スキンケア

【ニキビを治した人の食事、飲み物】ニキビに良いとされる栄養素は?

ニキビに良い栄養素とは?【ビタミン】

美肌効果、ビタミンB2

皮脂の原因となる、脂肪を分解してくれるビタミンB2は、ニキビを作らないためにも必要な成分です。ビタミンB2により、脂肪はエネルギーに変えられます。お肉など食べすぎて、分解されないと、脂肪は行き場をなくし、やがて皮脂となり分泌されますよね。皮脂が塊ってできるコメドや血液などの過酸化脂質を脂肪を分解する働きもあり、肌の再生や皮脂のコントロールをしますので、美肌効果がありますね。脂質を減らしてくれるビタミンB2は、ダイエットの力になる成分、ともいえるでしょう。

脂肪を減らす、ビタミンB6

ビタミンB6は、タンパク質からエネルギーに変える働きがあります。エネルギーをつくる、縁の下の力持ちですね。ビタミンB6を摂取することで新陳代謝アップが期待できます。皮膚や粘膜を保護し、口内炎やニキビを予防します。ニキビの要因、ホルモンバランスも整えますので、女性には、ぜひ、摂取して頂きたいですね。

メラニンを抑える、ビタミンC

ビタミンCは、皮膚の深層部、真皮層にあるタンパク質の一つとされるコラーゲンを活性させるために、必要な成分です。コラーゲンは、肌にハリツヤを与える作用があります。抗酸化作用もあることから、メラニンの生成を抑制し、シミそばかす予防に効果アップします。また、ビタミンCは、過酸化脂質を抑えるビタミンEの再生にも力を発揮しますので、成分の助っ人として、人役買う成分ですね。ビタミンCは体では作られないため、摂取する必要があります。老化防止をする性質もありますので、積極的に摂取しましょう。

ニキビに良い栄養素とは?【食物繊維】

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維が含まれる、代表的な食材は昆布などの海藻です。昆布などのぬめり成分フコダインは、水分を含み、消化したものを包み込んで、蠕動運動を促し、排出します。腸の粘膜を保護する役割があります。腸内細菌の善玉菌を増殖し、悪玉菌を抑える働きで、腸内環境を整えてくまれます。また、アルギン酸も含まれていて、コレステロールを抑え、血糖値の上昇をも抑えてくれますので、生活習慣病予防に最適な食材です。アボカド、オクラ、納豆のネバネバも効果バツグンです。

不水溶性食物繊維

不水とついているとおり、水にとけない食物繊維です。不水溶性食物繊維を含んだ食材を食べると、胃や腸内で水分を含みながら大きく膨らみます。これが、刺激となり蠕動運動を促進し、排出されます。不水溶性食物繊維の特徴の水分を含んで排出されることから、体内の水分量が減ってしまいます。水分はたっぷり摂取しましょう。アーモンドやおから、インゲンマメ、切干大根などがあります。

食物繊維がもたらすニキビの効果とは、

食物繊維は、便秘改善に効果がありますよね。腸内環境をよくすることで、ニキビを改善するこうかがあります。腸内環境がよくないと、毛細血管から粘膜や皮膚へ毒素が回ってしまいます。皮膚には、ニキビや吹き出物、肌荒れといった症状が出ます。食物繊維には、体の不要なものを排出する他に、ダイオキシンといった毒素も排出する働きがあります。ニキビ予防にも、摂取することをおすすめします。

ニキビに良い栄養素とは?【豆乳】

大豆レシチンは保湿

大豆からとられる大豆レシチン、卵黄からとられる卵黄レシチンがあります。大豆レシチンは、コレステロールや中性脂肪を抑制する働きをしますので、血液をサラサラにします。中性脂肪を抑制することから、ニキビを発生させる皮脂をも抑えることが可能です。肝機能を改善する作用が、新陳代謝をあげ、アンチエイジング効果があります。

化粧品の成分で乳化剤として、よく起用されます。セラミドと同じような保湿効果があり、肌への浸透力をも効果を発揮します。

大豆イソフラボンで美肌に!

豆乳といえば、大豆イソフラボンというくらい、有名ですね。女性ホルモン「エストロゲン」には、皮脂を抑える働きがあります。大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをし、ニキビ肌や肌荒れに、改善する効果をもたらします。皮脂を抑えることで、皮脂を餌とする、アクネ菌の繁殖を減少させることができるでしょう。 抗酸化作用で皮脂の酸化を防ぐこと。このダブルのパワーが、肌の美白やハリツヤなどのアンチエイジング効果をアップ!してくれます。

オリゴ糖でお腹スッキリ

豆乳には、天然オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は、腸内の善玉菌の餌となり、酢酸など放出し、大腸へ刺激を与え便通を促します。便秘になると悪玉菌が増え、溜まった便から毒素が排出され、肌のバリア機能が低下します。便秘を改善することが、ニキビ改善することにも効果バツグンです。また、豆乳には、マグネシウムやカリウムが含まれているので、むくみ解消の効果も望めるでしょう。

ニキビに良い栄養素とは?【お茶】

緑茶のカテキン

緑茶のカテキンの作用といえば、殺菌効果です。ニキビの大敵、アクネ菌の殺菌にも効果があります。洗顔石鹸にも緑茶が配合されている物も販売されています。カテキンの殺菌力は、膿をつくる黄色ブドウ球菌や背中のニキビの原因菌マラセチア菌にも効くといわれているのは、驚きですよね。ニキビを増やしてしまう活性酸素を排除する、抗酸化作用も効果的でしょう。肌の老化を防ぎ、ターンオーバーを活発に促します。温度が高いお茶で飲むと、カテキンを多く摂取できます。くれぐれもやけどには、注意してください。

ルイボスティーのSOD酵素

ルイボスティーを飲んで、SOD酵素の作用で肌ツヤが良くなったや、白髪が黒くなったなどの口コミがあります。効果の元は、ルイボスティーのSOD酵素には、非常に効果が高い抗酸化作用にあります。毒素の排出することに優れていますので、紫外線などによるニキビの悪化を防ぎ、毎日飲むことで、便秘解消の相乗効果もあります。SOD酵素は、抗アレルギーの性質ももっており、アトピー性皮膚炎の改善にも効果が見られています。肌も綺麗になり、お腹もスッキリするルイボスティーは、ノンカフェインです。鉄分やカルシウムもあり、妊婦さんも安心して飲めると、人気が高いです。ホルモンバランスを整えてくれるので、産前産中産後にも飲み続けるかたが多いでしょう。ルイボスティーは、南アフリカの一部の地域しか育たない茶葉を使用しています。原産国に注意して、買いましょう。

どくだみ茶のケルセチン

どくだみ茶は、毒出しのお茶と評され、昔から日本人には親しみがあるお茶です。どくだみ茶の成分、ケルセチンは、効果が高い抗酸化作用があります。抗酸化作用は、ニキビを悪化を防ぐだけでなく、しみやシワを防止します。ニキビが炎症すると、赤ニキビとなり、病院で治療が必要になりますよね。ケルセチンは、抗炎症作用があり、ニキビの炎症を抑えることができます。さらにケルセチンは、「デカノイルアセトアルデヒド」という殺菌効果がある成分でアクネ菌や真菌を殺菌し、カリウムの利尿作用などによるデトックスの相乗効果により、どくだみ茶はアンチエイジング飲料といえるでしょう。

ニキビに良い栄養素とは?【栄養ドリンク】

クエン酸で吸収率アップ!

クエン酸は、疲労回復に作用することでよく知られています。梅干しやレモンの酸っぱい成分です。クエン酸のニキビ効果には、キレート作用がカギです。キレート作用とは、カルシウムなどのミネラルを吸収しやすい形にかえてくれる栄養素の橋渡しの役目をいいます。ニキビは、ミネラル不足も要因ですので、ミネラルをたくさん吸収できるとうれしいですね。体に出来たニキビなどには、お風呂に少しクエン酸を入れると、殺菌効果で悪化を防げるでしょう。クエン酸は直接胃に入ると、胃に刺激を与えてしまいますから、飲みすぎには気をつけてください。

ヨクイニン

ヨクイニンとは、ハトムギの種皮を取り除き、その中の種子のことをいいます。昔から、生薬の一つとされ漢方薬として有名ですね。タンパク質は玄米の2倍あり、カルシウム、鉄分といった成分や、美肌に効果があるビタミンB群が含まれています。ヨクイニンによるニキビへの作用は、新陳代謝をアップさせる効果です。新陳代謝を促進し、ターンオーバーを良好にして、美肌へと導いてくれます。漢方薬は、ジワジワと効果が出ますので、続けることが必要です。

ローヤルゼリー

働き蜂より長寿とされる、女王蜂の餌になるローヤルゼリー。女王蜂の体が大きい理由は、ローヤルゼリーにあると言えます。ローヤルゼリーには、豊富な栄養素があります。約65%が水分、約13%がタンパク質、約10%が糖質、約12%が脂質やその他の成分です。「デセン酸」には、女性ホルモンに似た働きがありますので、皮脂の分泌を抑えます。新陳代謝をあげる「アピシン」、「アミノ酸」の保湿効果、ビタミン類の相乗効果でバリア機能アップします。「亜鉛」が、ニキビ跡に効果的。ニキビなどの肌トラブルだけでなく、糖尿病、動脈硬化の予防、骨粗鬆症などを防ぐ効果が高いとされていて、アンチエイジングとしても重宝されています。

【ニキビを治した人の食事、飲み物】ニキビに良いとされる栄養素は?まとめ

いかがでしたでしょうか。お伝えした栄養素で、ニキビに効く作用の殆どは、抗酸化作用、殺菌作用、整腸作用があります。お茶は、お水代わりに飲むといいでしょう。風邪予防に効くとされている、緑茶のカテキンは、うがいよりも、飲んで喉についたウイルスや菌を流す方がいいとされています。ローヤルゼリーの効果はやはり、ずば抜けていますね。ニキビができるとストレスもたまりますよね。そんなストレスも軽減する作用がうれしいですね。

ニキビができたときや予防のために、飲み物を選んで対処しましょう。飲みすぎは体調不良や逆効果を招いてしまうことにもなりますので、加減をみて続けましょう。