皮膚が剥がれ落ち、黒ずみは次第に薄くなります。効果が出るには、個人差がありますが、時間がかかることもあります。続けて、ケアをしましょう。

古い皮膚を剥がれやすくする

重曹は、皮脂を溶かしやすい性質があります。皮脂を溶かすときには、古い角質も剥がれます。メラニン色素で、色素沈着した皮膚は剥がれ落ちるのですが、メラニンを作りにくくするのではありません。重曹を使い、デリケートゾーンの黒ずみが薄くなったら、メラニンを作りにくくするためには、ケアを怠らないことが肝心です。

重曹の使い方

デリケートゾーンの黒ずみに効果がある、重曹の使い方をお伝えします。重曹には、油を溶かす作用がある掃除用、膨らまし粉と言われる食品用、医療に用いる医療用があります。デリケートゾーンに使うのは、食べても大丈夫な食品用をつかいます。入浴する際に、湯船に重曹を大さじ2~3杯入れて浸かるだけ。石鹸に、少しの重曹を混ぜて、優しくなでて洗うと、スクラブ効果で皮膚を除去しやすいです。強くすると、赤く炎症しますから優しく洗いましょう。

陰部の黒ずみを治す方法とは?日常で気をつけるべき陰部の黒ずみ対策

生活習慣を見直す

デリケートゾーンの黒ずみ解消の対策として、美白クリームなどでケアすることも大事なことですが、体の内面からも改善することも必要です。内面が改善されると、ホルモンバランスや腸内環境などが良好になり、ターンオーバーが促進されます。ターンオーバーが促進されると、黒ずみは薄くなるでしょう。

ホルモンバランスは、過度なダイエットや偏食、睡眠不足、加齢などの要因があります。規則正しい生活をし、野菜や肉類もバランスよく摂取すること。あと、ストレスをためないようにしましょう。

ムダ毛処理は、脱毛しよう

ムダ毛処理にカミソリを使うと、カミソリが皮膚に刺激を与えてしまいます。その刺激は、黒ずみの原因となります。ムダ毛処理には、脱毛をしましょう。脱毛することにより、黒ずみケアにしっかりアプローチできますので、脱毛がおすすめです。脱毛なら、ツルツル感が長く続きますので、アンダーヘアの擦れからも解放されますね。

衣類の素材を見直す

下着の素材にも気を配りましょう。多くの下着には、ポリエステルという素材が使われています。ポリエステルは、肌が弱い人には向かないことがあります。綿やシルクは肌触りがいいので、おすすめです。赤ちゃんによく使われている、オーガニックコットンの下着も肌に優しく、履き心地もいいですね。毎日はくものですから、デザインよりも、素材選びが大事なことです。

陰部の黒ずみケア!デリケートゾーンの黒ずみを薄くする方法はある?黒ずみの原因と対策とは?まとめ

デリケートゾーンの黒ずみは、美白クリームや、専用の石鹸を使って優しく洗いましょう。トラネキサム酸が、黒ずみを薄くしてくれます。インティマレーザーには、臭いや痒みを軽減してくれる作用もありますから、1石3丁くらいの役割を果たしてるのは、助かりますよね。あと、デリケートゾーンには、外から侵入する菌を阻止する働きがある、常在菌が存在します。洗いすぎると、常在菌まで洗い流してしまいますので、洗いすぎに気をつけてくださいね。

悩みすぎるとストレスになり、ターンオーバーを遅めてしまい、黒ずみは益々濃くなってしまいます。悩まずに、早めに対処することをおすすめします。デリケートゾーンの黒ずみを改善する早めの対処と、持続することが、カギとなります。ぜひ、続けてみてくださいね。